2022年12月15日
今月: 13 views | 全期間: 220 views

パパ活する女性は必見のクリスマス

毎年、必ずと言って良い程くる何回かのイベント。

私の中では、ホワイトデーとお誕生日とクリスマス。

この、3つのイベントはとにかくアツい。

理由は、普段の私生活では、手に入らない物や、変におねだりする必要もなく、自然にプレゼントをパパから提案してもらえる非常に有り難いイベントだからです。

正直、パパ活をかなりやってる方は、生活レベルが上がってしまって、下げれないって方多いのではないでしょうか?お恥ずかしながら私もその一人。

タレントっぽい事をしてた時期もありましたが、かなり生活は厳しかった。

でも、パパ活をしてパパに甘える事で、いつの間にか生活レベルが上がってしまい、「これじゃなきゃダメ」的な我慢が少々できない性格になってしまった。

でも、裏を返せば、気持ちにかなりゆとりができたため、好きな事に時間を費やす事もできるようになり、尚且つ、周りに金銭面などで迷惑をかけなくなった。

それどころか、周りへの気配りなどもできるようになったと今では思えている。

そんな、少し余裕ができた私でも、やっぱりこのクリスマスと言うイベントは特別である。

普段、自分で買う物より、また一つ二つ上のランクの何かを希望する事が可能だからだ。

因みに、去年はブランド物のバッグを購入して貰った。

普段、自分で購入するバッグより、桁が一つ多いバックだった。

こう言う場なので、金額を言うと、200万ほどのエルメルのバックでした。(きっと、今は円安なのでもっとするかも)

これに関しては、本当におねだり等はしてません。

たまたま、パパとデート中に、別の女性が身に付けている所を見て、「あれ可愛いね」と言ったレベルで、それを覚えていてくれたんです。

自分が、手に入れる事ができるなんて思ってなかったから、本当に嬉しかったし、そう言った些細な出来事を覚えていてくれたパパに感激した。

ただ、パパ活する女性によっては、「そんな高い物どうやって私は買って貰えば良いの?」とか「頼みづらい」等ご意見はあるかと思います。(ごもっとも)

こればっかしは、本当にパパ次第的な部分は否めない。

パパの、「現在の経済力」もあるだろうし、どれだけ日々尽くしてくれてるか?的な部分もあるかと思う。

私は、クリスマスだからと言って特別何か尽くしたりとか、一切しない。

本当に、普段通りと言った感じ。

ただ、必ずと言って良い程やる事がある。

それは、何かを頂いたら、次回パパと会う時に絶対お返しをする点。

これだけは、必ず守っている。

所謂、一方通行の「相手から貰ったらそれだけで終わらせない」と言う事。

これだけは、どのパパにも今まで守ってきた自分ルール。(自分の品格を守るため)

今は、パパ活して、少しお金に余裕もあるので、お店でお返しを購入できたりもする。

でも、パパ活し始めた当初は、お返しをする余裕が一切なかった。

そう言った時は、お弁当など手料理を振る舞ったり、自分でお金をかけずに何か、できる方法を考えて、相手に還元していた。

今考えると、どのパパも生活が豊かな方が多かったので、女性からお金で買えない物をプレゼントされる方が嬉しかったのかも知れませんね。

私の、パパに対しての付き合い方はこんな感じ。

ただ、女性によっては、甘えるとか、ぶりっ子もそうだけど、こう言う行為も女性の武器なので私は問題ないと思う。(別にパパとの二人の空間だし)

きっと、パパによっては二人の中で何か話題ができる事自体が喜びだったりするので、基本満足して貰えれば良いと言うのが私の考え。

クリスマスでおねだりする相場は?

意外と、これはかなり大事な部分。

私は、上は見たらキリがない。

それこそ、マンションをプレゼントされたって話も聞いた事ある。

しかし、そう言う情報はかなりレアと思って良いだろう。

私が感じる、大体の相場は、20~40万円ほどかな。

勿論、高い物がおねだりできるならそれも良い。

ただ、そう言ういきなり高い物をおねだりして、長く同じパパと続いたケースを私は聞かない。

イベント時だからこそ謙虚さは大事なのでは?と思ったりする。

一人のパパと長く付き合ってると、信頼度と共に、必ずプレゼントの金額も上がってくるのが私の経験上の話。

これに関しては、個々でも付き合い方もあるので、断言は出来ない。

ただ、人として、最初からパパをわかりやすい感じで、扱うとすぐバレちゃうって話。

相手のパパも、わかりやすいお金目当てな感じだと冷めちゃうでしょ?だから、謙虚さって必要なのよ。(ここは、かなり重要)

パパへのお返しは必要?

これは、私の経験上必ず必要。

では、幾らくらいかければ良いか?

ここは、やり方次第。

先ほども言ったけど、パパ活し始めてお金がない場合は、手料理や、セーターなど手編みでもかなり喜ばれる。

もし、そう言うのが得意じゃないと言う場合は、ネクタイなど、小物で攻めても良いし、数千円でも良い。

しかし、渡す時が重要。

必ず、渡す時に、頑張ってパパのために買ったよ?的な一手間入れると貰った方も嬉しいでしょ?そう言ったあざとさは必要かも。

もし、パパ活で少し余裕ができた女性であれば、2割還元くらいで良いと思う。(私は、その位をお返ししている)

パパから、何か欲しいものない?と聞かれたら、必ず二回は申し訳ない感じを出す事も大事。

これは、作られた謙虚さかも知れない。

でもね、人としてストレートにお言葉に甘えていたら、「そういう子なんだね」と思われてしまう。

でも、何度か断る事によって、男性側も少しムキになり、必ず引かなくなる場面がきます。

そこで、初めてお言葉に甘える方が、渡す方も満足感が得られるわけです。

かなりの駆け引きに見えますよね?しかし、これは駆け引きではなく、大人の男性との付き合い方で大事なポイントなのです。

これから、皆さんにもやってくるクリスマス。

一度、私の方法をパパに試してみてはいかがですか?悪い方向には進まないとかと思います。

クリスマス=謙虚さ。

これを持ちつつ、素敵なプレゼントを頂いてみてはいかがですか。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる