2022年10月25日
今月: 69 views | 全期間: 181 views

”地雷パパ”の特徴や見分け方

「地雷パパ」って?

 

「地雷パパ」という言葉をよくSNSで目にすることが増えました。

この「地雷」、パパ活女子(通称pj)の間では、危険人物という悪い意味で使われています。

今やパパ活が世間に広まりつつある世の中、パパになる人も当然増え、色〜んなパパが混在。

では一体、具体的にどんな人が「地雷パパ」なのか?

私の体験談や友達から聞いた話も含め、記していこうと思います♪

 

 

「地雷パパ」の特徴

ドタキャンをする・キャンセルを繰り返す

 

  • メッセージで事前に日時を決めていたのに、当日になってキャンセル・・・
  • 日程を決めても、キャンセル続きで会えない

 

当日キャンセルの理由が「体調不良」や「仕事」と言われてしまった場合は、

こちらも確かめようがないので、正直なんとも言えません。 

 

断り連絡のまま会話終了!であれば地雷パパである可能性が高いです。

本当に会う気があれば、次回の日時を打診してくれるはずです。

 

実際に私はアプリで当日キャンセルされた相手に、次回の日時打診をされ承諾したのですが、

またもや当日キャンセル・・・  なんてことも(笑)

さすがに次はないと察し、その後連絡を返すことはありませんでした。

 

せめてキャンセルするなら前日まで。社会人として最低限のマナーだと思います。

たとえまだ1度も会ったことがない相手であっても、相手への配慮ができない人は確実に地雷です。

 

 

音信不通になる

  

  • 当日待ち合わせ場所に着き、メッセージを送った途端アプリをブロックされた
  • 会う前日に、明日の確認メッセージを送ろうとしたらアプリをブロックされていた

 

こちらはドタキャンよりもかなり悪質ですが、メッセージよりもキャンセルしやすい手段

キャンセルの言い訳や面倒な手間を省けますもんね・・・

 

前者の方は「冷やかし」というとても悪質な行為。

離れた場所から待ち合わせ場所に着いたpjを見定め、

そのままアプリをブロックして帰ってしまったり、

遠くから写真を撮影してSNSに晒したりするパパも・・・!

もはや犯罪です。

  

待ち合わせ場所に早く着いた際は、自分の特徴をすぐ教えるのではなく、

相手の特徴を先に聞き出すようにする方が良いのかもしれません。

   

まさに、先手必勝です♪

  

  

頻繁にメッセージや電話を強要する

 

これは実際に私がパパ活初期に体験した話なのですが、

顔合わせでは見極められないメンヘラパパさんだったのです。

 

顔合わせの会話の感じもよく、お手当の話もスムーズに進み、

この人なら良い定期さんになってくれそう・・・!と期待していたのも束の間・・

家に帰り着いた途端、長文メッセージの嵐!(笑)

普段からあまり携帯を触らない私にとって、恐怖でしかなかったです。

 

私は同棲していたこともあって(もちろん伝えています)、

頻繁にメッセージをするのは難しいという旨をメッセージで伝えました。

すると

「ごめんね。嫌われたくないので気をつけるね。」と一言メッセージ。

とりあえずホッとしていたのですが、翌日事件は起きました。

 

おはよう〜始まる日記のような長文ラインと、家で飼っている猫と自分の写真

が送られてきたのです。

待って、昨日伝えたこと全然わかってない・・・!!!!(笑)

このやりとりはしばらく続き、結果2回目お会いすることはなく、

お断りのメッセージを送ってお別れしました。

 

今思えば、このパパさんはバツイチ独り身。

毎日たわいない会話ができるようなお相手を探していたのかな?

「お互いのプライバシーに踏み込みすぎず、適度な距離感が保てるかどうか」

この 適度な距離感 の感覚が合う人とでなければ、

長くお付き合いするのは難しいということが、教訓となりました。

 

 

車に乗せようとする

 

何度も会っていて、ある程度信頼関係が築けているお相手だったら問題ないと思いますが、

相手がどんな人かもわかっていない、初対面パパさんの車に乗るのは非常に危険です

 

正確にいうと車だけではなく、

2人きりの密閉空間になることが、危険とも言えますね。

 

これも私のパパ活初期の頃の怖い体験談なのですが、

1度だけ 乗って怖い思いをしたことがありました(怖)

 

お相手の提案で、その日は顔合わせドライブをすることに。

自己紹介やたわいのない話をしばらくしていると、

「体の関係になった相手はいる?」と、段々踏み込んだ話に・・

当初は経験がなく、体の関係へすすむ事も考えていなかったので、

「経験したことはないですね〜・・・」と伝えながら、あることに気づいたのです。

今車走っているこの道って・・・市内から少し離れたホテル街へ続く道・・・

 

私の反応が乗り気でないとわかったのか、

「急に仕事を思い出したから帰らないと!」と告げられすぐに解散しました(笑)

 

車の走行中は、逃げ出すことができないし、助けも求めることができません

無理やり連れ込まれなかっただけ、私はまだ運が良かったのかもしれません(泣)

 

これ以降、二度と初対面パパの車には乗らないと誓いました。

ちょっとした油断心が、大きな事件に繋がるかもしれないということを

常に、自分に言い聞かせて過ごしたいものです。

 

 

会う前から体型やスリーサイズを聞いてくる

 

せっかく会うなら「写真詐欺を防ぎたい!」パパさんたちの気持ちも分かります。

 

ですが、やたら理想の体型をプロフィールに長々書いていたり、

執拗に胸のサイズや体型を聞いてきたりする人がいれば、

間違いなく「体目的」=「地雷」です。

 

目の見えない相手だからこそ、まず気づきたいのはお互いの信頼関係。

体のことだけではなく、

まだお互いのことを知らないうちから踏み込んだ質問をしてくる人は、要注意です。

 

 

自分の正体をやたら隠そうとする

パパさん達の中には役職に就かれている方も多く、

立場上あまり個人情報を喋らないようにしているという人も、勿論多いと思います。

反対に私たち女性側としても、仮名を伝えたり、職業も誤魔化したりして

個人が特定されないように、割り切った関係を保っている なんて人も少なくないはず。

 

私が出会ったパパの中でたった1人、自分の正体を何も語らない人がいました。

名前も秘密。職業も秘密。

他にもこちらが質問したことは、すべてはぐらかされ、私への質問ばかり。

これって会話になってる・・?(笑)と、複雑な気持ちで顔合わせが終了。

 

後日お食事に誘われ会うことになったのですが、

帰り際に、事件は起きました。

 

「実は、女性のアソコの写真を撮ることが趣味なんだ。この後撮らせてもらえないかな?」

「「??????????」」

 

今まで何も自分の話をしなかったパパの口から、衝撃すぎる一言が・・・🤣

更に衝撃だったのが、携帯のカメラではなく一眼レフで撮影をするとのこと・・・

 

パパが持っていたバッグを見ると、本当に一眼レフが入っていたのです(笑)

勿論、キッパリとお断りしてその後の連絡を経ちました。

 

決して正体を明かさない人が悪いわけではないのですが、

このパパは、きっと自分の趣味のこともあり、”自分の正体を明かすのはリスクがある”

と悟っての言動だったんだなぁと、この時やっと理解できました。

 

職業は明かさないとしても、名前って最低限じゃないですか?(下の名前だけでも)

それも嫌なら、仮名を名乗ればいい。何も言わないって、やはり不信感が募ります。

そしてその不信感は当たっていので、尚更!

何か裏があるなと警戒する必要がある地雷パパ

だと私は実感しました😅 ただ不器用なだけって人もいるかもしれないので、

一概に決めつけることは難しいですけどね・・。

 

 

まとめ

以上、体験談に基づいた「地雷パパ」の見分け方でした。

この活動、せっかくするなら楽しく・素敵な出会いを見つけたいですよね♪

「地雷パパ」を上手に見分けて、楽しいパパ活ライフを送りましょう!

 

 

Writer: 
楽しくゆるくパパ活しているアラサーさん。 好きな定期さん方と長くゆるく過ごしています。 体験談や役立つ情報を発信していきます^♪

ぴいまるの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる