しりとりで綴る交際倶楽部奮闘記4

スローなブギにしてくれ→恋愛

言わずと知れた?ジョーは恋愛体質である。

しかも自分で言うのも何だけど、ジョーの恋愛沸点はヘリウム並みに低いから、少しでもその女性に魅力があれば、そこに目線と気持ちがフォーカスされてすぐ好きになってしまう。

ユニバース女子は基本的に金銭が目的だとは分かっているつもりだが、どうしても財布の紐が緩くなってしまう。

ナナ姫によれば

「めちゃくちゃ簡単」

だそうだ(苦笑)。

ジョーの本音は

「お前が言うな!」

だけど、もちろんこんな告白ができるのはここだけだ(苦笑)。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、ジョーは日頃の欲求不満をここで晴らしているんですな。

しかしながらジョーの求める恋愛はこれまた我ながら随分と都合の良い恋愛である。

数少ない愛読者ならジョーの交際倶楽部における活動は満身創痍だし、一般的にいう成果も芳しくない。

しかし考えてみるとジョーは常に安全地帯にいて自分が傷つかないようにしている気がする。

ユニバース女子と恋愛はしたいけれど妻と離婚するつもりはないし、そもそも妻のことは一度書いたことがあるが、「まあまあ好き」だ(苦笑)。

だからユニバース女子から

「ジョーさんのことが好きなんです、もっと深い関係なりたい」

と言われると(ほぼ言われたことないけど苦笑)困ってしまう。

自分からは

「君のことが好きなんだよ」

と散々言っているのに。

さらに言えばジョーはエセ紳士だから

「君の体だけが目的ではない」

と言うことが多いし、実際肉体関係になるのはむしろ例外的だけれども基本イヤラシイことしか考えていない。

困ったもんだ。

ジョーはどうも人とは若干異なる性癖らしい。

ユニバース女子にプライベートなことを聞くのはご法度だけれど、少し仲良くなった段階で(時には初対面で)

「彼氏はいるの?」

という質問を我慢するのはジョーにとっては難しい。

そしてジョーの期待する答えは「YES」だ。

マイちゃん(旧姓ダイナマイト嬢)は今一番お気に入りの子だけど、初対面の時ジョーの質問に臆することなく「YES」と答えた。

それでマイちゃんの好感度は飛躍的に上がったのだ(三度苦笑)。

その日に彼氏の写真も見せてくれてジョーのお気に入りが確定したのだった(4度目の苦笑)。

これには後日談があって、先日ついにマイちゃんと彼氏そしてジョーの3人でご飯を食べた。

マイちゃんの彼氏は想像以上に「イイ奴」で楽しい時間となった。

ラインの交換もしたし、近々マイちゃん抜きで飲みに行く予定だ(苦笑、5度目ね)。

そうそう、ラインという単語が出てついでに。

ラインは、確かに便利なツールであるとは思う。

ジョーもユニバース女子との連絡は基本ラインである。

しかしながらそのラインで連絡以上のことをするのがジョーにはよく分からない。

特に

「朝ごはん食べた?」

の類のメッセージは何が目的なのだろう?

返信せずにいると

「どうして返信してくれないの?」

とか

「ジョーさんって恋愛体質と言いながら本当は恋愛を求めていないんでしょう?」

と言われてしまう。

どうして「朝食食べた?」というラインに返信しないことが恋愛体質でない根拠になるのかジョーには理解できない。

こんなラインを送ってくる女子(もしくは男子)は頭の弱い人と思ってしまう。

だから訳のわからんラインを毎日のように送られても全く嬉しくない。

ただしもし手紙を書いていいなら、毎日でも書けるけど。

もちろん貰うのも嬉しい。

さて問題はマックさんだ。

ジョーのように何をしたいのか自分でも分からないまま彷徨しているオッサンとは違ってマックさんの原理原則が明確だ。

「出会ってから1時間以内にホテル」というのも爽やかであるとさえ思う(ジョーにはとても真似できないけど)。

そして「マジックミラー号」まで作ってしまうし、「単なる摩擦行為」と言いながら(言ってないかも)様々なプレイを楽しんでいらっしゃる。

一見するとヤリチン(失礼!)のようだけれど、お相手からは絶大な信頼を得ているのはご存知の通りだ。

ここがジョーにとってはマックさんの魅力だし、恐ろしさだ。

そして今回のコラム「スローなブギにしてくれ」を読んでその一端を垣間見た気がした。

みなさん同感だと思うけけど、今回のコラムの内容は完全に「ジョー寄り」である。

一読した後、まるで自分が書いたかのような錯覚に陥った。

しかし皆さん、騙されてはいけません。

マックさんは決して「ジョー化」していません。

その証拠にコラムでのジャスミンさんの質問?に対して「少々盛った」と正直に答えている。

この正直さもマックさんの魅力だと思う。

皆さんお気づきかもしれませんが、マックさんは気遣いの人であり、サービス精神旺盛な人だ。

だからこそ多くの女性(男性も?)がマックさんを慕うのである。

ジョーも見習いたいけど、その道のりは険しいでしょうなぁ。
 

業務連絡

マックさんへ

「いとしのエリー」3本控えているのに入稿が遅くなりまして申し訳ありません。

そしてその後の原稿ですが本来は「い」かもしれせんが、「り」にさせてくださいませ。

題目は「リケジョ」の予定なのでそのあとのコラムは「よ」でお願いします。

それからコラムの中の「男性の皆さんはマックさんの気持ち判るよね?」ですが、ジョーは嬉しくなる派です(笑)。

少し前に今は音信不通になった某女子にまあまあ高級な時計を誕生日にプレゼントしました。

すると早速彼女は自分のインスタにその時計をあげて「ビビッときたから自分への誕生日プレゼントに時計を買った」とのたまわれているのを見て別れを決意しました。

せつないというより、腹が立ちました(笑)。

ジョーの大好きなブランドでジョーとお揃いの女性ウオッチだったので。

まだまだ修行が足りません。

 

このカテゴリーの関連記事