2018年7月14日
134views

男の好み vs 女の好み

こんにちは、夏雪です。

こないだ父親と一緒にテレビを見ていると、ある女優さんが登場しました。

その女優さんを見た父親は言うんです。


「いやぁ~、〇〇さん、いつ見ても綺麗やわ~性格も良さそうやし」
 

それを聞いた私はびっくりしました。

「え、どこがそんなに綺麗なの?!性格、超悪そうじゃん!」

男の好み vs. 女の好みです。

特に、女性を見る時って、男目線と女目線って全然違ったりしませんか?

女性から見たら「あの子ブサイク」って思ってても、男性からめちゃくちゃモテる女の子っていませんか?

ということで、今日は、女性に対して憧れを抱くポイントを「男の好み vs. 女の好み」でご紹介します。
 

お互いに自分には「無い物」ねだり

おもしろいことに、

女性から見て、「あの女性、憧れる!近づきたい!」という心情と

男性から見て、「あの子、彼女にしたい!近づきたい!」と気持ちって、微妙に違うんですよね。

なにがその男女の感性のズレなんでしょうか?

男性が憧れる女性には、特徴があります。

特に女性らしい細やかな気遣いや癒しのパワーで包み込んでくれるような女性には素直になれるようなのです。

女性が男性に対して男らしさを求めるのと同じ心理じゃないかと思います。

お互いに自分には「無い物」ねだりです。

男性が憧れる女性の包容力は、慌てず、騒がず、落ち着いていることを指すようです。

例えば会話で、聞き上手だったり、『え? それでどうしたの?』と会話を続けやすくしてくれたり、絶妙なタイミングで自分が自信を持っていることを褒めてくれたりすると、男性は安心感を覚えるんです。

そして、男性は本能的に気を遣うことは苦手なので、愚痴や弱音ばかりこぼすマイナス思考の女性、常に体調の悪さを訴えるような女性、優柔不断な女性は嫌がります。

いつも心が健康で明るい雰囲気の子に信頼感を覚えるのです。
 

小悪魔的な女性に振り回されたい願望

また、女性の雰囲気にも魅了されるポイントがあるようです。

男性は常に女性に対してアンテナを張っています。

世の中にはたくさんの女性がいて、Sっ気の強い子から、甘えたのMな子もいるわけです。

男性だっていろんなタイプの女の子と接すると、心移りしてしまうんです。

ということで、シチュエーションに応じて、表情や態度を変えられる女性は魅力的なんだとか。

例えば、小悪魔的な女性に振り回されたい願望があるけど、上司の前と友人の前、2人きりの時の態度など公私のケジメはしっかりつけてほしいものです。

こう言う女性と付き合うと、マンネリ化しないので男性はずっとそばにいて楽しいと思ってくれるんです。    

それから、相手のことを何でもかんでも全て知りたがったり、自分のことをなんでもかんでも言いたがったりする女性はモテません。

それから、自分の栄光やかっこよさ、得意なことをアピール・自慢してくる女性もダメ!

男の本能は、探っても見えない部分がある方が冒険心と好奇心でくすぐられるんです。

全てをさらけ出すよりも、少々ミステリアスな女性の方が男性は近寄って来るのです。
 

外見に関しては、雰囲気が大事なんです。

男性にモテるための女性の雰囲気のポイントは、整った顔やスタイルではなく、清潔感がありいい香りがすることなんです。

男性は、香水の匂いやきつい化粧ではなく、ふと香るシャンプーの匂いとか、服からほんのり伝わる清潔な柔軟剤の香りなんかに敏感なんです。

男性が「この女いい女。近づきたい!」と思うポイントはざっくりこんな感じです。
 

手先の器用さなんかは憧れのポイント

では一方で、女性から見た憧れの女ってどんな姿なんでしょうか。

女性が憧れる女の特徴は、孤立を恐れず、自分のスタイルをはっきり持っていることなんです。

女性は、基本的に群がる生き物ですから、周りに同調したり、意見をはっきり言わない人が多いんです。

そんな中、バシッと自分の意見を言えて、自分をうまく主張できる女は、かっこいい印象を受けるんです。

それから、女性らしいことも大切です。

例えば、手先の器用さなんかは憧れのポイントですね。

裁縫が得意だったり、料理が得意だったり、字が綺麗だったり、素晴らしいスキルを持っている女性は、品が良く、センスがある女性に見えますね。

それから、女性にはファッションも大きな決め手になります。
服の着こなしがう上手かったり、自分なりのファッションスタイルを持っていたりすると素敵だなぁと真似したくなるものです。

あとはなにより、一緒にいて楽しい女性ですね。

話が上手だったり、笑いが絶えなかったり、友達にいつも囲まれている女性は、女性にウケます。

以上が、女性が憧れる女性像でした。
 

「女性」と言う生き物のことをいくら知り尽くしている

というわけでいかがでだったでしょうか?

女性と男性の女性に対する感情の違いは、


おそらく「女性」と言う生き物のことをいくら知り尽くしているか
 

と言う部分にあるような気がします。

男性から見た女性への憧れって、

結構、女性への理想や女性の概念、イメージと言われるところをついていると思うんですね。

一方て、女性から見た女性の憧れって、現実的と言うか、生活に密着していると言うか、リアルな姿を捉えていると思うんです。

結論から言うと、パパ活をするにあたって、男性ウケを狙うときは、
 


とことん男性の思う理想の女性に自分を近づけていくことが近道ですが、徐々に私生活での自分らしさも見せていくことで、男性も安心感を覚えてくれるのではないでしょうか?
 

そして、きっと、男性からだけでなく女性からも好かれる女性は、男性にとっても魅力的で話したくない存在だと思いますよ。



夏雪

夏雪
Writer: 
こんにちは、夏雪です。「夏に降る雪」って、なんだか強くて、儚くて、幻想的で、アウトローなイメージ…私のような20代の女性って、そういうイキモノだと思うんです。そんな夏雪が書くせきららな投稿を、楽しみに読んでくれたら嬉しいです。ちなみに、私の大好きな言葉は「秘密は女を綺麗にする」。ちょっとドキッてしちゃったでしょ?*

関連記事

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国14拠点】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡・沖縄
営業時間:11:00 ~ 19:00 無定休

女性の会員登録に費用は一切かかりません

► 会員登録はこちら