2021年8月31日
今月: 212 views | 全期間: 212 views

ナイトワークでパパ活

 

みなさんはパパを何で見つけていますか?

ユニバース倶楽部のような交際クラブや出会い系アプリなど、現在はさまざまなツールでパパを探すことができると思います。

私の学生時代にもそういったツールもあったのかも知れませんが、私のパパ活は基本的にアルバイト先のナイトワーク(キャバクラ)を通してでした。

今回はナイトワークを通してのパパ活についてお話したいと思います。

 

キャバクラのシステム


まず、キャバクラの簡単なシステムについて。

キャバクラのお客さまは指名・場内指名・フリーと3つの種類があります。

指名客は自分を指名して飲みに来てくださるお客さまで、お客さまの使った飲食代は全て自分の売り上げになり、そこからポイントや時給に換算され、お給料に反映されるシステムです。

場内指名はお客さまの飲食代は売り上げにはなりませんが、指名料はポイント換算やボーナスとして換算されます。

フリーというのは指名の女の子がいない状態のお客さまで、何分かごとに次々と女の子が交代します。気に入ってもらえればその場で場内指名をもらいます。

店外デートは「同伴」と「アフター」があり、「同伴」はお客さまと一緒に食事をしたりなどをしてお店に出勤すること、「アフター」はお店が終わった後お客さまとそのまま出掛けることを指します。

 

パパ活に繋げるには?


私は安定した収入が欲しくてキャバクラで働いていたので、基本的にキャバクラのお客さまはお客さまとしてお店に来てもらっていました。

交際クラブやパパ活アプリを利用しているパパはおそらく“水商売のプロ”のような方よりも、普通の女の子を求めている方が多いのではと感じます。

私の場合は“キャバクラでバイトをしている学生”という立場だったのが、指名客とパパ活、どちらにも需要があったように感じます。

キャバクラのお客さまでも同伴やアフターではなく、お店関連なしでデートに誘ってくる方がたくさんいます。それはお手当ありだったり、なしだったり。相手の見極めが必要です。

私は指名客の中でも、自分が信頼できる・ひょっとしたらお手当くれるかな?という方とはお店がない日でもデートをしていました。

お小遣いをくれた方とは度々出掛けるようになり、その後“パパ活”のような関係になっていきました。

 

また、フリーで来たお客さまでも連絡先を交換し、その後やりとりをしてパパになってもらったパターンもあります。

キャバクラの雰囲気や接客が好きではなかったり、ただ付き合いで来ただけの方やお酒が好きでないなど、どちらかというとパパ活向きなのはフリー客な気がします。

なのでナイトワークをしている方はどこにパパ活のチャンスがあるかわからないので、指名にならなそうなお客さまでも連絡先交換とこまめなやりとりをすることをお勧めします。
 

大人の関係について


私は指名客でパパをしていてくれた方とは大人の関係は持ったことはありません。

あくまで、キャバクラのお給料プラスαな収入という気持ちだったので、大前提としてお店に来てくれることが一番大事でした。

大人の関係ありで稼いでいるキャスト(キャバクラ嬢)もいましたが、長く続く営業方法ではないと私は感じていたので、それはしたことがありません。

フリー客として出会ったパパに関しては、大人の関係がある方も中にはいました。

関係を持つきっかけは大体、何回かデートをしてお小遣いをもらっているうちにあちらから大人の交渉があって、自分が納得する金額・生理的に嫌な方ではない場合OKしていました。「お小遣いをあげているからそろそろ身体も…… 」と言ってくる方もいましたが、そこは自分の条件をはっきり伝えました。

パパ活=大人の関係込みと思っている男性も多いので、そういった交渉をされた際は流されずに断る・条件を伝えましょう。一回でも流れに流されて関係を持ってしまうと後々面倒なことになるので、はじめにちゃんと伝えることが大切です。

中にはやってみると身体の相性の良いパパもいて、大学を卒業した後も関係が続いたパパもいました。社会人になってお互いにスーツ姿でホテルに行った時は新鮮でした(笑)
 

キャバクラとパパ活のメリット・デメリット


今思い返すと当時は学生だったので、“学業”を理由に同伴の日時を決められたり、アフターを断れたりしたのは良かったです。

社会人になってからはガールズバーで副業をしていましたが、アフターに誘われた時に「明日学校だから」と「明日仕事だから」だと、前者の方が何故か許容されやすいんですよね。

その他、キャバクラとパパ活、両方を経験してみて感じたメリットをまとめてみました。

【キャバクラのメリット】
・時給制・完全歩合制なので収入が安定する
・店内にいる限りは危険な目に遭う可能性が低い

 

【パパ活のメリット】
・ノルマがない
・自分で条件を決められる
・会う相手を事前に選ぶことができる
・拘束時間が短いので好きな時間にできる
以上です。

 

最近ではコロナの影響で現在は営業できていないキャバクラのキャスト(キャバクラ嬢)もパパ活界隈に参入してきているようです。

ナイトワークとパパ活、どちらかで悩んでいる方がいらっしゃれば、一度両方を試しに経験されてみてはいかがでしょうか?
 

Writer: 
ナイトワーク(キャバクラ・ガールズバー)&パパ活経験者。 自分や友人の経験を書いていきます。 趣味は海外旅行と夜カフェ巡りです。

関連記事

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国主要都市に配備】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡

► 入会のご案内はこちら

受付時間:9:00 ~ 22:00 無定休