2022年3月17日
今月: 36 views | 全期間: 247 views

【70代パパ様】との物語 〜出会い編〜

こんにちは。

40代、笑顔の可愛い主婦のRuriko(瑠璃子)です。

 

さてさて、普段の生活を普通に送っていたら・・・

主婦の私は、【パパ活の世界】なんて知らずに、一生を過ごしていたと思います。

今日は、私に【パパ活】という世界を教えてくれた【70代パパ様】とのお話をします。

 

はじまり、はじまりーーー!!(パチパチパチパチ、拍手)

 

 

70代パパ様との【出会い】

私は20代の頃、地元のショッピングセンターで受付のお仕事をしていました。

館内案内や放送、イベントでは司会などもさせて頂き、華やかでとても楽しいお仕事でした。

そのとき、テナントで入っていたお店の社長様(以下、K様と呼ばせていただきます)とお知り合いになりました。

K様は現在70代で、お会いした当時は60代です。

K様の会社でイベントがあると聞いて、その内容に興味を持った私は、

「行ってみたいです!!」とお願いして、参加させて頂きました。

K様は私の好奇心旺盛で明るい性格に好意を持ってくだり、このイベントをきっかけに仲良くなりました。

私は約3年間この仕事をして、2回程、この会社のイベントに参加しました。

また、お店でK様にお会いするといつも元気に声をかけて下さり、いろいろお話をする仲でした。

 

 

15年ぶりの【再会】と【告白】

それから15年の時が流れて・・・

息子があることにに興味を持ち、そのこととK様の仕事が関連していたので、何か情報を頂けたら息子も喜ぶだろうと思い、K様の会社の電話番号を調べて、久しぶりに連絡をとってみました。

K様は20代の頃の私のことをよく覚えていてくださり、その場ですぐに日程を調整して、お会いする約束を頂きました。

 

 

そして再会の日。

食事をしながらお互いの近況をお話しする中で、K様は私にこんな告白をされました。

 

「実は君のことが、ずっと気になっていたんだよ」

「僕は君に元気になって欲しい。僕が君の話をを何でも聞くよ」

「君のために何でもする。僕は君をサポートしたい」

「君の行ってみたいお店でいいから、時々、一緒に食事をしたい」

 

お互いに既婚者ですし、私も始めはこの告白に少し戸惑いましたが、私の中でK様に対してはっきりしていたことがあります。

「15年前と変わらず優しくて信頼できる方」

「仕事でも大成功されていて、尊敬できる方」

「70代でも、現役で活躍されていて健康で意欲的な方」

 

私はそんなK様を魅力的に感じていました。

また、K様がアラフォーの私に好意を持ってくれたことが、正直、嬉しかったです。

 

そう。前回のコラムの中でお話しましたが、

/female/8600/

 

『君は原石。だから磨けばダイヤモンドになる』

そう私に言ってくれた3人のうちのもう1人の人物が、K様なのです。

 

 

これって【パパ活】??

こうして、私はK様とのお付き合いを始めます。

 

①私の住む隣街のショッピングセンターの駐車場で待ち合わせ

(車で2時間ほどかけて、K様が会いに来てくださる)

②私がセレクトした高級店でランチをする

③K様の高級車でドライブしたり、お茶をする

④お土産にケーキやお菓子を買ってくださる

 

これって、今思えば、完全に【パパ活】の交際の流れですよね。

でも当時の私はまだ、【パパ活】というワードを知りません。ですので、【パパ活】の認識は全くありませんし、お手当も当然、もらっていませんでした。

私の中では、【知り合いのおじ様とのお友達感覚での楽しいデート♡】でした。

節約主婦で普通の生活を送っている私にとっては、高級店でお食事ができたり、高級車に乗せて頂いたり・・・

日常では、決して味わうことのできないような夢のような特別な時間でした。

もちろん、この時はまだ大人の関係はなしでした。

こうして月に1〜2回お会いすることが、約半年程、続きました。

 

 

【家族で会いに行く】ことに

あるときK様が

「君の子供が喜ぶだろうし家族で会社に遊びに来たらいいよ。僕が案内するから」

と、言ってくださり、私と主人、息子の3人で遊びに行きました。

会社を案内されて、近くの関連する施設にも見学に行きました。その移動の際(5分ほどですが)には、K様の高級車に息子も乗せて頂き、大喜びでした。

そして、その施設で一緒に家族皆でランチもご馳走になりました。

 

主人も息子も、とても喜んでくれて、私もその笑顔を見れて嬉しかったです。

家族で楽しいひとときを過ごせたことに感謝して、帰宅後、K様にお礼のメールを送りました。

すると、こんな返事が来ました。

 

「やはり、君のご主人には会うべきではなかった」

 

 

えーー??

K様が会ってもいいと言ったのに・・・

どうゆうことですかーーー!!!

 

次にK様にお会いした時に話されたのは、私の主人と会ったことで、私は主人のものなんだと感じてしまい、なんだか寂しく感じたんだよね・・・

とのことでした。

 

そんなこと言ってもらえるなんて、K様は、私のこと大好きなんだなーーー♡

と、かなり自惚れちゃいましたね、笑、笑。

とにかく、主人とK様が顔を合わせたのはこの1回だけなんですが、このことが、主人にとってK様は信用ある方として位置付けられ、のちの私の【パパ活】の、手助けとなります。

 

そしてそして、いよいよ、K様より【お泊まり】のお誘いを受けます。

はたして【大人の関係】に発展するのか?

長くなりそうなので続きはまた、次回、お話しさせて頂きますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

あなたにとって素敵な出会いがありますように♪

あなたの人生が益々、輝きますように♪

あなたが主役の人生を生きられますように♪

 

 

 

Ruriko

はじめまして。パパ活歴4ヶ月、夫婦円満の40代主婦です。 【今を楽しむ、人生を楽しむ】をモットーに、パパ活を通して学んでいることや、コントみたいなパパ活体験談をお伝えしていきます。

関連記事

 ラブホスタッフ上野

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国主要都市に配備】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡

► 入会のご案内はこちら

受付時間:9:00 ~ 22:00 無定休