2021年8月30日
今月: 276 views | 全期間: 276 views

海外でパパ活

自己紹介

 

みなさん、はじめまして。

都内で営業事務として働く内田mgです。

大学から上京し、学生時代はキャバクラ、社会人になってからは副業として時々キャバクラのヘルプやガールズバーで働いていました。
海外旅行が趣味で、ワーキングホリデーを利用して海外に住んでいた経験もあります。

現在ナイトワークはしていませんが、「パパ活」という言葉が流行る前からパパ活をしていました。これから私の経験や友人の経験をご紹介していけたらと思います。
今回は私がワーキングホリデー(以下ワーホリ)で海外にいた頃にしていた「パパ活」についてお話したいと思います。

 

海外でのパパとの出会い

 

私がパパに出会ったのはワーホリで海外に来て間もない頃でした。
現地語は大学時代に学んでいたものの、実生活で使う場面がなかったのであまり自信がなく、海外生活も初めてだったので不安な日々を送っていました。

そんな時、私の通っていた語学学校でできた日本人の友人に「日本人が集まる飲み会があるから一緒に行こう」と誘われました。
飲み会には30~50代の男性がおり、女性は私と友人の二人だけでした。

男性陣は日本の企業からこちらに赴任している現地駐在員で、在住歴の長い方が多かったです。
友人はバイト先の日本食店でこの日本人コミュニティーの方々と顔馴染みになり、度々飲み会に誘われ参加していたそうです。

私のパパはこの飲み会メンバーの最年長の50代で、主催者的存在でした。会社役員をしており、現地語も堪能で“頼りになるおじさん”という第一印象でした。
見た目は恰幅のいい、どこにでもいるおじさんでしたが清潔感があり、嫌な印象はなかったです。

その後何度か飲み会に呼ばれるうちに、私と気が合うと思ってくれたようでパパから個人的にLINEがくるようになり、二人で食事に行くようになりました。
パパも現地駐在員でしたが、家族は日本にいる単身赴任者だったので、私も初めてのデートにもあまり抵抗がなかったです。

 

身体の関係は?

 

私のワーホリ期間が終わるまで、パパとは週2、3回ほど二人で会っていました。
基本的にはパパから「会おう」と連絡があり、デートする感じでした。

お金ははじめてデートをした時から「交通費」として出してくれました。
身体の関係はというと……ありませんでした。

パパには私の他に現地人の彼女もいたので、そちらではあったのかも知れませんが、私は特に求められることもありませんでした。

一緒に食事をしたり、お酒を飲んだり、パパの買い物に付き合ったり、そんなお付き合いでした。パパと出会った飲み会メンバーの中にもパパ活をしている方もちらほらおり、その人たちとダブルデートをすることや、パパの現地の友人のパーティーなどに一緒に出席することもありました。

ダブルデートでは他のパパの彼女と仲良くなったり、現地人の知り合いもパパ経由で増えたりしたので楽しかったです。

 

いざという時頼れるパパ

 

先に書いたようにパパは在住歴が長く、現地語も堪能だったので、金銭面だけでなく色々と助けられることも多かったです。

ワーホリ中はアルバイトができるのですが、そのバイト先もパパが知人を紹介してくれたり、歯が突然痛くなって病院に行く時もパパが連れて行ってくれました。

言語が学びたくてワーホリに来ていたのも知っていたので、パパの知人の現地人とも仲良くなれ、私にとってパパと出会って良かったことが多かったです。

 

ワーホリパパ活のススメと注意

 

実はそもそも私とパパが出会った飲み会に連れて行ってくれた友人も、日本人コミュニティーの中にパパ(私のパパとは別の人・日本人・40代未婚会社役員)がいたのですが、彼女の場合は身体の関係もあったそう。

また、彼女のパパの場合は他の男性との交際はNGなどの決まりもあったようなので、必ずしも良いことばかりではないのかも知れません。
私の場合唯一大変だったのは、パパの現地人彼女に私の存在がバレないようにしなければならなかったくらいです。

ワーホリから帰国してからはたまにパパと連絡を取っていましたが、段々と回数が減り、現在は全く連絡を取っていません。
後腐れなくお付き合いできたので、ラッキーだったのかなと思います。

私個人としての良いパパの見分け方は

・既婚でも単身赴任で海外にいる
・現地生活歴が長い
・会社役員または自営業系
・他の日本人からの人望が厚い・知人が多い

そんな方だと安心してお付き合いしやすいかな、と思います。

海外でパパ活に興味がある方は日本人サークルに属してみたりするだけでなく、出会い系アプリなどで出会うのもアリだと私は思います。
また、現地のキャバクラやラウンジだと日本人パパだけでなく、外国人パパにも出会う可能性もあります。

国によってはパパ活専用の掲示板・交流サイトなどもあるのですが、複数人に暴行を受けた・奥さんにバレて裁判や警察沙汰になった、などトラブルに巻き込まれることもあるそうなので、内容の詳細確認や相手の素性などにも十分に気をつけてください。


自分に合った方法で、素敵なパパに出会えるようにしましょう。

 

Writer: 
ナイトワーク(キャバクラ・ガールズバー)&パパ活経験者。 自分や友人の経験を書いていきます。 趣味は海外旅行と夜カフェ巡りです。

関連記事

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国主要都市に配備】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡

► 入会のご案内はこちら

受付時間:9:00 ~ 22:00 無定休