2022年10月28日
今月: 187 views | 全期間: 263 views

高額金額を提示する男性はどんな人?高額でも無理な男性

長期で定期的に会えるパパを探すときに1番気になるとこは金額だと思います。

この金額が人によってバラバラです。

私が実際に言われた金額は1回で5桁から6桁です。

人により本当にバラバラ、6桁頂けたら家賃丸々浮きます。笑

同じ時間で同じことをするなら6桁の方がいいじゃないか!と思いますが、それがそうでもないんです。

"高金額を提示してくる人は、それなりに理由がある人が多い"

これが結論です。

どんな人がどうゆう条件で高額条件を提示してきたか書いていきたいと思います。

 

同棲したがる男性

タイトル見て「ウワっ!」て思った方もいると思います。笑

このAさんは月額で多めの6桁を提示してきました。

ただし条件は一緒に住むこと。

週に1.2くらいは帰省してもOKだが、寂しがり屋だから基本一緒にいて欲しいとのことでした。

私は彼氏もいないし、一緒考えましたが自分の時間や気が休まらないんじゃないかと思いお断りしました。

金銭が発生してると、色々マウント取られながら生活してる自分の姿が想像できてしまったからです。

自由になる為にお金が欲しいのに、これでは本末転倒。

なんか、もうこの条件はパパ活というより"彼女"を求めてるかんじですよね。

こうゆう男性本当に多いんです!パパ活というより"彼女"を求めてる男性が!

次にご紹介する男性も独身男性です。

 

求婚をチラつかせ男性

これまた「まぢか!?」と思われた方いると思いますが

本当です。一ミリも盛っておりません。

しかも会った次の日から毎日電話で。

このBさんは20年くらい前に離婚されていて、それから一度も彼女がいないようです。

見た目はファッショナブルでお洒落ブランドを着ていてお洒落なんですが、歯がないんです。surprise笑笑

「パーカーに10万使うなら歯をなんとかした方が彼女できますよ。」

と毎日電話が来る度に喉寸前まで出かかります。笑

彼氏でも毎日電話したことありません。笑

電話で毎回言ってくる内容は「誰かもらってくれる人が欲しい」「結婚がしたいんだよ」「寂しいから側にいて欲しい」などと会った次の日から猛烈にアタックされています。笑

このBさんもパパ活というよりも、彼女探しを飛び超えて結婚相手を探していました。笑

「結婚相談所に登録する方が絶対早いと思います。」といつか言おうと思います。笑

Bさんも月額多めの6桁を提示してきました。

女性の方も結婚願望があれば奇跡が起こるかもしれませんが、まずは歯を治さないとチャンスも掴めないことを早く気付い欲しい。。

 

次にご紹介する高額金額提示して頂いた男性はキツイ条件などはありませんでしたが、読んで頂いたら納得して頂けるかと思います。

 

75歳の男性

私が会った中で1番年齢が高かったのが、この方Cさんです。

1回で6桁を提示してくれた、1回の提示金額も1番高かったCさん。

細身でいつも綺麗にスーツを着てらっしゃる方でした。

若い方と出掛けたいと言ってくれて映画とお食事を数回見に行きました。

Cさんは高齢者なのでワクチン接種が優先的に済んでいました。

私はというと中々予約が中々取れない状況でした。

そんな時にCさんからステップアップのお話をいただいたのですが、どちらかがコロナに感染していたら物凄いの濃厚接触者になるので

私は「ワクチン接種が終わってからの方が安心できるから、ワクチン接種が完了できるまで待って欲しい。」と伝えました。

ですがCさんは「待てない、いいじゃん、大丈夫だよ。」というお返事でした。

それを聞いて何かが崩れさる感覚になりました。

「いいのは、あなただけだよ」「大丈夫って無責任だな・・」と心の中で思い、こんな思いやりがなくて

自分勝手な人とは無理だ・・と深く感じました。一瞬で生理的に無理になってしまいました。笑

「Cさんはワクチン接種してるから安心かもしれないけど、私はワクチン接種してないから不安」だということも

言いましたが全く聞く耳持たず。('_')

年を取るって怖い。反面教師。

ご自身が高齢者でわがままを自負されてるから高額金額を提示してきたんだなと思いました。

 

結局はご自身がどこにウェイトを置くかによりますが、とにかくどんな条件でも高額がいいという方は人数多く会っていたら割とすぐに出会えると思います。

ですが高額で若くてイケメンで、なんて都合の良い条件の方はほぼいないです。

もしも、いたら詐欺か投資の勧誘やネットワークビジネスを疑いましょう。(結構います。私もこういう方に会ったことあります。)

”お金を使う人は大変” これはどの世界でも同じです。ホステス時代のときも”お金を使う人は大変”と思うことが多々ありました。

当時は我慢して受け入れることも仕事でしたので”沢山使ってくれてるから仕方ない”と我慢していましたが、

パパ活では、そんな我慢はしたくない!という思いが1番強いです。お互いがフェアに選べる立場なので我慢する気は全く私はありません。笑

広い心で受け入れられて、わがままに答え、そこに一喜一憂しないのであれば、そんな高額条件を提示する方とも長続きすると思いますが

そうでないと短命で終わってしまいます。

我慢し過ぎてメンタルやられてしまう人もいるそうです。そんなことになっては本末転倒です。

私は無理、我慢をしないで済む相手が見つかるまで妥協はしません。笑

Writer: 
パパ活2年目、30代後半。20代は銀座のホステスNo,1でした。29歳で銀座をあがり婚約破棄など色々あり、その後ご飯だけのパパ活をしています。

ベルの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる