2023年2月28日
今月: 2 views | 全期間: 155 views

パパ活でスタイル維持は必要?

 

最近、パパ活していて思う事。

今宵も、東京は極寒で顔が凍りそうです。

こんな日は、自宅又はお店でゆっくりココアでも飲みながらゆっくりしたいものです。

そんな中、久しぶりに友達と食事の約束をしたので、銀座まで出向いた私。

相手の女の子も私とほぼ同じ歳の親友。

そして、何を隠そう彼女も私と同じでパパ活をして生計を立てている。

彼女とは、毎月食事に行く仲でもあるし、何よりパパ活の内容をお互い赤裸々に話せる間柄でもある。

だから、女子トークが始まると結構生々しい会話が始まるのだ。(私は、周囲を少々気にして話してますけどね。)

そこで、二人の会話で行き着いた先が体型の部分。

私は、少々細めで体型ではあるが、私の友達はかなりのぽっちゃり体型。(本人を目の前には言えない禁句)

そして、スタイル維持の話になった。

実は、彼女はどうしても太りやすい体型、昔からそうらしい。

別に、私といる時も大食いと感じた事は一度もないし、お菓子とか間食をしているイメージも一切ない。

一つ言うのであれば、良くタクシーに乗り歩いているイメージがそこまでない。

だから、運動不足位しか、彼女の太る原因は思いつかない。

そこは、本人も自覚しているようだ。

ただ、私は同性の為、友達としての彼女の面しか知らない。

そこだけで見ると、性格がかなり良いし、女性らしさと言うか、何か彼女が動くたびにセクシーすら感じてしまう。

例えば、席から立ち上がる時とか、ベンチに座るだけでも何か私には無い雰囲気を持っている。

体型は、ぽっちゃりなのに痩せている人よりも何か素敵な空気感を持っている。

本人は痩せたいらしいけど、そこは置いておこう。

そこで、お互いのパパ活状況を話したりするのだけど、彼女はとにかく男性からモテる。

彼女は、パパを五人も従えている。

それも、話を聞いただけだが、どのパパも彼女にゾッコンらしい。

女性ってどうしても痩せれば綺麗になった気になるし、自信が付く人もいる。

私も、毎週ジムに通いスタイル維持を頑張っている。

特に、お尻や腰回りなど、一度肉が付くとなかなか落ちない。

だから、毎週のジムは欠かせない生活。

結構、私なりには頑張っている方だ。

しかし、彼女を見てみると、スタイル維持なんてほぼ考えていない。

確かに、大食いではないけど食事制限などしたと言う話も聞いた事ない。

男性にフラれた話も聞いた事無ければ、どちらかと言うといつもモテてるイメージ。

ただ、同世代からと言うよりは、いつも歳上から人気があるイメージだ。

もし、私が大学生とかなら羨ましいとは思ってないだろう。

しかし、同じパパ活をする身としては少々納得がいかない部分も本音であったりする。

こんな話をしてる時点で、私は性格が悪いのかも知れない。

だから、パパ活では何人も一度に付き合う事ができない人気のない女で終ってるのかも知れない。

しかしながら、毎週ジムに行って努力してる私がバカに見えてくるし、ぽっちゃりとセクシーな雰囲気を醸し出す彼女の芸当を私にできるか?と言われたら無理だろう。

もしかして、パパ活においては「私が人気がある」と思える女性像と「パパになる男性が思い描く理想の女性像」にはかなり温度差があるのでは?と最近思うようになった。

どうしても女性側の意見を言うと、いかに痩せてるかとか、体のラインを気にしたりする。

そこに、女性個々で持つキャラクターがプラスされ男性に評価されるのだと思っていた。

だから、スタイル維持はどうしてもその入り口に入る為の必要不可欠な要素。

そう感じていたし、それをする事が当たり前だと思い、私は頑張っていたし今も頑張っている。

私は、スタイルには少しだけ自信がある。

しかし、彼女を見た時、なんか納得できない自分がいる。

彼女は、お尻も大きいし、網タイツを履いてる時なんて、柄がいつも横に伸びきっている。

女の私でさえ笑ってしまう事がある。

ただ、そんな彼女を見てると可愛く思えてくるし、愛しささえ芽生えそうになる。

そこで、彼女に色々聞いてみた。

あなたのパパはどんな所好きって言ってくれる?とね。

すると、彼女が言ったのは一言。

抱き心地があり、なんか一緒にいるだけで幸せになれて安心する。

こう言われるらしい。

私からすると、男性から一番言われたいベスト10の言葉が全てそこに含まれていた。

女性は、痩せてれば良いってもんじゃない。

私の今までの考え全てが否定した彼女の生き方。

私自身そう認めざる終え感覚に陥った。

パパ活してる女性友達は、周りに結構いる。

彼女以外は、結構痩せる為に努力してる人が大半。

なんか、パパ活において私は凄いくだらない事に拘ってたのかな?とは感じた。

きっと、パパになる男性は痩せてる女性とかどうでも良いのかな?くらい思った。

確かに、よくよく考えると理にかなっている。

その場では、痩せてて綺麗な女性でも何度か会うと男性も飽きますよね。

それに比べて、彼女のようなタイプは色々なキャラも持ってるし、太って入るけど、いい感じの雰囲気も兼ね備えている。

だから、何回会っても飽きないだろうし、ふくよかだと抱き心地も良いし、安心感を抱ける。

実は、私の好きな男性のタイプは太っている人。

所謂、クマみたいな体型が大好き。

だから、筋肉付けてたり、ナルシスト的な細い体型は苦手。

その為、彼女を男バージョンで見たとする。

すると、彼女に付いているパパの感想が、私には、かなり共感が持てたのだ。

あの、ぷよぷよした肌触りや抱き心地は本当に最高だし、飽きない。

私が、ここで言いたいのは、パパ活する女性で無理なダイエットをしている人が大勢いる。(私も含めて)

それが、「パパ活では通用しない」なんて事が多くあると言う事。

パパ活では、ぽっちゃりも活かせるし、武器にもなると言う事を理解して欲しい。

私も、無理なダイエットなどは辞めようと彼女を見ても思った。

それよりも、運動はするけど好きなもの食べて、肌艶をよくする方がパパ活には合ってるのかな?とは真剣に感じましたね。

だから、パパ活でのスタイル維持は私の中ではそこまで意味を持たない気がする。

これからパパ活をしたいと思ってる女性の皆さん。

体型を気にして閉じこもってる子も多いはず。

是非、表に出てきてパパ活をしてみてください。

そこを、パパなら積極的に好んでる可能性大ですよ。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる