2022年12月1日
今月: 40 views | 全期間: 262 views

こんな男性がいた③〜ギャグなような本当の話〜

こんにちはベルです(^o^)

今回はお会いした殿方の癖が強い面白いお話、PART3を書こうと思います。

 

〜50代パリピDさん〜

まずご紹介するのは新宿で個室の懐石料理屋さんで会おいしたDさん。

50代前半で見た目は長身でスラっとしていてスーツが似合うタイプで、

気になるのは一昔前の喋り方、

業界の人でもないのにシースーとか普通に言っちゃうDさん(笑)

喋り方から"俺イケてる"感がビンビン溢れでているDさん(笑)

パリピ?チャラ男?みたいな喋り方で若い方なら全く気にしないんですが、

単純に50代の男性が話す喋り方ではないので笑いが吹き出しそうになる場面が多々あり

笑いを堪えるのに必死でしたwww

喋り方のイントネーションがおかしすぎる(笑)

笑わせる為にギャグ的にその喋り方をしてる訳ではなさそう。

どうやら本気の喋り方のようだ。

 

ボトックスをしたり、シミ取りをしたり美意識は高いらしく

「俺見たより若いでしょ!?」と強要してくるあたりも苦手でした(笑)

なんせパリピな喋り方が鼻について全てが鼻についてしまう(笑)

癖が強すぎる!!

 

"美容医療に頼ってるんだから若く見えて当たり前だろ"とツッコミが喉の寸前まで出かかりました(笑)

素直に褒めてあげられない自分も嫌でした( ;  ; )

もちろんDさんとはこの1回しか会いませんでした。

Dさんも私とお話してて、思った反応や言葉が私から出てこないから"この子じゃない"と思ったなと感じました。

1時間半で解散。

Dさんと合う人は果たしているのだろうか(笑)

 

 

〜お次は、介護を求めるEさん〜

初夏の暑いランチに新宿のお寿司屋さんの前で待ち合わせをしました。

駅に着いたという連絡から20分しても現れなかったんです。駅から歩いて10分くらいの場所。

駅に着いて20分後に「あと10分で着く」と連絡があるが、まだ来ず。愉快犯かな?と頭をよぎりました。

待ち合わせから計40分経った後に、向こうから足を引きずりながらゆっくり一生懸命歩いてくる痩せたお爺さんを発見。

"もしやあの人?え、嘘だ(`・∀・´)"

 

その人でした。(笑)

 

喋り方もスローでろれつが回っていません。

"大丈夫かな?(汗)急に倒れたりしないよね!?

病院抜け出して来たりしてないよね!?"

色んなことが頭をよぎりました。

 

席に座るや否や、病院の薬の袋を出し中身をガサっと出しました。

その数10種類程。

!?!?!

手は震えていて1つ1つの行動がスローで介護が今にも必要に見えました。

もちろん会話もスローだし、ろれつがまわってなくて半分以上何言ってるかわかりませんでした。

 

私「その薬な何の薬?」と尋ねると

Eさん 「脳神経の薬。手術してさぁ」とゆっくり答えました。

私 "OMG!!!"

ちょっと笑いごとではないくらいな不安と

”この人はここにいて大丈夫なのかな・・?”と恐怖を感じました。

薬飲みにきたのか!?ってくらい尋常じゃない薬の数、スローな喋りのヨボヨボ歩きのお爺ちゃん。

 

私「パパ活始めたきっかけは何ですか?」と質問したら

Eさん「介護してくれる人がいいなって」

私の心の声「それパパ活でやることなのかな・・?」

 確かにお互いの需要と供給が合えばいいんだろうけど・・

 介護はデイケアとかに頼むのもではないか・・?しものお世話も含めての介護をして欲しいってことなのかな・・?

 いやいや、それでも介護のプロに頼んだ方が絶対いいと思う!

私 「介護ならプロに頼んだ方がよくないですか?」

Eさん 「親しくない人にしもの世話までは頼めないなぁ」

私 (やはり、しもの世話だったか・・)

私 「介護のしもの世話ってやったことないんですが難しくないんですか?素人でもできるもんなんですか?」

Eさん 「〇※%&×!~~~」(まあ何言ってるかわからない・・)

コミュニケーションを取れないのは死活問題。今日を乗り切るだけでも精一杯・・(苦笑)

 

良いお寿司を食べたはずなんですが味は全く覚えていませんでした(笑)

震えてる手でお寿司を食べるEさんに、食べやすいようにお皿を手前に引いてあげたり、

醤油がつかないように袖をまくってあげたり、お箸を割ってあげたり

転んで大惨事になっては困るので気付いたら必死に本当に介護みたいなことしていました(笑)

 

そしてEさん、なんとパパ活で美人局に合ったそうです。(美人局って現実にあるんですね!)

介護が必要なお爺さんに見えるから騙せると思ったんでしょう・・

ですがEさんの仕事は法律関係。手は震えるし、ろれつも回っていませんが頭はしっかりしているみたいで

軽やかに論破し、女性と男性の身分証を提示させフルネームを聞き出し、悪さできないようにしたそうです。

やるじゃないか、Eさん!^^

 

そしてお会計になり、Dさんお財布忘れました。( ゚Д゚)

私 (おぉーーマジカ!?どうするの会計・・)と心配していたところ

Eさん「通帳は持ってきてるからお金おろして来る。ベルさんの交通費も持ってきてないから一緒におろす。」

私 (なんでお財布忘れて通帳は持ってるんだ・・不思議すぎる・・)

私 (心配で一人では歩かせられないから)「わかりました。私も付いていきます。」

 

Eさんはコンビニでお金をおろし交通費をちゃんと頂きました。

この人と一緒にいると色々トラブルに巻き込まれそうだ・・

駅までEさんを送り、解散した時にドッと疲れがでて帰りの電車では爆睡でした(笑)

 

今回も被害はなく笑い話で済んだので良かったですが、みなさん気をつけてください!!

Writer: 
パパ活2年目、30代後半。20代は銀座のホステスNo,1でした。29歳で銀座をあがり婚約破棄など色々あり、その後ご飯だけのパパ活をしています。

ベルの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる