2020年11月13日
今月: 206 views | 全期間: 206 views

コロナ中は、パパと愛を深めるチャンス

毎日、コロナで何人亡くなったとか、何人感染したと言うニュースばかり。 
 
特に、ラインニュースに関しては、無視しててもそんな話題がどうしても目に入ってきます。 
 
正直、うんざりしてる人って多いし、いつまで続くの?って感じてる人がほとんどじゃ無いかと個人的には思う。 
 
世の中では、会社のリストラや、それこそ会社自体がなくなっているのも現状。 
 
私が、いつもパパと行っていたお店も先日閉店した。 
 
凄い残念。 
 
そのお店は、パパのお気に入りで、気取らない和食屋だった。 
 
でも、どうしても店内が狭いため、客足が遠退き結果閉店になったらし
い。 
 
私は、そもそも、パパ活をしたきっかけは夢があった。 
 
それには、資金が欲しかった。 
 
その手っ取り早い方法が、パパ活だった。 
 
本音を言うと、それ以下でもそれ以上でも無い。 
 
お金が、目当てだった。 
 
あわよくば、コネも手に入ると思っていた。 
 
でも、実際に人間ってそんなに割り切れるものでは無い。 
 
交際クラブで、パパを紹介してもらって、一緒にいる時間が増える事によって自分の中でセーブしていた愛着が湧いて止まらなくなったのも本音。 
 
だから、こう言ったコロナ騒ぎになって尚更パパと会えないもどかしさがキツくて仕方がない。 
 
多分、パパ活してる女性で、ある程度時間を費やしてる人で、こんな感情になってる人は少なからずいるはず。 
 
勿論、金銭面もそう。 
 
会えない時に、パパにお小遣いを頂戴。 
 
私はこんな事は、口が裂けても言えない。 
 
それ以上に、パパと会いたいと言う気持ちもある。 
 
でも、人間、会えない時間が続くと熱が冷めてしまう場合も多々ある。 
 
コロナが憎い。 
 
そう考えてる私は、おかしいでしょうか?とパパに言った事もあった。 
 
そんな時、パパが言ってくれた一言で自然と納得した。 
 
こう言う時期だからこそ、何事もチャンスに変えていけるのが成功者だよ?と言ってくれた。 
 
私の頭では、理解は出来たけど、それを行動に移すとなるとどうすれば?と疑問も残った。 
 
そこで、私はある回答を出した。 
 
どうしたら、コロナ中で普通に会えない状態でも、熱を冷ます事なく、上手くパパとやっていけるか? 
 
私なりに考えて工夫した。 
 
それを、ここでお伝えできればと思う。  

会う回数より自分の存在をもっと前面に出す 

実際に、これはどう言う意味か?と言いますと。 
 
コロナ騒ぎの前までは、正直週2〜3位で夜は会っていました。 
 
勿論、月で考えたら11〜12回ほど。 
 
多分、これが私がパパと会う平均的な時間を過ごす時間。 
 
会っていた時間帯は、夜の19時〜って感じでした。 
 
日によっては、ホテルに泊ったりもあったかな。 
 
周りに聞くと、多い方らしい。 
 
でも、毎回お泊まりではなく、日によっては2時間ほど食事をして解散なんて日も多くあったかな。 
 
でも、コロナ騒ぎになってからは、月に二回会うかどうかって感じになった。 
 
勿論、お手当も、流石に会ってないので、今まで通りとは言えず3分の1程度で交渉した感じです。 
 
パパを満足させていないのに、そのままお手当をもらうわけにはいかない。 
 
そこで、私なりに考えたのが、マメな電話でした。 
 
とにかく、一日置きくらいで、ゆっくり電話で話せる時間を私は作りました。 
 
時間帯は、22時くらいから。 
 
勿論、テレビ電話でそれも、寝間着だったりちょっとしたコスプレしたり等。 
 
いつもと違う雰囲気でパパとコンタクトを取るように心がけた。 
 
本来なら、こんな事パパにしたことありません。 
 
そして、求められた事もない。 
 
最初は、パパもかなり狼狽えてました。 
 
そこには、笑が起きる事もたびたび。 
 
すると、だんだんパパからこういった格好して見せて?など要望が来るようになり、それはそれで、お互い盛り上がりを見せていく場面も増えていった。 
 
うん?もしかすると、コロナ騒ぎのお陰でパパと違うプレイ?いや、違った愛情表現が生まれた?と冗談ぽく話したら、パパも納得して笑顔で答えてくれたのを覚えてる。 
 
もしかして、パパが言っていた、チャンスに変えるってこう言うニュアンスのことなのか?とは自分で理解をし始めていた。 
 
そのまま、私はコロナ中は、もっと他にやり方あるのでは無いか?と突き詰める事にした。 
 
それが、パパに対しての愛情表現にもなると思ったからだ。 
 
そして、会っている時より身近に感じてもらえるのでは?と思ったからです。  

長電話が良い 

私は、普段友達との電話では平均15分程度。 
 
それこそ、パパとのやり取りもコロナ前は、用件のみだったので3分程度だった。 
 
でも、コロナの騒ぎになり、今では平均通話時間が2時間。 
 
私の中でも、驚きだった。 
 
えっ?そんなに話してるの?くらいだったし時間もあっという間だったと言うのが私の率直な感想だったかな。 
 
逆に、長電話は、パパのお歳になると面倒臭がられるかと思っていたけど全くの逆。 
 
凄い、喜んでくれていたし、今も凄い喜んでくれている。 
 
それこそ、たまに会うと今度インテリア見に行こうか?と普段話さない話題まで会話で出たりする。 
 
こんなインテリアあれば、きっと部屋にマッチすると送ってくれたりなどもあった。 
 
お手当にもしてもそう。 
 
いつも、パパを気にかけてくれていてありがとう。 
 
って言葉と一緒に、お手当足りてる?会えてないけど、これだけテレビ電話で頑張ってくれてるし、金額戻そうか?くらい言ってくれたりする。 
 
流石に、私は気を遣う事を覚えたので、お手当はまた実際に会えるようになったらまた交渉させてとお断りをしました。 
 
でも、それくらい効果があると言う事が実感できた自分もいたかな。 
 
今は、ラインでプレゼントも送れる。 
 
もし、欲しい物があったらテレビ電話でパパにおねだりする事もあるかな。 
 
すると、パパも今まで不慣れだったネットを見るようになってくれて、たまに自宅に直接送ってくれる事もある。 
 
それよりも、やっぱり沢山会える事が最前提だとは思うけど。 
 
実際に、コロナ騒ぎになり、ななかな会えなくなり、少しばかり工夫した事により話題が増えた事も事実としてある。 
 
いつも、生活面含めお世話になっているパパ。 
 
女性側から、少しずつでも工夫をしていく事は大事だしそれが、自然とお互いの愛情を深める事につながる事を今回のコロナ騒ぎで私は知っ
た。 
 
是非、パパ活してる女性に一つの選択として、長電話を入れて欲しいと思う。 
 
パパは、基本面倒を見てるこちらの顔をいつでも見たいはずですよ。  

嶺 久美子
Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

関連記事

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国14拠点】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡・沖縄

► 入会のご案内はこちら

受付時間:9:00 ~ 22:00 無定休