2022年10月5日
今月: 22 views | 全期間: 338 views

初めて会うときに気をつけること

今回は「パパ活で気をつけること」をテーマにお話しさせて頂きます。

男性に対して気を付けること、自分の保身のために気を付けること、色々気をつけなければなりません。

自分の欲が出てしまって気づかないうちに相手のモチベーションアップを下げてしまっていたり、危機管理能力が低いとトラブルに巻き込まれやすくなります。

今回は初めて会うときや、相手に対して気をつけることを書いていきます。

 

初めて会う人に緊張したら

初めてパパ活するときは不安でドキドキしますよね、変な人だったらどうしよう、ちゃんと来てくれるかな、お手当くれない人だったらどうしよう、会話続くかな・・など。

幸いにも私はホステスをしていたので初対面の男性と会話をすることに抵抗はほぼありませんでした。ですが、パパ活をしている多くの女性ががそうとは限りません。

緊張を隠して会う方も多いいと思います。なので少しアドバイスをしたいと思います。

 

どうゆう方が来るのか不安なのは相手も同じです。私たちが男性をよく見る様に男性も女性をよく見ています。

男性は居心地の良さを大事にしている方が多いいように思います。

そこで、初めて会う瞬間に笑顔で話してみてください。最初に持たれる印象は大事です。"居心地の良さ"にのちに響いてきます。

男性も女性を「どんな人だろう、自分と合うのかな?」と思っています。そんな心境のときに笑顔で話しかけたら相手は安心します。

相手の不安や緊張が解れたら話がしやすいし、会話も盛り上がるり、また会いたいと思ってもらえます。

私がパパ活で初めて会った人は40代の会社経営者をしている方でした。

お食事が終わった後にお手当を渡すのではなく、最初に渡して下さいました。そして約束よりも多くお手当を頂きました。

最初にお会いした方が、そうゆうとこにずぼらな人だったら、すぐに辞めていたと思います。

だけど、その方とは1回しか会いませんでした。なぜなら私の気持ちまで求めてきたからです。

彼の望みは「好きになって欲しい」「好きになってくれないとサポートできない」とのことでした。

こうゆうこと、ホステス時代にもお客さんに言われてきているので、デジャブ!と思いましたが、あまり困りはしませんでした。

「どうしよう・・」と考えてしまう方もいると思いますが、絶対やめた方がいいです!そもそも、もうそれは相手が求めているのはパパ活ではなく「彼女」です。

色んな要求があるし温度差で自分がしんどくなります。

私は思ったことを、お相手にそのままお伝えしました。

「したいのはパパ活ではないんじゃないんですか?彼女が欲しいんではないですか?ある程度信頼関係は欲しいですが私は彼氏が欲しい訳ではないんです。好きになってと言うけれど妻子いらっしゃるのに、好きになっても未来はない方を好きにはなれないです」とハッキリお伝えしました。

パパ活をしている女性方の中には対応に困ることを言われたことがある人もいらっしゃると思います。

悩まずにハッキリ言った方がいいです!悩んでいるともっと言われますcryingあとは「もっと~ならいいんですが」と自分からも条件を提案してみましょう!

我慢せずに、納得いく関係にしましょう!じゃないと続かなくなってしまうので!

 

そして2つ目はまるべく相手の目をみて話します。ガン見する必要はありませんが、見つめて話をすると心を許す男性は多いいです。

ホステス時代によくやっていました。wink

少し見つめ過ぎかな?くらいでちょうどいいです♪これは恋愛でも使えますね♪

たまに視線を外して、また目線を合わせる、ぜひやってみて下さい。

 

男性が嫌うこと

次に男性が嫌うことを書いていきます。

男性の話を聞いていると、会っている間の時間を時給換算する女性が結構多く、嫌がってる男性の声を聞きました。

女性からしてみたら、1時間でも2時間でも金額は変わらないから短くしたい気持ちはよくわかります。ですが、それを態度に出してしまうのは男性のモチベーションをかなりダウンさせてしまします。

お金ありきの関係なのはもちろん承知なんですが、態度に出したり、時給換算の考えなんだと思われたら、やっぱり冷めてしまうもの。

彼氏がいても良いと言う男性は結構多いいですが、いざ彼氏の存在をチラつかせると冷めてします男性は多いいです。”知りたいけど、知りたくない”男性心は複雑です。surprise

本当に文字通り、"いても大丈夫""気にしない"という男性もいますが、みんながそうじゃないことを頭に入れておいてください。あまり鵜呑みにせず、様子をみてから言うか、できれば言わない方がいいでしょう。

嘘をついてる、と思わずに”気持ちよく一緒にいれるための配慮をしている”と思って頂きたいです。

 

因みに服装ですが、年配な方だとジーンズは”作業着”でファッションとは違うと思っている方が未だにチラホラ見かけます。

無難を責めるならジーンズはやめた方がいいと思います。ジーンズではなく黒や白を履いていきましょう!青以外で♪

 

Writer: 
パパ活2年目、30代後半。20代は銀座のホステスNo,1でした。29歳で銀座をあがり婚約破棄など色々あり、その後ご飯だけのパパ活をしています。

ベルの記事

関連記事

 ラブホスタッフ上野

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる