2020年12月2日
今月: 2 views | 全期間: 231 views

コロナ中は、パパと愛を深めるチャンス②

思いやりはそのまま奉仕として伝わる 

いつも、パパにお世話になっている女性は、沢山いると思う。 

 

それは、お金だけでは無い。 

 

自分のやりたい事を叶えるためにお金以上のもの。 

 

例えば、コネなど様々。 

 

私もパパにお金以外のものを与えられた一人。 

 

しかし、今はコロナ騒ぎの真っ最中。 

 

パパとは、以前のように簡単に会えなくなったので、気軽に何かを話せる環境ではなくなりました。 

 

気軽に、相談できないのは、正直辛い。 

 

どうしたら、コロナ騒ぎになる前のように、パパに気軽にお願い事ができるようになるか?いや、贅沢は言いません。 

 

お願い事以前に、パパにこちらがどれだけ尽くしているか?それを、どう伝えるか?をずっと考えていました。 

 

勿論、考える事だけでもパパは嬉しいと感じてくれるとは思う。 

 

でも、こう言う社会状況になってしまっては、女性側から動かないと今の環境を変える事はできないんですよね。 

 

これは、パパ活に限ったことではないと思う。 

 

正直、コロナ騒ぎになる前までは、自分から動く事は全くしてきませんでした。 

 

それこそ、パパから連絡が来て、この日空いてる?的な感じで私がYES OR NOというシンプルな感じだった。 

 

こちらから、約束を取り付けた事は、今思い出してもほぼ無い。 

 

多分、そういう意味でも私はパパ任せで甘えていたのだと思う。 

 

そこで、私が、率先して動かなければと思うようになった。 

 

勿論、前で話した電話などをするのも一つのやり方であり私は今も行っている。 

 

でも、それだけでは足りないと私は思った。 

 

そこで、私なりに考えたのが、パパに合った栄養のある食事を届けるという事。 

 

勿論、今世の中はリモート中心。 

 

だから、前のように気楽に会えるわけでは無い。 

 

でも、なぜ気楽に会えないか?自分なりに考えました。 

 

それは、私たちのようにパパとデートなどする人は、どうしても密集している所に行きがちだからです。 

 

でも、これもこちらで広い公園。 

 

例えば、東京なら吉祥寺にある井の頭公園など。 

 

そう言った場所を選び、人の密集した場所にいかなくて良いように、外でこちらが用意したお弁当などを一緒に食べる。 

 

これなら、外でそれも広い場所で会っているので、もしどこかにコロナ患者が居ても相当感染リスクが回避できる。 

 

所謂、お店に入らないデートなら良いのでは?と私は思った。 

 

外なら、換気も十分ですし。 

 

勿論、そこまで行くのも、できるだけ電車など使わずタクシーなどを使う。 

 

マスク着用は当たり前。 

 

パパと会う日も休日より、できるだけ平日を選びこちらもパパに対して予定を開ける努力をする。 

 

こう言った思いやりは、パパに対して本当にストレートに伝わるもの。 

 

普段、私がそう言った行動をパパにしてこなかったから尚更かも。 

 

2020年3月くらいから、私なりに考えて、こう言った行動をする努力をしたら、パパは凄い感激してくれて喜んでくれた。 

 

それこそ、パパからじゃなくあなたから僕を誘ってくれるなんてどんな風の吹き回し?くらい言われた。 

 

会える回数が少ない分、お弁当も毎回考える時間がある。 

 

会う場所も、探す時間がこちらで取れる。 

 

だから、こちらも負担にならない。 

 

それに、前に話したように、ここに電話もプラスされると、ピクニックへ行く予定をたてるようで、お互い楽しい気持ちになれる。 

 

パパの好き嫌いもコロナ騒ぎで、お弁当を作り始めてから知れた。 

 

最近、パパに言われた言葉ある。 

 

こんなに、尽くしてくれてありがとう。 

 

以前よりも、愛情を深く感じれるよ。 

 

と言ってくれた。 

 

あっ!!!こちらの奉仕が伝わってると思えた瞬間だった。 

 

この奉仕の仕方をしてから、前と同じようにとはいかないけど、少しづつ、自分のお願いもまた言えるようになってきた。 

 

自分の奉仕をしっかりパパにしていると、気持ちよくこちらも要望を言いやすくなるからです。 

 

是非、今だからこそパパ活してる女性にはパパに対して、奉仕を試して欲しいと思う。 

 

絶対、悪い方には転ばないと思う。 

 

是非パパとリモート飲み 

パパ活している女性で、意外とお酒が飲めない方多いのでは無いでしょうか? 

 

実は、私もその一人。 

 

周りで、同じようにパパ活してる友達に聞くと、意外とお酒が飲めない人が多かった。 

 

勿論、元々お酒が好きで飲める人は、尚更この題材は有効的。 

 

でも、飲めない人には、少し負担になるかも知れない。 

 

そこを踏まえた上で読んで欲しいと思う。 

 

私が、今まで出会ってきたパパの9割以上がお酒好きでした。 

 

それこそ、ワインやウイスキーなど様々。 

 

デート中も、レストランに御一緒すると、必ずと言って良いほど高いお酒を注文していた。 

 

そして、お酒を飲みながら、楽しそうにこちらの話を親身に聞いてくれていた。 

 

でも、このコロナの騒ぎで、私とのデート以前に、気軽にお酒を飲みに行けなくなったと、パパの口から聞いたのを思い出した。 

 

そっかぁ。 

 

パパの楽しみは、お酒だったのにそれが一つ減るのって悲しいよね?という会話を電話口でした事がずっと気掛かりでした。 

 

多分、世の中がこんなコロナ騒ぎになっていなかったら、気にもとめず間違いなくスルーしてる会話。 

 

でも、この時期だからこそ私に何かできる事はないかな?と考える努力をしてる私。 

 

そんな中、テレビ番組でリモート飲み会という話題を頻繁にしていたのを思い出した。 

 

これいけるかも。 

と馬鹿な頭を使って私なりに考えてみた。 

 

そこで、パパとテレビ電話中に私も少し飲むからパパもお酒飲もうよ?と誘ってみると凄い喜んでくれた。 

 

君お酒飲めるの?くらいの顔を最初していた。 

 

勿論、私のコップの中はお酒ではなくウーロンハイと言いながらタダの烏龍茶。 

 

きっと、パパにはバレていたと思う。 

 

でも、パパは、嬉しそうにお酒を飲みながらいつも通り会話を楽しんでくれた。 

 

それこそ、これ良いね。なんか、一緒にお酒を飲んでるみたいで身近に感じれるよ。 

 

今度から、お酒入れながらテレビ電話しましょうか?と言ってくれた。 

 

あっ、意外と効果あったと我ながらに満足感を得られた。 

 

こういう所でも、リモート飲み会って使えるんだなぁ。 

と思いながら半信半疑で最初始めた事が、こんなにもパパを喜ばせる事に繋がるなんて思いもつかなかった。 

 

ここでは、文字で伝えてますが、本当に文字では伝えれないくらい楽しそうにパパはその場の会話を楽しんでくれていたのを今でも覚えている。 

 

それこそ、昨日もリモート飲み会をパパとしたばかり。 

 

お酒が入っているので、普段口下手なパパも凄い会話が弾みました。 

 

例えば、普段電話での会話が苦手なパパも、お酒が入れば問題なくなるって方は多くいるはず。 

 

正直、私も楽しんでしまっているので、パパのためとは言いながら、今ではどっちが一番楽しんでるのか?わかりませんけど。 

 

是非、パパのために週一でも良いので、飲み会をしてみてください。 

 

きっとかなり喜んでくれるはずですよ。 

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

関連記事

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国主要都市に配備】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡

► 入会のご案内はこちら

受付時間:9:00 ~ 22:00 無定休