2022年12月7日
今月: 1 views | 全期間: 111 views

コロナの終わりは私の始まり

もう、日本国民は皆コロナで疲れている。

私もその一人だ。

 

だって、コロナが世に与えた影響と代償は計り知れないから。。。

 

たまに、周りでは「パパ活しようかな?」と言う声もチラホラ。(私の耳に入る位だから相当だと思う)

 

そのほとんどの理由が、コロナで職を失った女性や、何か事情で仕事を辞めざる終えなくなった女性。

 

特に、私の周りを例に出すなら、家族がコロナに感染。

 

本人は、コロナには感染しなかったようだけど、実家の負担が自分に降りかかり。

 

本人が、夢をかけてやっていた個人事業をやめざるおえなくなり。

 

泣く泣く彼女の夢が僅か数年で途絶えたり。

 

コロナの影響で、取引していた会社が倒産。

 

そのお陰で、お仕事が無くなりモデル業で食べていけず実家に田舎に帰るハメになったり等。

 

私の周りだけでも、ネガティブな情報や相談が多数あった。

 

勿論、私も例外ではなかった。

 

以前の記事でも書いたと思う。

 

コロナの期間に、パパ活していた私にはかなり大変だった。

 

大変と言うか試練に近かった。

 

勿論、自粛中ではあったけれど、パパは私に「会いたい」と言ってくれる。

 

だから、私もパパの要望に答えたい。

 

そこで、お店選びから会う時間帯から、それこそ移動手段まで。

 

本当に、色々考えました。(今だから言える事)

 

コロナの感染が凄かった当時は、余裕なかったけど。

 

今なら言える事がある。

 

それは、良い勉強になったし、パパ活する上で自分はかなり成長できたということ。

 

日本全体で、あれだけ自粛モードであれば、どんなにコソコソ会っても周りのネガティブな目もあったし。思った感じでパパ活ができずそのまま辞めちゃった女性も多かったとはず。

 

私も、あのピンチをチャンスに変えれなければ田舎に帰っていたでしょう。

 

これだけは、断言できる。

 

でもね、パパ活を始めた時から思っていた事がある。(これは、あくまで私の内情)

 

それは、夢を叶えるために、パパは私に投資をしてくれてる。

 

だから、どんな時でも自分にできる事があるなら、パパに恩返ししたい。

 

この気持ちが私に無ければ、すぐ辞めていたと思う。

 

この一心だけで2年のコロナ期間を私は凌いだ。

 

それも、パパ活において、パパに一切の不満も言われず、収入も落ちないまま持続できた。

 

もし、これにプラスするなら、新しいパパとの出会いまであった。

 

私は、周りでパパ活してる女性を沢山知ってますし、コロナ期間に知り合う事ができた女性も数多くいる。

 

でも、凄く皆考えが甘いと正直思ってしまった。

 

それは、決して上から目線で話を聞いてたわけじゃないの。

 

パパ活する女性の中では、自分の事ばかり考えてパパの事を一切考えてない。

 

そんな自己中心的な考えの方が非常に多い。

 

それこそ、コロナの期間がそれらを浮き彫りにした気がした。

 

しかしながら、裏を返せば、そこでパパの事をしっかり考えて、還元してた女性は、今でも辞めずにパパ活してるし、お相手との関係も現在進行形で持続していたりする。

 

私も、その一人だ。

 

パパにも話を聞いたら、似た事を言っていた。

 

パパの不満で、圧倒的に多かったのが、コロナ中に会えず、会いたいとこちらからも言いづらく。

 

「女性側で、少し考えて欲しかった」という意見だったし、私が一番考えていたところでもあった。

 

ここが、所謂私が言いたかった「ピンチをチャンスに変える」という部分だったかな。

 

きっと、コロナ中にパパ活をしていた女性は皆どっちを選ぶか?という二択だったのでは?と私は思う。

 

だって、パパをそのまま繋ぐのであれば、色々な事を考えていかなければいけない。

 

でも、もう何も考えずにと言うなら、そのまま会えず途絶えて辞めるしかない。

 

きっと、パパ活をこれからされる方々、楽な仕事?楽に稼げる?とどこかで持たれてるかも知れません。

 

私が、何故そう思うか?

 

それは、世のメディア媒体だったり、横の噂がしっかり芯を捉えず情報が一人歩きしていると感じるからです。

 

勿論、交際クラブが紹介してくれるパパは皆紳士で、良い人ばかりです。

 

経済力にもかなり余裕がある人が、パパになってくれるのは間違いないと思う。

 

でも、そこには、あくまで人としての最低限のマナーが女性側も持っていなければ、お相手と気持ち良い付き合いもできないし、契約もできない。

 

当たり前の話ですよね。

 

では、気持ちよくとは?と疑問でしょ?それは、GIVE AND TAKEが大事。

 

何かを貰ったら、しっかり何かをお返しする気持ち。

 

それは、物やお金だけじゃないです。

 

真心だったり返し方は色々あるはず。

 

もし、長くパパ活をしていくなら、これが本当に大事。

 

逆を言えば、これが無ければ同じパパと長く続かないし、世の中がコロナの様なネガティブになった場合、今まで通り続けれなくなる。

 

これは、現在パパ活をしている私が実証済み。

 

ただ、やっとコロナ騒ぎが落ち着いて、以前のパパとのやり取りに戻せてきた部分が、最近の本当にポジティブに思えた気持ち。

 

本音を言うと、あと2年、コロナ騒ぎが酷ければ、流石の私もかなりネガティブになっていたかな。

 

しかしながら、厳しい事色々書いたけど、正直パパ活でデートしてて楽しい事ばかりなんですよ♪

 

私の中では、充実感を得られるし、パパはほぼ私より歳上。

 

だから、日々やりとりしてると勉強になる事も本当に多いし、生活も豊かになる。

 

これだけでも、マイナスな事ってある?女性からすると無いと思う。

 

それに、私が出会ったパパはほぼ、良い人ばかり。

 

自分の事本音で相談できるし。凄い可愛がってくれるし。

 

私のお財布事情も、理解した上で相談乗ってくれる。

 

私は、いつも言うけど、パパ活ってもっとクリーンな評価されても良く無いですか?と思う。

 

これから、もしパパ活始めたい女性が居たら、是非話だけでも聞いてみると良いですよ?

 

やっと、コロナ騒ぎから解放された感が一杯な私からの久しぶりのアドバイス♪

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる