2022年5月9日
今月: 69 views | 全期間: 331 views

ガニ股で歩く女のオッサン臭

ガニ股で歩く女性は意外と多い

いつも私は職場まで歩いて通勤しているのだが、たまにガニ股で歩いている女性を見かける。

たまにというか、毎日同じような時間に同じ場所を歩いていればなんとなく見かける人っていうのは固定されてくるわけで(ましてやここは田舎)、具体的に数を言うとガニ股女性は2人いますw

うち1人は「ガニ股で50代くらいのおばちゃんが歩いてるな」って思って後ろ姿を見ていたら、近づいてみるとどうやら年齢は私より少し上くらいの女性。

あまりにも歩き方がオバサン過ぎて、まさかこんなお若い方だなんて思いもしなかった。

もう1人は20代か30代なんだけど、髪がいつもパサパサなのも相俟って「oh…」って感じ。おそらく全体的にガサツなんだと思う。(おまいう)

 

逆に、綺麗に歩いているなと思う女性はたいてい髪もつやつや、ファッションも気を遣われていて例外なく洗練されていて印象が良いって感じだ。

かくいう私も昔からO脚なので、気を抜くと足が開きそうになる。同じO脚の人ならわかると思いますが、足を開いて歩くのって確かに楽なんですよね。
だからこそガニ股で歩いている女性を見ると気になってしまう。

そもそも最近は男性でもガニ股で歩く人って少ない。
横浜中華街で飲んだくれたオジサンとか、桑田佳祐とか、最早そういう昭和ティックなやさぐれたイメージしかないのである。

そんな中で女がガニ股歩き・・・正直言って結構ハズカシイと思います。

10年前には、女性浴場に女装で侵入した男が「ガニ股」がきっかけでバレたというニュースもありました。

そう、ガニ股は男、ガニ股で歩く人は男なんです。

 

内股歩きとどっちがマシか

まあ結論から言えば「マシ」なのは内股歩きです。

ガニ股の女性は意外と多いと書きましたが、総合的には内股歩きの女性のほうが結局多いと思います。

海外では日本人女性かどうかをみるには歩き方を見なさい(日本人女性は内股歩きが多いから)と言われているくらいです。

個人的な感覚ですが黒いレギンスやハイソックスに内股でポーズ、そこはかとなく2010年感があります。

多少の内股なら可愛いですが両方のつま先がくっつく勢いの内股・・・「おしっこ我慢してるの?」「小さい子の真似してるの?」と良い印象はありません。

可愛いと思って未だにやってる方、それは平成の遺物ですのでさっさと捨ててきてください。

 

内股が古いような感じがするのはここ数年は韓国文化が若い女性の間で流行り、それに伴い「内股イコール可愛い」という価値観が廃れてきたからでしょうか。

最近知ったんですが、韓国では逆にガニ股の女性が多いそうです。

整体のプロの間では、やはり内股歩きも良くないということになっています。下半身太りの原因になると。

しかし。元々O脚の人、ガニ股歩きをする人は、気持ち内股で歩くくらいの意識でないと綺麗に歩けないと思います。要はとにかく歩くときに脚に力入れろって話です。

 

ガニ股の荒療治「周囲から注目される服を着る」

ガニ股で歩く女性は見ていると「周囲から見られている」という意識が低いように見えます。

なんとなく身だしなみをそれっぽく整えていればOK、いつもそういう意識でいるから、自分の歩き方が醜いなんて気付けないのです。

職場で特にファッションの華やかさなどは求められておらず、何かイベントがあるわけでもなく、異性といえばずっと年上の人ばかり…まあ、そんな職場ならついつい気が抜けてしまうのはわかります。

しかしそのテンションで交際クラブに行ったら貴女は惨敗します。自分が思っている以上に、美に気を遣っている女性ばかりです。

また、男性のほうもそういった女性ばかり見てきていますから、「誰も見てない」からってガニ股?かなり論外だと思います。

また昔の話になりますが、2010年頃は可愛い服から黒いヒートテックが見えていても、目のつけまつげが多少汚くても、まーそれはそれでしょうがないんじゃない?的なアバウトさがありました。他の部分の派手さでカバーするというように。

対して現在の流行は「透明感」がベースにあるうえ、SNSなどの情報ツールや美容医療の普及で雑なヘアメイクの女性は昔に比べあまり見かけなくなりました。そのぶんメイクの失敗は誤魔化しづらくなり、ガニ股で平気で歩くような女にはなかなか世知辛い時代となっています。

なのでガニ股の女性はまず意識を変えることから始める必要があるのです。

具体的にはみんなから見られやすい服を着ること。

何も派手で個性的である必要はありません。

現在のファッションの流行といえば、あまり体型のみえないゆったりしたシルエットの服が主流ですが、そこを思い切って体型のわかるタイトな服を着るのです。

私は韓国も中国も現地に行ったことがないので本当かどうか知りませんが、中韓好きな女性がしきりに「中韓の女性はスタイル良い、美脚」というのはやはりこの2か国ではタイトな服が好まれやすいからだと考えています。

タイトな服というのはまさにbody consciousの言葉の通り女性らしさを強調させますからビジュアルへの期待値もグッと上がります、そんな中で「楽だからガニ股で歩こう」なんてまず思えないはずです。

10代~20代前半ならミニスカートもありですね。

つまり垢抜けるとか洗練される、というのはただ綺麗な服を着ておけばいいというのでは達成されず、常に誰かから見られているという意識をもっておくことが必要不可欠なのです。

周りでこの女性はモテているなあという方を思い浮かべてほしいのですが、みんな顔立ちがどうとかいう以外に仕草が綺麗だと思うのです。

 

男性と続かない原因はガサツさの積み重ねかもしれない

たまに「交際クラブでオファーがあっても男性と続かない」と悩む女性がいますが、案外原因はこういったガサツさの積み重ねにあるのかもしれません。

ガニ股歩き、口に食べ物を入れたまま爆笑する、鼻毛が見える、etc.

逆に女性だって経験あるはずです「はじめは素敵な男性だと思ったけど口臭がキツイ」「歯がまっ黄色で引いた」「ぱっと見かっこいいスーツだけどなんか黄ばんでる?」

それの逆バージョンだと思うといかに相手に不愉快な思いをさせているか分かると思います。

自分が男だとして、何が悲しくてガニ股のオッサンみたいな女性を連れて歩きたいと思うのでしょうか。

自分が大雑把だという自覚がある人は、大げさなくらいのおしとやかさを仕草に意識して見るとかなり変わると思います。

Writer: 
羽ばたく友が落とした夢の数を 独りきりで数えた夜

パプワの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる