2021年5月20日
今月: 9 views | 全期間: 209 views

始めてのパパは風俗店で見つけました

パパとの出会いは風俗店

私の始めてのパパになってくれた人とは、風俗店で出会いました。今まで、パパ活という言葉は知っていましたが、パパ活は怖そうなイメージがあったのでやっていなかったのです。
そのお客さんは毎回長いコースで来てくれていたのですが、プレイをほとんどせずにおしゃべりばかりしていました。風俗店で接客するお客さんは自分の父親くらいの年齢かむしろそれ以上の年齢の人が多かったので、話す内容に困ることがあったのですが、そのお客さんは違いました。父親とほぼ同い年だったのですが、話がとても合うのです。
いつしか、そのお客さんと会うのが楽しみになっていました。そして、どのお客さんと話すときも、年齢や住んでいる地域や職業など、嘘の設定で話していたのですが、そのお客さんに対しては少しずつ本当のことを伝えていきました。実は結婚をしていて小さな子どもがいるということ、夫とは一緒に暮らしておらず、生活費を一切もらっていないということなどを話したのです。するとお客さんは“外で会って援助をしたい”と言ってきました。そのお客さんにも子どもがいて、子育ての大変さを理解していました。だからこそ、援助をしたい!と考えてくれたのだと思います。私は外で会っても大丈夫なのか迷いました。今まで、他のお客さんにも“お金渡すから、外で会わない?”と言われてきたことがあるのです。そのたびに、“外で会っても危険しかなさそうで怖いな”と感じていました。“考えさせてください・・。”とその時は答えたのですが、その後何回もお客さんとして来てくれました。1週間おきくらいのしかも平日に来てくれることが多かったので、“この人は何の仕事をしている人なんだろう?”と思い、“お仕事は何をされているんですか?”と聞くとなんと不動産会社の社長だったのです。すぐに名刺を見せてくれました。そして、“何か困ったことがあったら、いつでも連絡してね。”と言ってくれました。

1度断ったものの、ついに外で会うことに

その名刺をもらった日の夜、夫と喧嘩をしました。喧嘩の原因は“夫の今やっている仕事がなくなったから、一緒に住みたい”と夫が話したことがキッカケでした。結婚をして、子どもが産まれてもずっと一緒に住もうとせずに、“これからどうするの?”と話しても、“うーん、あー。”としか言わない夫が、仕事がなくなったからという理由で私と子どもが住む家に転がり込むことになったのです。しかも今まで一度も生活費をもらったことがありません。どうしようと悩み、次の日お客さんにメールをしました。するとすぐに返信があり、“もしよかったら、支援させて欲しいです”と書かれていました。その後、日程や待ちあわせ場所を決め、早速次の週に会うことになりました。外でお客さんに会ったことは、一度もなかったので緊張していました。おまけにクルマ移動だったので、“何か怖いことをされたらどうしよう・・”と考えていました。車に乗り、これからどこに行くのだろう・・とドキドキしながら車に乗っていると、そんな心配をよそに美味しい和食屋さんに連れて行ってくれました。私が行ったこともないような、高層階にある高級な和食屋さんです。緊張していたので、味をほとんど覚えていませんでした。その後ホテルに向かい、プレイをしたのですが風俗店で接客していた時と同様、プレイよりも話をするのがメインでした。パパ活は始めてだったので、相場は分からなかったのですが帰り際にお手当をいただきました。その額はなんと、その時働いていた風俗店の1日分のお給料でした。しかも、お手当以外に食べ物や生活に必要なものもたくさん買ってくれました。その後も定期的に会うようになったのですが、会うたびにいろいろなところに連れて行ってくれました。私は温泉が好きだったので、毎回違う場所の温泉施設に行きました。パパは社長ということもあり、仕事が忙しかったので、会っている途中で仕事の電話がかかってきて申し訳ないという気持ちに何度もなりました。それでも時間を作ってくれたので、いつしか風俗店で働かなくても大丈夫なくらい生活できるようになり、風俗を辞めることができました。風俗店では、店員さんがすぐ近くにいるので、怖い思いをすることはありませんでしたが、それでも身体を乱暴に扱うお客さんや嫌やことを言うお客さんが多かったので肉体的・精神的な負担が多かったのです。その点パパは、身体を乱暴に触ったりしないし(むしろほとんど触ってこない)、セックスよりも話をする方が好きだったので、安心して会うことができました。

まとめ

夫が生活費をくれない人だったので、パパにはよく助けてもらいました。お互いに子どもがいたので、私の状況を理解してくれたのだと思います。気の合う人と友達になるのと同様に、気が合う人をパパにするのが1番だと思います。また、お金に余裕があるパパだった点もよかったです。そのパパを皮切りに何人かのパパを持ったことがあるのですが、お金がないパパだと会って何回かはお手当をもらえていても、途中から減額されてしまったり、しまいにはやることだけやってお手当をもらえない・・なんてこともありました。私の状況に理解があり、お金持ちのパパに出会えて本当によかったです。

Writer: 
風俗店で働いていたときから、パパ活を始めました。パパ活で楽しかったこと、大変だったことなど何でも書いていきたいと思っています。あと、かわいい大人のおもちゃが好きで家中おもちゃだらけです。よろしくお願いします!

関連記事

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国主要都市に配備】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡

► 入会のご案内はこちら

受付時間:9:00 ~ 22:00 無定休