2023年10月2日
今月: 9 views | 全期間: 252 views

パパ活で良いパパを選ぶ方法(長期契約編)Vol.1

 

パパを見る目は大事

パパ活していると、交際倶楽部で様々は男性を紹介してもらえる。

パパ活する上で、自分の安全を確保する上でもどこかに登録して上手く交際倶楽部を利用するのは、非常に大事な事だし、安心感も得られる。

さて、そんな中いくら交際倶楽部に登録したからと言っても、パパになってくれる男性の性格までは見抜けていない。

あくまで、交際倶楽部側が判断できるのは、先方の年収や職業だったりそこら辺の外部的な部分まで。

それ以上の、内面など含めてはどうしても実際にあった女性しか知り得ない情報だ。

まぁーそれは当たり前と言えば当たり前な話だ。

そこが、逆にプライベート感が増し、より二人の関係を深くする要素にもなり得るわけだ。

さて、そんな素敵なパパになってくれるであろう男性の皆様。

私が経験しただけでも、本当に沢山の類が存在した。

当初、パパ活を始めた頃は一色担で男性を見ていた私。

しかし、実際にパパ活をして男性と知り合うのと、ネットなどの情報だけが先行して、「男性はこうでしょ?」的な固定概念を持ち知り合うのでは全く違う。(その温度差は、私が経験しただけでも計り知れない。もしかすると、女性によっては、その温度差に付いていけなくて、凄いポジティブに取る人もいれば、ネガティブに取る人いるだろう。そのくらい、ネットの情報と実際とでは、違う。)

特に、リアルタイムでパパ活をしている女性は、皆そこは理解しているはず。

そこで、パパ活する中で、大きく分けると二つのタイプが存在する。(あくまで契約内容だ)

それは、一人一人のパパと年単位で契約するか?短期で契約して、その都度変えて行くか?これは、パパ活する女性によってビジネスの仕方が違う。

パパになって貰うと言う見方では同じだが、長期と短期では、当然お手当も変わってくるし、お互いが持つ信頼関係にもかなり影響してくる。

例えば、短期契約であれば、お付き合いの過程でお手当UPと言う交渉はなかなか難しい。

理由は、そこに至るまでの時間がそのパパとは無いからだ。

だから、最初の契約で自分を高くアピールして、好条件を結ぶ必要がある。

又は、ある程度の数(複数のパパと契約)をこなす必要がある。

そうでなければ、なかなか毎月それなりの暮らしができる程のお手当を手にするのは難しいと思う。(私が経験した限りではの話。もし、自分に何かモデルなどブランドが付いていればまた別。)

それに、短期契約であれば、お互い気を許す関係にはなかなかなれない為、どちらかと言うと、SEXメインの愛人関係になりやすい。

そして、短期契約の為、いつ契約が解除されてもおかしく無い為、こちら側が相当気が使えるタイプで、それがもし凄い良いパパであればある程、毎月気が気では無いプレッシャーを受けやすい。(メンタル強めの人にお勧め又は、自分に自信があり、男性が途切れないタイプであれば短期契約は良いかも知れない。)

それに比べて、長期契約であれば、全て短期契約とは逆の現象が起きやすい。

それ位、私の経験上短期契約と長期契約では色々違いがある。

そこで、今回は、長期契約を結ぶにはどんな男性を選ぶべきか?私の経験での知恵をこちらでお伝えしたい。

初対面時にこちらの希望を聞いてくるタイプの男性は、大切に。

これは、どういう意味?かと言うと、パパによっては、全くこちらの希望を聞かず先に自分の希望を伝えてくる男性が意外と多くいます。

このタイプの男性は、とにかく女性と数をこなしたい。

所謂、SEXがメインの淡白な付き合いを望まれているパターンが多い。

だから、一人の女性と契約しても性にしか興味がない為、かなり割り切っている関係と言う事だ。

っと言う事は、そうです。

非常に飽きやすいタイプの男性と言えます。

だから、例えば、こう言ったタイプの男性と契約しても、早ければ二ヶ月程で何かしら理由を付けて、契約解除を申し出てくるパターンが私の場合多かった。

勿論、会っている時も、パパに対してこちらが甘えれるわけでもなく、デートならホテルのレストランで食事して、そのままとってある部屋に直行して、次の日には解散。

パパになる男性も、そこに価値を付けてお手当を支払っている感じなので、それが良いと言う女性には合っているかも知れませんが、女性側が、パパ活の本質を理解すると、「かなりドライな関係」とか、「少々冷たい関係」と感じると思う。

それに、こう言ったタイプの男性は、確かにお手当の面で見ると一発目を高く言う方もいるのですが、結局短期契約になりやすいので、それを考えると、私としては、「年を通して、その男性一人の契約として見ると低めのお手当」と見ている。

なので、最初に自分の要望ばかり話されるタイプの男性は、基本長期契約は望めないと思っていた方が良いかも知れない。

これは、あくまで私の経験上の話なので、全ての男性に当てはまるわけではないので、ご理解ください。

最初に低めで設定する男性

こう言った男性は、一般のビジネスであれば、「初期投資を抑えてる」とか「ケチ」と判断する女性は多いかも知れない。

でも、先があるからまずここから始めましょうと考えてる男性も意外と多い。

特に、パパ活内では、紳士的な男性が多い為、女性にそこまで「セコイやり取り」をするタイプは少ないと言うか、どちらかと言うと「見栄っ張り」が多い印象。

その為、最初に無茶なお手当を設定する男性よりも、私の中ではより長期の契約ができそうなイメージが湧く。(実際に、こう言ったタイプの男性とは年単位でお付き合いしている。)

お手当を、変に高い設定にしてない為、別途何かあれば交渉もしやすい。

 

それに、男性側女性側で、お互い気持ち良い付き合いにも繋がりやすいです。(あくまでこれは私が私感で感じた事)

是非、一度これから新しくパパと契約する方がいたら、そう言った部分も含めて判断して契約してみると良いですよ。

意外と、悪い結果は出なかったりしますよ。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる