2023年7月25日
今月: 45 views | 全期間: 1,978 views

パパ活で許せる範囲

パパ活はサービス業だけども・・・

パパ活は、サービス業として私は見ていると以前からここでも伝えている。

ただ、そんなサービス業でもパパ活する女性によっては、色々我慢をしている方も多くいると聞く。

例えば、パパと会う頻度。

これは、多くの女性が、初対面の契約時にパパと決め事をする人が多いと思う。

それこそ、毎月何回会うとか、お手当の金額など。

そこで、パパと女性は基本人間同士。

どうしても、どちらかが契約とは別に要望する事が増えてくるはずだ。

それは、付き合いが長くなればなるほどに。

私が、経験した男性から要望をされたパターンをここで紹介しよう。

元々、週一で会う約束だったが、いつの間にか週二になっていた。

私は、基本どのパパとも週一で契約するようにしている。

その理由は、複数のパパと私は契約したいからだ。

これを、言うとパパの夢を壊してしまうかも知れないが、パパ活は私の中ではサービス業に過ぎない。

だから、かなり割り切っている。

勿論、割り切っているからと言ってパパを適当に扱ったりはしてないつもりだ。

そこには、お手当をしっかり頂いている分仕事をするべきだと言う私の持論があるからだ。

ただ、一人の男性とだけ付き合ってしまうより、複数の男性と付き合った方が、お手当等自分には都合がよかった。

一人の男性と月で4回会うと言う約束で契約するより、別の男性をそれぞれ、週の間に入れた方が、月に稼げる金額が高かった。

これは、本当に人によると思う。

あくまで私の場合はそうだった。

これが、自分の誕生日など特別な日をまたぐと、プレゼントの数も二倍や三倍になる。

自分なりに、色々考えて一人に絞るのを辞めたのだ。

ただ、結局良いパパとの繋がりは、あっという間に年をまたぐ事になる。

それは、自然の流れだろう。

そんな中、こちらもいくら仕事として割り切っているからと言っても、人間に変わりはない。

当然、パパ一人一人に情が沸き始める。

例えば、これだけ世話になってるし、わがまま聞いてもらってるし、パパのある程度の要望を何も言わずに聞いてあげないととか。

そこで、私の中で一番わかりやすいのが会う頻度。

今考えると、月に4回が12回位会っている時もある。(月のお手当そのままで)

周りからは、サービスし過ぎじゃない?と言われる事も度々ある。

私としては、別に毎回体の関係を持つわけでもなく、ただ食事をしてる時の方が多いのでそこまで気にしてなかった。

しかし、今考えると我慢してたのかな?と思う事が多々ある。

もし、別のパパと契約したり、会っていたらその分稼げた可能性がある。

これを、皆さんは許せる範囲として処理できますか?私は、今思うと、契約がある以上は、適当にしてはいけない部分だと反省したんですよね。

絶対に、パパ活上では許してはいけない範囲なんです。

これを、許してしまうと何の為にパパと話し合い契約しているのか意味が分からなくなる。

パパとの旅行はどうか?

パパ活で、大体契約に旅行などは行く行かないなど含まれていない。

だから、パパと契約後に海外旅行など誘われる事がある。(パパによっては、頻繁にある。)

これを、最初の契約で話し合っていないから、パパからの要望で一緒に行きたいと言われたらどうするか?私なら、即断る。

勿論、最初の契約時にそう言った所にも行きましょう的な会話が約束であれば話は別。

しかし、契約後にパパの思い付きで旅行の話をされても、私にもプライベートはある。

本音をいうと、旅行なら家族やもし彼氏がいたら、彼氏と行きたい。

これは、どの女性も思う部分ではないでしょうか。

比較的、私はそこら辺の女性より、その思いが強いよりのタイプ。

だから、パパ活はかなり割り切れているのだと思う。

なので、こう言った部分も最初に契約か、パパとお付き合いをした最初のうちに決めておくと良い。(日が経ってからでは、言えなくなりますよ。)

パパ活である性事情

パパと長く付き合っていれば、必ず訪れるであろう性の関係。

パパと出会って数日ならまだしも、数ヶ月以上付き合って、体の関係を持っていない女性を私は一度も聞いた事がない。

その位、関係を持つ率が高いという事だ。

これが、悪い事か?と言われると、パパ活とは言え、パパと付き合っているのだから大人同士、自然な流れではないだろうか。

しかし、パパによっては、結構要求が激しい人もいる。

例えば、おもちゃを使うパパ。

女性によっては、凄く嫌う人もいる。(実は、私もその一人だ。)

私の経験で行くと、大体このおもちゃが入り口で、ここを許すとパパの要望がエスカレートするパターンが多い。

女性によっては、全然受け入れてる方も多く私は知っている。

私の場合は、おもちゃが体に合わない。(特に痛いと感じる事もある。)

だからNGなのだけど、パパは意外とこういうシチュエーションになるとしつこい。

きっと、お手当の話題をちらほら出しながら、要望を出すパパもいるらしい。(私は、今の所そう言った経験はあまりないが、ゼロではない。)

私は、パパ活がなれているので、初対面時の契約で、性の部分も軽く触れて、「自分ができないと判断した事は、その場で素直に言わせてください。」的な感じで理解を求めるようにしている。

最初に、言っておくと、基本無理な要望をパパは出さないし、そう言った癖がある男性は、私とは契約しない。

当然、そう言った何かしら癖がある男性の方が、多くお手当を支払ってくれるなんて話も、周りから聞く。

しかし、私の経験上、自分では答えれない範囲に対して無理に答えようとすると、負の連鎖が起きる事を私は知っている。

皆さんは、どうだろうか?だから、基本、いくらサービス業としてパパ活を見ていても、「私は、これ嫌だ。」という部分に関しては、必ず、我慢せずにパパと相談した方が良いし、それで相手が納得しなければ、契約解除も念頭におくと良いだろう。

女性個々で、許せる範囲が広い人と狭い人がいますからね。

私は、どちらかというと狭いかも知れません。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる