2023年10月20日
今月: 0 views | 全期間: 161 views

パパ活して得る物 Vol.3

 

人への伝え方

パパ活をしていると、どうしても同世代とのお付き合いと言う感じでは行きません。

私も、パパ活を初めてまもない頃、かなり軽い気持ちでパパとやり取りをしていたし、そう言う感じで良いと思っていた。

これは、今でもそうですがどのパパも、基本的には女性に気を使ってくれます。

きっと、パパ側からするとその方が女性側が打ち解けやすくて、甘えやすいと思ってくださっているのでしょうか。

特に、寛大な心をお持ちのパパは、甘やかし方が異常です。

だから、どんな女性も基本的には、打ち解けやすくて、何でも話しやすい環境にはなるかと思います。

でも、ここで忘れてはいけないのが女性の立場。

私たちは、パパからお手当をもらう立場なんだよね。

と言うことは、何かしらパパに対して恩返しをしなければ、もうそれはビジネスでもなんでもないわけです。

これは、私も以前経験したのですが。

パパは、基本的に優しい歳上の男性。

そして、こちらに気を使って甘えさせてくれる。

ここからが、大事な部分。

意外と多くの女性が陥り易い問題なんだけど。

気持ちの緩みでしょうか、プライベートで同世代とデートをしてる時と同じ感覚になりやすいんですよね。

勿論、パパは寛大で優しいから、それで良いよ?とは言ってくれます。

でもね、パパがそう気持ち良く受け入れてくれるのって、私の経験上、お付き合いして3~6ヶ月位なんだよね。

パパも人間。

だから、当然機嫌が悪い時もある。

そして、女性へ甘えたい時もあるし気を使って欲しい時もある。

長く付き合っていれば、当然の流れです。

そんな状況の中、かなり歳上の男性に対して、タメ語や汚い言葉遣いで、何かを伝えたらどう思われると思いますか?「君にそんな言われ方をされる筋合いはない」ってなりませんか?きっとパパ活内で、この言葉を実際に男性側から女性側へ直接言われることはないかも知れない。

でも、内心ではそう思うのではないでしょうか。

実は、私はこれを昔何度も繰り返していた。

当の本人は、たまにパパが「今日は不機嫌だなぁ」位は気付いていたのですが、何が原因か?全く分からなかったし理解をしようともしてませんでした。

だから、そのまま「今日は不機嫌な日だなぁ」位でパパの様子を見てました。

でも、ここで問題が勃発。

ある日、パパとお泊まりデートをした時に、パパからこう告げられた。

「〇〇ちゃんは、いつも歳上に対してそんな感じで会話しているの?そろそろ、言わないとと思っていたんだけどね。最初の頃は、別に気にしなかった。緊張してると思ったから、打ち解ける為にも、入り口としてそう言う同じ歳の感覚も良いかとね。でも、段々エスカレートして最近だと何か伝える時も、たまに品のない言葉が凄い混じってて、パパは少し心配だよ?」と言う具合に伝えられた。

私は、そんなパパにこう答えた。

「ごめんなさい。打ち解けれてると思ってプライベートな感覚で話しちゃってた。私が、タメ語を使う時は、安心してる時なんだよね。」と言う具合に、かなり痛い言い訳をした私。

正直、めちゃめちゃ考えましたね。

私、何してるんだろ~ってね。

きっと、どこかでパパ活を舐めていたのかも知れないし、仕事と言う感覚がなかったのだと思う。

でも、私はある意味ラッキーだと思ったんだ。

だって、そのパパはしっかり口に出して言ってくれたから。

他にお付き合いしていたパパは、一切そう言った事は言わなかったし、そう言う話題になった事すらない。

今考えると、平均の契約期間がかなり短かったから、私のそう言った言動が嫌だったのかなとは思った。

パパに対して、と言うより歳上に対しての言葉での伝え方など、そこから注意するようになった。

パパ活をしてなければ、多分こう言う思考回路になっていなかったと思うし、気を使うって行為自体、自分の中で見直すきっかけにもなった気がする。

後日、その注意してくれたパパと再度謝罪も入れながらお話ししたのだけど、思いの外溝は深かった。

その場では、仲直りしたけど、そこから1週間後に会った時、お互い変な空気になり、そこから契約解除になりました。

契約解除は、私から告げた。

私が謝った部分もあり、パパから言いづらいだろうなって感じたからです。

パパ活をしてなければ、ずっと私は誰にでもタメ語で話す人間になっていたと思うとゾッとしますね。

まず相手の話を聞く

パパ活をしていると、パパと色んな内容の会話をする機会があると思う。

そこで、女性個々でこれは性格もあるとは思うだが、自分の言いたい事を間がない状態で話すタイプの人っていませんか?そして、自分の話が終われば、会話を強制終了的な感じ終わらせる。

実は、私も昔はそのタイプだった。(お恥ずかしい)

なので、パパと会話をしていても、自分の言いたい事だけ言って、パパが話始めると全く話を聞いてないし、私の会話が終わった時点で、会話が終了している感覚なので、パパの話はどうでも良い感じでした。

本当に、失礼ですよね。

でも、パパ活している女性の中には、多分過去の私と同じタイプっているはずなんだよね。(今でも、パパからそう言った話を聞く時があるので。)

あれは、本当にダメで、パパ活をしている最中に、パパから「〇〇ちゃん私の話に全く興味ないでしょ?」と言われたのがきっかけだった。

そこから、パパが自分のこと話さなくなったんだよね。

そりゃー誰でもそうなる気がする。

なんだろう、どこかでスイッチが入ってしまっていたのでしょう。

それで、一方的に話してしまっていたのだと思う。

確かに、昔からそう言う類の話を同世代からも言われた記憶がある。

でも、同世代から言われても、あまり耳に入らなかったと言うか、気にしてなかった自分がいたから、そうなっていたんだと思うんだよね。

でも、パパ活を通して、そう言った部分も今では治す事ができたし、まず先に相手の話をしっかり聞く癖を付ける事ができた。

学校では学べないこう言ったコミニケーション能力。

パパ活で見事習得できたし、今ではどのパパにも過去の同じ過ち(人の話を聞かない)を指摘される事はない。

因みに、これを気付かせてくれたパパとはその後2年ほどお付き合いできたし、その後の私の話を聞く姿を見て、「女性としての魅力が上がったね」と褒めてくれました。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる