2023年12月21日
今月: 2 views | 全期間: 182 views

パパ活で確実にお金を掴む私なりの方法 Vol.1

 

どうせパパ活するなら稼ぎたいはず。

日頃からパパ活をしていると、「今週はこのパパと会ってどこどこへ食事に行く予定」と言う形で、自然と頭のモードが切り替わる。

多分、パパ活をしている多くの女性は、似た感じではないでしょうか。

そのモードの切り替えによって、パパに対して見せる性格や対応を変えている子が多いのではないでしょうか。

実際に、私もパパ活をサービス業として見ている為、その位の対応や、パパが私にのぞむ理想のキャラクターがあるのであれば、その都度当たり前に変わりたいとさえ思う。

とは言え、実際に自分で自分を分析した時、そこまで変わってないのかな?とは思う。(きっと、現在契約しているパパにそこまでキャラチェンジは求められていないからなのかもしれない。)

そもそも、どっぷりパパ活に浸かっている女性と、片足だけ突っ込んでいる女性とでは、パパに対しての思いもかなり違ってくるはずだ。

パパ活は、正直ビジネスであり、浸かれば浸かるほど、仕事感が態度に出てしまう女性も多くいるだろうし、片足だけ突っ込んでいるタイプの女性だと、パパに対して、明らかに「感情が全く入っていない」対応をしてしまう女性も多くいるはずだ。

実際に、どのバージョンも私自信、身に覚えがある。

ただ、どっちのバージョンにしろパパからお手当てをもらうのであれば、それらを見せないように「どれだけパパを満足させてあげれるか?」が大事な部分だと思うし、そこにお手当の上がり下がりが関係しているのは言うまでもない。(これは、私自信身が身をもって実感している。

でも、女性によっては、パパ活で全然稼げないなんて話を最近聞いた。(周りにパパ活ていると女友達が意外と多い)

そこで、確実に稼げる私なりの方法をこちらでお伝えしたい。

そもそも、一人のパパとどのくらいの契約期間を考えているか?

これは、パパ活において私が一番大事にしている部分だ。

正直、どのパパもお金に対して無頓着ではない。

その為、意外とお手当に対してはシビアなイメージを私は持っている。

確かに当たり前と言えばそれまでだ。

パパ活する女性は、冷静に考えて欲しい。

男性側が、全然遊んでいないと言う言葉はまず信じてはいけない。(特に、交際倶楽部で出会う男性は、お金持ちで品がある為、女性から明らかにモテるケースが多い。)

大体のパパは、「自分意外の女性」と既に契約している場合が意外と多いし、それ以外にも、他の女性と以前契約していた可能性だってある。(これは、私が実際に経験している。)

だから、ある程度の相場はわかっているし、もしそれを超えた金額を希望してきた場合、どの位一人の女性(そのパパが、もし複数人の女性と契約している場合。)に対して、「毎月お手当を渡せばその子がやりくりできるか?」既に知っている事が多い。

でも、パパになる男性は大人だ。

当然、初対面時には無知な感じで男性は接してくるし、パパ活というビジネスにおいて、女性側との駆け引きがその場で既に始まっている事を忘れてはいけない。

勿論、パパとの間に「駆け引き」と言う言葉を使うと、お互いに少し残念な気持ちになる。

でも、それが現実なので女性側は受け止める必要がある。

だって、パパ活は女性にとって生活だったり何かに対して必要なお金を稼ぐ為にしてる人がほとんどのはずだ。

勿論、私のように「お金+人脈作り」なんてケースも実際に存在する。

話は、戻すがそんなある程度、「パパ活において知識がある」パパになりたいと思ってくださる男性。

そもそも、パパになる男性がこちらに対して、「特別な思い」を持ってもらわなければ、パパ側が持つ「相場」と言う「固い枠」から抜け出す事ができない。

この、枠をクリアにしてもらわないと、パパ活では正直そこまで良い暮らしはできないし、女性によっては不満足で終わる結果になる可能性が高い。

勿論、不満足の行き着く先はパパとの契約解除だ。

では、どうしたらその枠を壊せるか?

私の経験上だと、とにかくパパを育てる感じで見る事です。

パパからすると、パパ活では若い女性の面倒を見てる感覚だと思う。(女性が、甘える事が多いので、「男性側が可愛がる」と言う意味でも、そのような流れになりやすい。)

しかし、こちらが内心「男性を育てる」と言う具合に考えておくと、自然とパパを見る目が変わってくるはずだ。

例えば、細かなパパの仕草や嫌な事も「育てる」と思えば我慢できる項目も増えてくるはずだ。

すると、契約期間が長くなり、パパになられている男性は自然とパパ活だと言う事を忘れ初め、パパ活する女性には、普段見せない姿を見せ始めたり、普段話さない内容を話し始めたりします。

そうなれば、私の経験上の話にはなりますが、パパはこちらに対して独占欲が生まれ、より一層その欲が強くなる傾向にあります。(日が経てば経つほど燃え上がると言えば良いでしょうか)

パパの独占欲が強くなれば、当然ですが「自分だけの女性でいて欲しい」と願い始めますよね。

すると、自然と「他の男性と仲良くして欲しくない」と言う気持ちになり、自分をもっと見て欲しいと言う欲まで強くなります。

そこで初めて私なら勝負します。

所謂、お手当UPの交渉ですね。

当然、パパ活なので男性側も自分一人の女性でいて欲しいとは願いますが、それが叶わない事も理解しています。(中には理解してくれない方もいますが、私の経験上少数です。パパ活する中で出会う男性の大半は非常に大人です。)

ここまでで、ある程度ご理解いただけてるとは思いますが、それなりのお手当をパパからいただくのであれば、それなりの契約期間を設けた方が上手く事が進めれると言う事です。

勿論、女性によっては、私のように一般人ではなく、何かしらバックボーン(現役芸能人など)を持っていて、初対面時に結ぶ契約自体を、「強気に交渉する」なんて話も聞いたりはします。

でも、それは本当に稀なケースだと思いますし、私自信もお勧めしません。

その理由は、長期契約の方がトータルで考えた時に稼げる場合が多いからです。

私の場合は、あくまで「年に幾ら稼ぐか?」という計算をするので、単発で考える方とは少し違うかもしれませんね。

是非、これからパパ活を始める方は一度「こういった方法もあるよ?」的な感じで頭の片隅に入れてもらえると幸いです。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる