2023年9月28日
今月: 8 views | 全期間: 142 views

遠距離パパ活が成り立つ理由 海外↔︎日本

はじめまして、ベルですッ♪(*´▽`*)

わたしはパパ活を始めて2年11か月の37歳です。

結婚歴なし、婚約破棄歴あり、彼氏はいないが好きな人はいます。

今まで沢山の方にお会いしてきました。延べ300人程。

交際クラブ、パパ活アプリ、一通りやってきました。

その中で経験したことや所感を共有して少しでもお役に立ててもらえたらと思います。

パパ活をする前は夜職、銀座でホステスを7年程していました。

ホステスとパパ活で合わせて約10年です。

その中で感じたり思ったことを書いていきます。

 

先日誕生日を迎えて37歳になりました。

40歳に着々と近づいてきています。

現在は夢だったノマド生活を海外でしています。

その夢が実現できたのも実はパパ活がきっかけでした(*´꒳`*)

パパ活アプリで知り合った殿方に海外に住みたい話をしたら、ちょうど事務の仕事をできる人を探していると言われ、経歴を話してなんと

その場で採用になりました!!!

棚からぼた餅的な出来事でしたが

ちゃんと自分で勝ち取ったチャンスだと自負しています( ̄+ー ̄)

夢を周りに話すといいと良く言うのは、こうゆうことだなと実感しました(*^ω^*)

 

海外に来て約3ヵ月が経とうとしています。

こっちに来るまでは仕事をしつつ、パパ活をしていました。

仕事と言ってもパニック障害で発作が満員電車の中で起きてしまうので、完全在宅勤務の事務の仕事を週3でやっていました。

お給料は手取り8、9万円程。

1人暮らしだったので生活の為にパパ活をしていました。

パパ活をやってる人は、きっと色んな事情でやられている方がいらっしゃいますよね。

 

VISAを新しく取得の為に国外に出ないと行けないルールがあるので、日本に帰るときもあります。

今回のVISA延長の為に日本に帰るので、帰国の際にはパパ活をします( ・∇・)

みんな、わたしのやりたい事を応援してくれて

帰国の際は日本の美味しいご飯を沢山食べさせてくれて、交通費くれて、ありがたみを感じます(ノ_<)

わたしは大人のパパ活はしないので、ご飯やデートのみ。映画や歌舞伎、ミュージカル鑑賞など色々連れて行ってもらいました(о´∀`о)

今思えば至れり尽くせしでしたo(^_-)O

 

日本の帰国のときはいつも5日間〜1週間程日本に滞在するのですが、何人かのパパ達と毎晩ご飯と行くとラッキーだと飛行機代の往復分くらいにはなります(*゚∀゚*)

海外に行ったらパパ活は無理だろうと思っていましたがなんだかんだ全然成立しています(*^ω^*)

時差もあり電話ができる訳でもないですし、メッセージだって返すのは日本時間の夜中だったりするので、コミュニケーションもほとんどしていませんでした(>人<;)

それでも

一年に数回しか会わない今でも忘れないで

帰国の際には時間を取って会って頂けて、とても光栄なことだと思っています( ´ ▽ ` )

さすがに新規でパパ活をしようとは思いませんが、今いるパパを大事にしながら

飛行機代をチャラにしながら(笑)

海外では食べれない美味しいものを食べさせてもらいながら(笑)

交通費をちゃんともらいつつ(笑)

日本の幸せを感じながら

帰国の際はこれからも、今いるパパとの時間を日本で楽しく過ごそうと思います(*^o^*)

 

わたしがパパ活で感じたことですが

パパ活のイメージは人それぞれ少し違うと思います。

時給換算すると割にいいとか、授業料を払わないといけない、生活に困っている、借金がある、副業で都合の良いときに稼げるetc..

これは女性側の理由で男性側には違う理由があります。

お金を払う以上は見合ったサービス、付加価値がないと意味がないというのが男性のお金を払う側の考えです。

よく男性側から聞くのは

事務的で冷めた、仲良くなる前に金銭の話をされて冷めた、時給換算で値段を決められて冷めた(ご飯と大人で2つ合算の値段を求められた、デートで拘束時間がご飯より長めだからご飯の2,3倍の値段を求められた)などなど。

両方の主張はわかるんです、女性は普通に働くより効率よく稼げるからパパ活をする、でなければ普通に副業でバイトをすれば良くなってしまう訳ですから。

男性からしたらお金を払う以上は求めているものが欲しい、ただの身体の関係なら大人の遊び場に行けばいい訳ですから。

作業的にしてしまうと2回目がないのが現実です。

わたしが海外にいてもパパと途切れないのは

それなりにコミュニケーションを取って、ある程度の信頼関係を構築してきたからだと思います。

それができたのは、わたしが無理をしなかったから。

常に自分の居心地が良くなる選択をしてきたからです。

したくない人とは大人はしない、礼儀がない人、失礼な人とはこちらから会うのを断りました。

それはトラブルを避ける為でもあります。

彼氏ではないから、もちろん飲み込まなきゃいけないとこは飲み込みますが。

無理して心に蓋をしてまでパパ活をすると、どうしても事務的になってしまい、感情がのってきません。

パパ達も一緒にいたら女性の様子や気持ちを察します。

わたしは会ってて楽しくお食事できる人としか会わなかったし、自分で相手を選んできました。

パパ活が疲れてしまう方は無理をしているんだと思います。

自分で全然選んでいいんです!お金をもらうから我慢しなければいけないと言うのは間違いです。

パパ活はお互いが相手を選べるんです!

今しんどいと思う方がいたら無理しないで、自分でちゃんとお相手を選んで下さい!

 

皆さんが素敵なパパと出逢えるようにお祈りしてます(^_−)−☆

 

Writer: 
パパ活2年目、30代後半。20代は銀座のホステスNo,1でした。29歳で銀座をあがり婚約破棄など色々あり、その後ご飯だけのパパ活をしています。

ベルの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる