2020年9月2日
今月: 101 views | 全期間: 101 views

パパ活する女性に大事な当たり前のマナー講座③

スマホは封印


これは、非常に大事なマナーなので、身に覚えがある方はすぐにでも修正した方が良い。

パパ活する女性は、1ヶ月に何度かパパと必ず会っているはず。

そこで、パパ側と女性側とではかなり感情に対して温度差があるのは言うまでもない。

基本、女性側は、お手当あってのパパと見ている人がほとんどだと思う。

しかし、それに比べてパパは本気で恋愛をしている人がほとんどだ。

だから、もし女性が他の男性に振り向けば嫉妬もするはずだ。

当たり前の話ですよね。

所謂、男性は、パパ活する女性の時間を買っているという事になる。

その女性に対して、お金で価値を付けている事になる。

という事は、本来女性側はその男性の愛に何かしら答えなければいけない立場になる。

勿論、それはお金以外の何か。

私は、そこで気配りも十分お金に変わる部分だと見ている。

女性からすると、男性と同じ熱量で交際する事は難しいかも知れない。

しかし、せめて一緒にいる時間くらいは、男性に対して普段お付き合いする彼氏と同じ振る舞いをしても良いのでは無いか?と私は思っている。

その一つが、スマホ問題。

パパは、女性との時間をいつも楽しみにしている。

きっと、スケジュールが許すなら、毎日会いたいくらいの勢いだと思う。

でも、それを抑えているのが男性の立ち位置。

だから、会っている間だけは独占したい。

きっと女性も、惚れた男性が居たらそうなるのでは無いでしょうか?

しかし、会えば必ずお手当が貰えるからといって、そういった男性の気持ちを考えず、パパ活している人がかなり多くいるのが現実。

せっかく男性と食事をしているにも関わらず、相席でスマホばかり見ている女性。

誰かから、LINEが着たらすぐに、返信をしようとスマホをチェック。

一緒にいる男性はどう思うでしょうか?一体誰とやりとりしてるんだろうか?色々ネガティブな事を考えるのではないでしょうか。

そもそも、お相手と食事をしている最中にスマホを見る行為自体、失礼なんですけどね。

パパに慣れてくると、平気でこういった失礼な振る舞いをし始める女性が多い。

確かに、今の時代スマホは、日々のマストアイテムなのは間違いない。

ただ、だからといって許されるわけではない。

パパには、なんでも甘えて良い。

確かに、そう捉えている女性がほとんどだし、男性によっては、電話にでても良いよ?と言ってくれる人もいるでしょう。

しかし、内心よく思っていないのは、言うまでもないですよね。

パパの優しさに甘え過ぎず、スマホマナーの面では自分ルールを必ず作って守る事が大事ですよ。

本当に、これだけでパパはご機嫌になりますし、素敵なパパと長続きする事にも必ず繋がる。

一番良いのは、マナーモードにして、バックに突っ込んでおくと良い。

スマホを、やたらと見て嫌な顔をさせる事はあっても、スマホを全く見なくて嫌な顔される事は、ありませんでした。(少なくとも私の人生の中では。)

是非、パパといる時間は、スマホの部分を注意してください。

パパのメールはせめて20分以内に返す

私が、パパ活し初めて間もない時の失敗からきた話を含めて話していきますね。

当時、パパ活を始めた時、交際クラブで紹介してくれるパパは皆素敵な人ばかりだった。

それこそ、どんなわがままも聞いてくれる人ばかりだったのを覚えている。

そして、そこが自分の常識になり麻痺していく自分もいた。

所謂、自分の普段の生活が現実で、パパと会っている時間は非現実と言えば良いでしょう。

その、非現実が自分の常識になりそうになっていた。(これは、多分パパ活する女性は皆気を付けなければいけない部分。)

どんなわがままも聞いてくれる。

だから、少し自分が天狗になりかけていた。

すると、自分の行動はどうなるか?相手に対してリスペクトがない行動を取り始めるという事。

例えば、相手の思いやりに気付かなくなったり、相手が自分に尽くして当たり前という考えになって行く。

そうなると、いつの間にか、パパが自分の生活の援助をしてくれている事すら普通に思えてくる。(普通じゃない事なのに。。。)

所謂、感謝という気持ちがゼロになって行くという事。

じゃー次にエスカレートするのは、パパとのコミニケーションの部分。

最初の頃は、パパからお手当を貰っていて感謝という気持ちがあった。

だから、パパからのメールは気付けばすぐに返信をしていた。

しかし、慣れてくると、返信が2時間後になり、そこから次の日になり、挙げ句の果てには暇な時以外は返さなくなっていた。

でも、パパに対して自分の要求だけはしっかりする。

今考えると、おかしな話ですよね。(自分の常識の無さが、お恥ずかしい。)

その時、お付き合いさせて頂いたパパとは、たった2ヶ月で終わりを迎えた。

その後、何人かの素敵なパパとお付き合いする事はできたけど、全て長くて3ヶ月で関係は終わった。

今考えると、本当にどのパパも素敵な人ばかりだった。

しかし、自分が既にその頃には末期の非常識女になっていたため、当然の結果とは言える。

ただ、その後にお付き合いしたパパが、そういった部分を凄く言ってくれる方で、初めて自分の非常識度に気付く事ができた。

相手の立場になって物事を考える事ができたら全てわかる話だったはず。

それが、私の未熟だった過ちの部分だと思っている。

きっと交際クラブで紹介してくれるどのパパも、皆優しくて素敵です。

でも、そこに甘え過ぎると二度と会えないであろう、自分に合った素敵過ぎるパパを失う事になる。

パパに恵まれ過ぎている女性は、沢山居るのではないでしょうか。

いや、パパに恵まれず、やっと素敵なパパに巡り合えたという女性も多くいるかも知れない。

せっかく、交際クラブが素敵なパパと巡り合わせてくれるのだから、取りこぼしはしたくないのが、女性の本音ではないでしょうか。

もし、そうであれば、私の実体験も含みパパに対してリスペクトを第一に考えてお付き合いすると良いはず。

すると、もしパパからメールが来たら適当に気付いたら返すという概念はなくなるはず。

できるだけ早くお返事をしようと、考えが変わるはず。

勿論、20分以内というのは大袈裟かも知れません。

しかし、そのくらいで返すとパパからの印象は大分変わりますよ。

この子は、本当にマメで可愛いと思われるはず。

パパから、可愛がられれば、自然と付き合いも長くなりますし、お手当の交渉も今後しやすくなる。

女性にとっては、メリットが大きいんですよ。

是非、一度頭の片隅に入れておいてもらえると幸いです。


 

嶺 久美子
Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

関連記事

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国14拠点】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡・沖縄

► 入会のご案内はこちら

受付時間:9:00 ~ 22:00 無定休