2022年11月7日
今月: 336 views | 全期間: 336 views

初オファーからデートまで【1日目】

今回は 記憶が薄れていく前に

私の初デートの記憶をここに残させていただこうかと思っています。

コラムのために、日記にならないようにしたいとは思って記載いたしますね

付随効果で、こんなデートがあるんだ!しているんだ!こんな流れでオファーがあるんだ!

と、何か発見?がある記事になったら嬉しいです。

最後にレターデートについて「ぽたしうむ」的にまとめてみましたので、

参考になればどうぞ!

ユニバース倶楽部でのパパとの出会い

初めてのオファーとパパとの出会い「レターデート」

ユニバース倶楽部のオファーには女性から見ると

「オファー」「レターデート」 のどちらかでパパ活が始まるイメージが私にはあります。

私の今のパパとのスタートは「レターデート」です。

レターデートとは?という方はここをクリック(ユニバース倶楽部HPに飛びます)

そして、初めてのオファー(レターデート)が今のパパです。

1日3~5通ほどでレターデートを始めました。(確か)

え~っと。。。。5日目くらいしてから私は、

「あ、これ フィーリング合うわ!会ってみて清潔感があって、言動が気にならないような男性だったら交際ありかもしれない!」

と思ったため、初めてお会いした際も大人の交際も視野に入れているという内容を匂わせて連絡をしていました(笑)

※後からパパにこの話をしたところ、なんとなく同じような感覚があったそうで既に当日のホテルの段取り~お手当ての詳細まで考えていたようです。お互いに探っていたあの頃が懐かしいですね!

いざ!ご対面!!「人の印象はメラビアンの法則」

レターデートの際に

「お店の場所」「予約」「集合場所」「流れ※」「当日の恰好」「お手当て(金額)について」

を教えていただいていたので

なんとなく 不安は軽減されて会うことができました。

某駅でエスカレーターを降りているときに、パパかな?と思った人をみつけて

『想像よりも断然ありよりのあり!清潔感すごっ!むしろ、なんでパパ活しているのか?』と

内心不思議に思いました。

ぽたしうむ的には、

生理的に無理な人は無理なので そこを越えてまで交際をしようとは思いません。

最初から無理と思ったら無理!

 お食事デートの相手 ≠ 性行為の相手

※レターデートでご案内していただいた流れは

集合場所(駅)からまずは軽くお茶、お店に一緒に向かうところまでの説明です。

【駅で待ち合わせ!? と思われた方】

私はここには特に全く不信感を感じなかったです。今コラムを書いてて気づいたくらいです。

通常はホテルのラウンジじゃないの?と思うかもしれませんが、レターデートをしたことで 心配や不信感 がなくなっていたということでしょうね。

で、当日どうなった?何を話す?

結論からいいますと

駅で集合後、一緒に近くのホテルのラウンジに向かい軽くお茶、お昼御飯、ホテル、解散

【軽いお茶での会話内容】

レターデートの際にお互いに、当日話すためのネタを小出しにしていたため、主にその内容の答え合わせとお互いのことで盛り上がりました。

【お昼御飯の時の会話とお手当てについて】

カウンタータイプ(角スペース)のお鮨屋さんでした。着座後、寿司職人??さんがカウンターから離れたときにカウンター下で封筒を頂きました。

こしょこしょ話で中にどれだけ入っていて、

内訳についてもご説明頂きました。

食事中の会話内容は軽いお茶の時の会話の続きですね。

【ホテル/ホテルへの誘い方とお手当てについて】

店内の人気(ひとけ)が少ない出口付近の廊下で、この後「ホテル一緒にお願いしたいです!」とお願いされました。

あの時のパパは ちょっと緊張していたようで可愛かったです(笑)

既に大人の交際でのお手当ての話はレターデートで出ていたため私も大人の交際(ホテルにいく)をするつもりになっており

「はい、こちらこそよろしくお願いいたします」

とのことでお返事をさせていただきました。

ホテルに入室後、パパから 今後継続的なお付き合いをしたいとのことでデスクでお話しました。

今日の大人の交際のお手当てと月極にしたいとのことで(月に最大2回予定で)

封筒に入ったお手当て(お金)をパパが自分で 

封筒からお金を出して金額確認をしてくれました。

ここで個人的にすごい準備のいい人だなと思ったのは、

私がお断りをした時のために全て交渉内容?ごとの金額を分けて封筒に入れてあったことです。

私から大人に誘うこともなく、

金額について確認することもなくスムーズな流れだったと思っています。

私は個人的なポリシーでその場で封筒の金額確認はしないため、金額に関しては特にどうにでもなれ~!という感じで、

どちらかというとこの気遣い??と

レターデートの対応・当日のデート・お手当て(お金)の説明がスムーズだった点や、

私が初めてお会いする倶楽部の男性だったこともあり特に何も不満はなかったです。

きちんと女性が断った時にも目の前で減額だったりすることもなく、封筒で すべて小分けにしているところが今後の交際もしっかりしていそう という印象でした。

むしろ、「性行為してないのに月極提案してきて大丈夫か?」と思い、確認をしたら

それが全てではなくフィーリングがめちゃくちゃあったからという事で

それもちょっと嬉しかったです。

【その後の対応について】

私は帰りの電車でお礼のLineをし、パパからもお礼のLineが届きました。

そして、今でも交際に至っています。

 

レター(メッセージ)デート の あれこれそれ

ここから先は 私のパパからの聞いた話など振り返ってみてパパの意見も踏まえてレターデートについての あれこれそれを記載します。

ぽたしうむ+ぽたパパ論的なものなので、賛否両論あるかと思います故、参考までに 暇つぶしでご覧ください

 

①ぽたしうむ的レターデートが向くと思う人

レターデート(メッセージデート)は質問箱を見ている限りだと、やはり、男性の判断でお手当て(お金)が発生しづらいこともあったりで女性によっては、敬遠される方も多そうなイメージはあります。

チャットをしたり、相手がどんなタイプか知ってから会いたい方には私はお勧めします!

この段階で連絡頻度もつかめる部分もあるため、

今後長期で交際ができるか、負担にならないかの判断基準にはぴったりです。

レターデート(メッセージデート)は長期交際のためにの時間の事前投資(金じゃない投資)みたいなもの?かもですね!

②最初のメッセージの例文について

これは私も大変悩みました。

結論から言うと、相手を不愉快にしない内容ならばテンプレ通りでも

オリジナルでもどちらでも大丈夫かと思います。

パパ(レターデート中心でオファーすることが多い)からレターデートの感想を聞きましたが

1通目の内容はあんまりどの女の子でも差は生まれなかったらしいです!

私は、ファーストインプレッション大事だと思って、頑張ったのに~。。。。悲シス~

ただ パパ曰はく、レターデートを重ねていったら、

例文を提示されているということはすぐわかるから、

後々私の文章を読み返してやっぱり他の子と違ったと感じたそうです(笑)

パパいいこというやん!!

なので最初のメッセージに自信がないならばテンプレ通り、

少し色を出したいならば、オリジナルでいけばいいのではないかなって感じてます。

どちらのメッセージにしても

お礼や感謝の言葉だったり、相手を気遣う内容は入れたほうがいいとは思います!

③連絡頻度

「返信が来ない」「返信がなくて心配」「返信がめんどくさい」は勿論あると思いますが、

これは自分と相手次第です。だから、どのくらいがいいってお伝えはできないと思います。

今までオンライン上でもお付き合いした方とか色々いらっしゃるのですが、

パパ活関係なく相手のペースに合わせるか、

相手のペースに合わせずともお互いのペースを尊重する

が一番の無難解決方法かと思います。

前者の場合は必ず後で歪みが生まれて、揉めますから後者が一番私はいいかなって!

だから line頻度でパパと もめた時ははっきりいいます。というか結構揉めますね(笑)

④連絡手段 

ユニバース倶楽部では連絡方法が3つから選択できますが、

私は初回はSMS(ショートメール)、お会いした後はライン(Line)という形で

自分で決めれるときは決めています。

相手から指定があった時には、

相手の指定の方法で連絡を取ります。(これでオファー減らしたくないから)

Lineの場合は本名がバレる、特定されるという危険性があるのも事実です。

パパから聞いた話だと、ラインの名前をスタンプやあだ名だと

地雷系女子かパパ活上級者なのでやはり警戒するらしいですが(笑)

私の場合は本名の苗字のみにしていますが、名前だけの人もいますし、

Lineには本当の友達や家族もいることでしょうから、パパ活をしているのを疑われることがないように

名前か苗字のいずれかが一番無難な選択かと私は考えています。

Line@という方法がありますが、

倶楽部では利用が確か禁止されているので私は使用していません。

パパ活のアプリ・サイトによっては、そのようなLine@を利用する方法もありですね。

それか携帯を2台持ちしましょう!

ここでちょっと個人情報について個人的な見解を言うと

生年月日、名前を漢字フルネームでお伝えしなければ

特定をするのは一般人には結構大変かなと思います。

※珍しい名前や苗字、企業をしている、wikiにのっている、ネットに自分を特定する情報をたくさん出している人の場合は例外ですが。

上記の個人情報を考えると名前以上に Lineのアイコンにも要注意ですね!

地元とかあまりアイコンやVoomに上げないほうがいいです(笑)、

過去にLineに上げた自分や友達との写真も要注意ですね。

 

まとめ

レターデートは相性を見るには良いこともあり!

第一印象はメラビアンの法則、諸刃の剣がレターデート!

※勿論、レターデート内で賺したイケイケキャラでいくと後でギャップでひきますが

私はパパとあえて幸せです!(笑)

ちなみに 良いパパに出会わないこともある可能性はしっかりあるパパ活ですが、

ただ「会うと決めたのも自分」「継続しているのも自分」全部自分の責任においてしていることなので、

私はたとえ 尋常じゃないやばいパパにあったとしても 同情はされたくないです。

だって 同情をする人って、第三者で分かったふりしながらも、ある意味「可哀そうだね」という上から目線で

判断をしてきているのですからね。

自分の選んだ決断に同情されるって、すごくみじめなことだと思うので、

同情を乞うのではなく、そこから学び取った経験を話して、盛り上がりたいと思うのです。

同情は優しく見えて、実は最強のマウンティング! だと私は思っています。

だから。もしかしたら 私のパパ活ライフを見てネガティブがない?嘘つき!と思われる方が

いらっしゃるかもしれませんが、私には自分の決断と行動は責任と自身もっているため

同情されるような内容がうまれないのです。イラっとすることがあっても、「お互いに相談して解決する」こういう歩み寄りが

パパ活とか関係なく、人と交際をすることにおいて一番大事だと思っています。

まぁ、拒否られたら、私も引きますけどね、歩み寄るつもりがない人とはお付き合いしませんし(笑)

質問箱はどうしても、情報や意見をお渡しする場所なので、読みづらいと言われれば改善するように 努力はしますがね。。

 

今回ははパパとの出会いとレターデート(メッセージデートについて)について

ちょろんと書いたため、こう おりゃあああああ!って感じのノリはありませんが

いつでも このノリは疲れちゃいますからね!

ご愛敬!ということでおゆるしを~!

【次回】パパと2日目デート!ゲームで素と演技力を暴露~

   か何か。

顔面カースト下位のOLがはじめるユートピア パパ活。 お金は大大大好きだけど、お金に溺れない自己啓発に近い...そう!全部自分のための記事なのよ!

ぽたしうむの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる