2023年3月17日
今月: 3 views | 全期間: 465 views

パパ活してる女の子の事情

こんにちは、ベルですッ!(*´∀`*)♫

今回はパパ活している女の子がなぜパパ活しているのか?

どんな事情でパパ活をしているのか?

を掘り下げていきます。

 

軽くわたしの自己紹介とわたしがパパ活を始めたきっかけからお話ししていきます。

わたしはパパ活3年目になります。

21歳から28歳くらいまで銀座でホステスをしていて25歳〜27歳くらいまではNo.1で頑張ってきました(о´∀`о)

29歳で婚約と同時に夜の仕事をあがり昼職に戻り同棲をしますが、お相手のお金遣いの荒さとモラハラに耐えきれなくなり、メンタルをやられ婚約を破棄しました。

パニック発作で朝の満員電車に乗れなくなり会社勤めができなくなりました。

契約社員だったため更新までの3ヶ月は傷病手当で生活できましたが、それ以降は貯金を切り崩しての生活。

そんな中、友人からたまたま聞いた"交際クラブ"に入会することにし、アプリもあることを知りアプリでもパパ活を始めました(>人<;)

 

ここまでが、わたしがパパ活を始めることになった経緯です。

体調を崩しパニック発作で朝の満員電車にのれなくなり会社勤めができなくなって生活費を稼がないといけなくなったのがきっかけです。

 

色んな殿方とお会いしていると、殿方がお会いした女性のお話をしてくれます。

「こうゆう女性がいたよ。」って会話の話題で話してくれることが多いんですが、色々お聞きしました。( ´ ▽ ` )

 

借金返済

借金返済でパパ活をしてる人も少なくないと思います。

どんな借金かは人それぞれですが、わたしが聞いた方はフリマサイトなどで偽ブランドを販売されていて

刑罰になり罰金を支払わなければいけない為にやっているとか・・・。

その為、まとまったお金が必要で親にも頼れずパパ活を始めたそうです。

 

自業自得、本末転倒な気はしますが、それを男性に話するのも凄いな・・

と思いながら聞いていました(笑)(°▽°)

 

 

学費支払い

大学などの学費を自分で支払っている人も多く。

コロナで働いていた飲食店が暇になってシフトが減ったり、

お店が営業しなくなったり、新しく探してもコロナ禍の中何処もスタッフ募集していなく、

働き口がない状況でパパ活を始めた学生さんがとても多かったようです( ;  ; )

 

まだ社会にも出てない若い人がパパ活をするのは、

今後お金の価値観や働くことに影響が出そうな気がします・・。

月20万で週5フルタイムで働けなくなるのでは・・?

と心配してしまいます( ´Д`)

 

コロナ禍で失業、CAさんや航空関係

少しニュースとかでも話題になりましたがCAさん含め航空関係の方達の仕事がなくなり失業した方が多かったそうです。

CAさん以外にも機内食を作ってるお仕事をしてる方なども失業や継続状態でも7割しか給料は保証されないため足りない分を補うためにパパ活を始めた人がいたみたいです。

 

辞めて違う仕事に就くこともできず、中途半端な状態がかなり苦しい状況だったんだろうな・・と察します。

CAさんには努力だけではなれるものではなく

色んな基準や厳しい研修をクリアした人達がやって手にできる職業なので

簡単に辞められる仕事ではないと思いますし、

やっと就職して、まだキャリアも始まってないまま

コロナ禍で休業になってしまった方の気持ちを考えると胸が痛いです。

 

旦那さんの治療費

これは、かなりヘビーな話になりますが

旦那さんが先進医療が必要な病気になり入院費や治療費を稼ぐために始めたそうです。

旦那さんとの中が冷めた訳でもないし、本当はしたくないけど大きい金額を稼がなけばならないため覚悟を決めて挑んだそうです。

女性は本当はパパ活はしたくなかったそうで、この話を泣きながら殿方に話をしたそうです。

 

パートナーのために、ここまでできるこの女性は素晴らしいなと思いました。

だけど、したくないことを気持ちを押し殺してまで挑むのは

よっぽどの覚悟だったお思います。

この女性には必ず幸せになって欲しいです。

 

わたしはコロナ禍とか関係なく体調を崩してパニック発作がでるようになって会社勤めができなくなったのがパパ活を始めたきっかけですが、色んな理由でパパ活を始めた方達がいます。

 

「パパ活をしてる」と言ったら一般的には批判されるのが普通だと思います。

わたしは誰にも言ってないです。

楽して稼ごうとしてパパ活をしてる人もいれば、したくないけど

まとまったお金がすぐに必要という人もいるし、働き口がなくなって学費や生活費が払えない人もいます。

事情が1人1人あるのです。

なにも騙して、お金を貰おうとしている訳ではありません。

パパ活は褒められることではありませんが、理由も聞かず批判することでもないと思います。

少なからず頼らず自分の力で解決しよいとしています。

もし責めるのであれば家族がいても頼れる人がいない状況、環境ではないでしょうか?

それは本人だけの問題ではなくなってきます。

パパ活してる人だけを批判するのは間違いでは?

と思っています。

社会の問題がもっともっと深いところまで掘り下げらると変わってくるのではないかなと思います。

 

皆さんに素敵なパパが現れることを祈っております(^_−)−☆

Writer: 
パパ活2年目、30代後半。20代は銀座のホステスNo,1でした。29歳で銀座をあがり婚約破棄など色々あり、その後ご飯だけのパパ活をしています。

ベルの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる