2019年11月1日
今月: 238 views | 全期間: 238 views

マタニティのパパ活~前編~

私の友人にマタニティがいるのですが、その子から大変興味深い話を聞くことができました。

なんと、マタニティの彼女がパパ活にチャレンジしているとのこと!

ご主人と生まれてくる赤ちゃんがいる幸せな状況でありながら、一体なぜパパ活をスタートしたいと思ったのか…。

根掘り葉掘り聞いてきちゃいました。
 

マタニティがパパ活をする理由


私の友人は20代後半、現在第一子を妊娠中。

最近安定期に入ったばかりとのこと。

仕事はしておらず、ご主人のみの収入で生活をしている。

ルックスは可愛い系の愛されタイプ。

社交的な雰囲気で、男女ともに愛される女性。

普段の会話からはパパ活といった言葉は出るイメージではないと思っていた。


パパ活の話をしてきたのは、彼女のほうからでした。

ねぇねぇ、パパ活って知っている?」と言った感じだったと思います。

(彼女は私が交際クラブでライターをしていることは知らないです。)

知ってるよー、流行っているよね。」と答えると「やっぱりそうなんだ、実は私もチャレンジしようかと思っていて!」と返ってきたのです。


これを聞いた私としては「えっ、マタニティでしょ…。パパ活できるの?!」といった印象。

パパとしても、身ごもっている女性とデートするのは気が引けると思います。

妊娠中は様々なトラブルもありますし、自由に動きまわるのは厳しい印象です。

パパ活をしたいと思ったのには理由やきっかけがあったの?」と聞くと、彼女はこのように話してくれました。


今の生活に不自由さを感じているわけではないんだけれど、どうしても一人の時間が多いと色々と考えちゃって…。

妊娠していると、私のことを "女" というよりも "母" って見る人のほうが多いなぁって感じるんだよね。当たり前のことかもしれないんだけど、なんか寂しくて。

それに育児グッズって意外とお金がかかるんだなぁって思ったんだ。リサイクルショップを有効活用したりもしているんだけど、それでも出費は大きいって感じてる。

私の心の寂しさと金銭的な不安を解消するためにも、パパ活にチャレンジしようと思ってみたんだ。マタニティだし、普通の女性よりも簡単に相手が見つかるとは思えない。でも何もしないよりかは良いのかなって思ったの。


意外にも芯のある彼女の言葉に、私は驚きました。
 

戦うフィールド


パパ活に対する意気込みはある彼女ですが、実際どこでパパ探しをするのか気になります。

単刀直入に聞いてみると「パパ活アプリでパパ探しをしているよ!」と答えてくれたのです。

彼女がパパ活アプリを利用する理由としては、

・マタニティであることを隠してパパ活ができる

・体調の変化が大きい時期でも自宅にいながら活動ができる

・ご主人に怪しまれる心配がない


この3つでした。


とはいえ、何とかパパ活アプリでパパをゲットできたとしても、マタニティと知ったら男性はどう思うのだろう。

彼女のやり方・考え方は間違っていないかもしれませんが、どうも自分勝手なパパ活をしたいように感じてしまいました。


プロフィール情報はごく普通。

マタニティであることは一切書かれていませんでした。

かわいく写ったプロフィール写真は、彼女の魅力的な部分がたっぷり!

マタニティっていうことは、メッセージのやり取りの中で話そうと思っているの」とのこと。

…うーん。それってどうなんでしょうか。

逆の立場だったら「最悪!騙されたー!」なんて叫んでいそうです(笑)


彼女に聞くと、現在5人のパパ候補の男性とメッセージのやり取りをしているとのこと。

年齢は幅広く、30代から70代だとか。

一体どのような条件でパパ探しをしているのか…、こちらも気になったので聞いてみました。
 

マタニティが希望するパパ活スタイル


彼女にパパ活の条件を聞いたら、以下のような返事が返ってきました。

・マタニティである私を理解してくれる

・メッセージのみのやりとりでお手当が貰えると嬉しい

・実際に出会うことも出来るが、色々と指定させてほしい



…意外とハードル高いなぁ」と思ったのが一番の印象でした。

メッセージのみのやりとりでお手当が貰えるのはそう簡単ではないですし、パパ活といえるのかすら怪しいです。

この3つの条件を要約すると「あまりリスクは負いたくない、でも自分を認めてほしい、そしてお手当も欲しい」といったところでしょうか。

顔出し前提のチャットレディなら成立するかもしれませんが、パパ活では成功する未来があまり見えないといった印象。

パパ活について色々と見てきた私としては、甘い考えにしか見えません。


5人の男性とメッセージのやり取りをしているとのことですが、この条件に納得してくれているパパはどれくらいいるのか分かりません。

もしかしたら、彼女が良いように解釈しているだけの可能性も。

そのパパ活って、パパは楽しめるかな?」と口をはさみたくなりましたが、今の彼女に言っても意味がないように感じたのでやめることにしました。
 

後編へ続く


マタニティでパパ活を頑張ると意気込んでた私の友人ですが、初めて話を聞いてから1ヶ月ほど経過した時、突然連絡をしてきました。

内容はパパ活について、彼女は慌てた様子。

一体彼女の身に何が起きたのでしょうか。


この続きは次回で♪
 

すみれ
Writer: 
元大学生キャバ嬢、現在コラムニスト。 「会話と雰囲気でパパを盛り上げる」をモットーにパパ活をスタート。 パパ活のアレコレをお伝えします!

関連記事

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国14拠点】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡・沖縄

► 入会のご案内はこちら

受付時間:9:00 ~ 22:00 無定休