2023年2月20日
今月: 1 views | 全期間: 186 views

パパ活にいたった経緯

こんにちは、ベルですッ!(*´∀`*)♫

今日は、わたしがパパ活をやる経緯を書こうと思います。

少しでもお役に立てればと思います。

 

まず、わたしがパパ活をやろうと思った経緯やバックグラウンドをお伝えいたします(^ ^)

 

わたしは20歳から29歳くらいまで銀座でホステスをやっていました。

昼職と兼業していたときもありましたが、ホステス1本でやっていた時間の方が長いです。

これでも、ナンバーワンでした。

お酒が飲めなないのに頑張りました。わたしが人生で1番頑張ったことだと自負しています。

元々、昼職のみでしたが海外に行くお金を貯めたくてダブルワークで始めたのがきっかけです。

海外に行くというのは旅行で1週間とかではなく、ワーキングホリデーのVISAを取って1年間行く旅費、生活費、学費を貯める為でした。

 

東京で1人暮らしをしながらで昼職のみで、海外で一年暮らすためのお金を貯めるのは中々厳しいもので

お酒が飲めないのに、藁にもすがる思いで夜の仕事を始めました。

 

ナンバーワンになれたのはお店で働いているキャストの中で稼ぎたい気持ちが1番大きかったからだと思います。

今振り返ると、かなりギラギラしていて自分でも引く程です(笑)(`・∀・´)

 

20歳から3年お金を貯めて23歳のときにワーキングホリデーでカナダに1年間住みました。

その帰りにバックパッカーをして、行きたい国を行き10カ国程まわって帰国しました。

 

海外に魅了されて、また違う国に住みたいと思いカナダからの帰国後に日本で2年間働いてお金を貯めて違う国に住んで、っていうのを29歳までやっていました。

結婚は29歳から考えればいいやーと思いっていました(笑)

そう思いながら自分な好きなことをして生きていたら29歳で付き合った人とトントン拍子で結婚の話になり同棲してお互いの親に会い結婚式場を決めるとこまでいきました。

 

だがしかし、一緒に住んでしばらくして彼に借金があるのが発覚し、お金使いが悪い彼の本性が顔を現し生活が大変になり、1年で婚約破棄をしました。

 

同棲生活を頑張り過ぎて、メンタルをやられ

解熱剤を飲んでも微熱がずっと下がらなく大学病院で色々検査を受けても何も引っかからず

結果、鬱病と診断されました。

同時にパニック障害になってしまい、朝の満員電車に乗ると発作が出てしまって

朝の電車に乗れなくなってしまいました。

 

会社に出勤できなくなり、仕事は契約終了となり、メンタルをやられると免疫が下がって複数の病気を併発してしまい

メンタルも体調も崩してしまいました。仕事もなくなり、踏んだり蹴ったりです。

 

婚約を破棄した後は1人暮らしをしていましたので

仕事ができなくて、生活に困っていたところをパパ活というのを知って始めてみたのがきっかけです。

交際クラブに登録したり、パパ活アプリに登録したり生活費の足しにする為に活動を始めました。

 

活動を始めたのがコロナ禍の真っ最中でしたので、失業した女性がパパ活にながれてる傾向が多かった頃です。

営業できない飲食店でバイトをしていた、学費を自分で稼がないといけない学生さん達もパパ活にながれてる傾向が多かったみたいです。

 

パパ活をしながら完全在宅勤務の仕事を探し続け、半年くらい経って週3フルタイムの完全在宅勤務の事務の仕事にようやくありつけました。

ないよりかは、マシですが週3では生活が困難なことには変わりなく、パパ活を続けること3年程経ちます。

本当に辛い数年でした。

ようやく去年から元気が戻って、パワーが爆発したかのように、旅行したり

副業で仕事を増やし、大好きな旅行をしながら場所を選ばずに

どこでもで仕事がきるように転職活動もしています。

パパ活をしながら( *´艸`)

ストレスにならない程度で活動しているので美味しいご飯が食べれて

一石二鳥♡くらいでやっているので、やめる理由がないのですが

仕事がもっと充実して金銭的にも困らないくらいのなったら、やめようかなと

緩ーいかんじに考えてます(笑)

 

とはいえ、もうアラフォーなので

できればパパ活から足を洗いたいのが本音ですが、彼氏もいないし

現在はやめる理由はないかな♪

彼氏ができたらやめよう(*^-^*)(笑)

 

パパ活しているのは独身の女性だけではありません。

パパ活をしている事情は本当に人それぞれで、、パパ活を通して仲良くなった女の子は

既婚者ですがパパ活で生計を立てています。(笑)

旦那さんにパパ活をしているのを4回バレて離婚を切り出されたこともありますが

パパ活を続けているそうです(笑)

4回もバレたのに実際に離婚にならないのは、それもまた愛なのかな、とも思いました。

 

いずれにしても、どっぷりハマって抜け出せないようにはならないでください。

「自分は大丈夫」と最初みんな思っていますが、良い思いをするうちに

金銭感覚や、働くことの対価に対しての考え方が自分の知らないうちに変わっていってしますものです。

 

みなさんに、素敵なパパが現れますように(^_-)-☆

Writer: 
パパ活2年目、30代後半。20代は銀座のホステスNo,1でした。29歳で銀座をあがり婚約破棄など色々あり、その後ご飯だけのパパ活をしています。

ベルの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる