2023年12月22日
今月: 5 views | 全期間: 173 views

パパ活で確実にお金を掴む私なりの方法 Vol.2

 

時間とお金をしっかり考える

私自信パパ活をしていて、周りの稼げていない子と会話をしているといつも思う事がある。

なんか、「時間とお金」をしっかり考えれないと言うかバランスが悪いなって感じ事が多い。

勿論、私が凄いパパ活で稼げてるか?と言われると、上には沢山強者がいるので、そこは胸を張って「私のやり方が全て」とは言えない。

でも、それなりに好きな時間も取れてるし、同世代の昼間の仕事をしている一般的なお仕事の子よりは「何倍も稼げている」とはっきり言える。

そこで、全然稼げてない子の特徴として、計画性が全くないなって印象を私はいつも持つ。

あくまで、私と同じようにパパ活する女性友達と比較した感じなので、全てのパパ活女性に当てはまるわけではない事を最初に言っておきたい。

そもそも、パパとの時間の使い方とそれに見合ったお手当を皆さんは考えていらっしゃいますか?例えば、このパパとは一回に6時間会うとする。

そして、週に三回会うとすれば、月に約12回会う計算になる。

すると、時給で計算するとある程度の数字が出てくるはずだ。

でも、パパ活で稼げていない子の話を聞いていると、そこが上手く計算できてない子が多い。

勿論、そこにはパパと体の関係を持つ子だっているし、遠出をする子だっている。

パパ活は、どうしても契約なので月単位や週単位で計算する子が多くて、どうしても「パパと一緒に過ごす時間」と、そのパパと契約する事によって「失われる自分の時間」とお手当を上手く計算できてない子が多い気がするんだよね。

所謂、「パパと過ごす時間」と言う角度でだけ考えて、そこで失われる「自分の時間」に着目してないからパパ側からすると、得してるのでは?って私なら思うんだ。(だってそうでしょ?自分優先で考えてないんだもん。そもそもの価値観が変わってくる。)

「パパ活によって失われる時間がある」と言う部分をFIRSTに考えて、そこから「パパと過ごす時間」と言う具合に、頭の優先順位を入れ替えると、かなり見え方が変わってくるかと思う。

私が言いたいのは、パパと過ごす時間を大事にする事は「サービス業」としては良い。

でも、意外とパパと過ごす時間と言う具合に頭で考えている為、しっかりお金と時間の計算ができていないのでは?言う点を私は指摘しているわけです。(簡単に言えば、時間に関して自分FIRSTで見れていないと言う事。)

勿論、分刻みで計算した方が良いよ?って話ではない。

ただ、この週はこれだけ自分の時間を失う。

そうであれば、このお手当の金額だと割りに合わないな?だったらパパと過ごす時間をトータルで何時間にしようとか、そう言った考え方かな。

正直、私は結構そこら辺のスケジュール管理は細かくしている。

それは、「複数のパパと契約しているから」と言うのもあるが、そこが一番の理由ではない。

そもそも、パパによって貰えるお手当の金額が違う。(私の場合はの話)

その為、どうしても一番お手当を頂けているパパを私は優先している。(一番、契約が長いパパと言えば説明が早いかも。)

パパによっては、会う場所に向かう手間と時間を考えたら、他のパパよりもお手当の金額は低いのに、時間で計算すると優遇してる事にも繋がる。(それだと、そのパパよりもお手当を支払ってるパパに失礼だと思う。)

私の考えとしては、それは理にかなっていないと言う考えだ。

だから、もしパパとの契約で、他のパパよりも安い金額設定のお手当で契約した場合はこうだ。

他のパパよりも、合う時間を減らしたり、会う回数を減らしたり等自分なりに調節する。

勿論、パパには理由を説明するし、それに納得してもらえない場合は契約解除なんて場合もある。(これは、ビジネス上仕方ないと私は思っている。この部分を曖昧にするとろくな事がない。)

私が、パパ活をする中でこの考えに至った経緯がある。

それは、パパによっては時間とそこに対してかける労力の割が全然あってないと気付かされた事があったからだ。

このパパとは、長期契約したい。

だから、最初の2~3ヶ月くらいはこのお手当で良いや。(かなり低い価格設定)

そして、実際に契約しそのパパと時間を共にすると、何故か私の中でストレスを感じ始めた。

その理由は、すぐに理解できた。

まず、会いに行く距離が他のパパよりもかなり遠い。

一度会うと食事だけでも、他のパパよりも長くそして、相手の時間に合わせている為、だんだん損した気分に思えてきた点。

当然、その時も別のパパとも契約していた為、他と比べてしまっていた自分も悪い。

すると、そのパパとどうしてこんな金額で契約したんだろ?と言う喪失感に囚われた。

多分、この辺りからだと思う。

私が、実際にパパと過ごす時間と金額をある程度考えて、お手当を計算するようになったのは。

本当に、この配分を計算するようになってからは、自分の時間をしっかり計画して取れるようになったし、パパから頂くお手当も納得した時間配分で計算し、要望し契約しているので、不満足と感じる事がなくなった。

そして何より、確実に使った時間と労力に見合ったお金を得れるようになった。(この点は、大きいと自分では思っている。)

1日に24時間しかない

パパ活は、誰かが自分を管理してくれるわけではない。

だからこそ、自分でスケジュールを決めなくてはいけない。

私の周りでかなりパパ活で稼いでいる子がいる。

その子に関しては、管理は以上で、毎週パパ活で何を行い、どの男性とどう言った時間配分で過ごし、「トータルでこの金額が見込める」と言う具合にパソコンで計算までしている。

それこそ、毎週やるべき事を全て決めていて、それ以上もそれ以下もしないと言う具合に徹底している。(その子の管理を見た時、私もこの位やるべきか?と悩んだ位だ。)

ただ、パパ活において、私位の管理(毎月、パパと過ごす時間とそれに見合った確実なお手当の計算)でも、確実にそれなりに稼げるとは思うので、是非もしパパ活で全然稼げないと言う方は、試してみてはいかがでしょうか。(計算するとかなり無駄が多い事に気付く)

やはり時間も含め、しっかり計算ができると、自己管理にも繋がりますし、何よりもし夢など追いかけている女性にとっては、かなりメリットが大きいと思いますよ。

確実にパパ活で稼ぐなら、まずはパパと過ごす時間配分とそれに見合ったお手当を計算し、もし一人のパパでは足りないと思えば、新たに別のパパと契約してそこを補う等、対応もしやすいですからね。(因みに、私はそうしています。)

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる