2024年2月29日
今月: 2 views | 全期間: 151 views

私なりのパパ活ルール2024 Vol.3

 

とにかく電車やバスを利用するように心がける

パパ活をしている女性は、皆パパの元へどのような交通手段を利用して向かっていますか?私も含めて、タクシーを利用しているって方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

私の周りの友達に聞いても、ほぼ全員パパ活に関してはタクシーを利用していると答えている。

私は、最近思う事がある。

これは、パパとの「契約条件」や、「パパにお手当を貰う理由」なんかも女性個々によって違うので、一概にこうとは言い切れないけど、私の場合で話すと、こんな感じ。

例えば、何かお金が必要な時、「私、〇〇的な事を初めて見たいんだ。だけど、予算が足りなくて・・・。だから、できればパパが助けてくれるとありがたい。」とか、「〇〇的な物がどうしても必要で・・・。パパが私の代わりに購入してくれると凄い嬉しい。」など。

私のほんの一例ではあるけど、パパ活する女性の皆さんもパパへおねだりした経験はあるはずだ。

そこで、設定という言い方が正しいのかわかりませんが、パパに何かをおねだりする時って女性側が、ある程度「お願いする立場」になると思う。

あまり、「上から目線」でパパにおねだりはしてないはずだ。(もし、上から目線でおねだりしている場合は、すぐさま辞めた方が良いです。これは、マナー的な部分の話なので。)

私の場合だと、パパ活をしている中で、上記のような相談をすると、基本的にパパは笑顔で何かしら対応してくれるパターンがほとんどだ。

それこそ、複数の男性と私は契約しているが、断られた記憶がほぼない。

以前契約していたパパで、雲行きが怪しい関係になっている最中に、何かおねだりした事があり、流石にそれは断られたと言うか、上手く話をそらされましたけどね。

でも、そう言った感じでなければ基本的には、どのパパもこちらの要望を受け入れてくれる場合がほとんどだ。

パパ活とは言え、女性の立場としてはパパに気を遣わなければいけない立場。

パパに何か頼むのであれば、「私は、これを手に入れる為に苦労してますよ。」と形だけでも見せなければ説得力が無いし、一度叶えて貰ったら終わってしまうと思うんですよね。(私の経験上の話)

そもそも、パパに何かおねだりしてその内容が、基本お金のパターンがほとんど。(特にパパ活ではの話)

他のパパ活女性は、どうかわからないが、私の場合必ず会う度にパパから足代を貰える。

そこで、足代を貰っている女性が「程」になる話かもしれないが、いくら足代が貰えるからと言って、その場までタクシーを毎回使っていたらパパはどう思うだろうか?もし、私なら「そう言うお金を節約すれば良いんじゃないの?」と突っ込みたくなるだろう。

いや、毎回足代を貰っていない女性でも、同じ事が言えるかもしれない。

相手の男性がこちらをどう見るか?が大事なのかな?と最近凄い考える。

これは、パパ活する上で、もしかすると「お金が必要だから少しでもセーブする為に、ここまで〇〇で来た。」という「パフォーマス」に見られる行動かもしれない。

ただ、私はそう思われても良いと思い、最近はできるだけ電車やバスを使うようにしている。

確かに、地方だと東京程電車やバスが多いわけではない。

その為、私は東京ベースで話しているので、そこはご理解下さい。

本当、ここ半年位は、かなりの頻度でパパと会う目的地まで電車とバスを使う。

これをし始めてから、何か変わったか?

正直、パパの様子を見る限りそこまで大きな変化は感じない。

しかし、一人のパパがこう言ってた。

「〇〇ちゃんは、タクシー使わないの?楽なのに。」

そこで、私はこう答えた。

「確かに、タクシーは楽だけど贅沢すると、パパにお願いが言いづらくなるから・・・。」

と言う具合に話すと、「〇〇ちゃんは、偉いね。いつでも困った事があれば話してね。」

と言ってくれた。

自分自身も、タクシーをある程度使わないで、パパと会うと、以前よりもパパに対して、気楽にお願い事ができるようになった気がする。

ただ、こういう行動は後々他のパパ活女性と私を比べた時に、パパがどう思うか?と言う部分なので、未来への行動と思って2024年は去年よりももっとタクシーを乗る回数を減らそうと考えているし、一つの自分ルールにしたいと思っている。

パパ活する女性って、ある程度稼げるようになると、プライドが出始めるでしょ?そう、自分だけが意識してしまっている、何の価値にもならないプライド。

そして、そのいらないプライドが邪魔して、誰が同世代と会う時も、「身の丈以上に見られれたくて、タクシーを使ってしまう。」なんてシーンは経験ないですか?私は正直ある。

私が言うのもなんだけど、本当にあれは無駄金だし、無駄なプライドなので、もし現在進行形の方が居たら、すぐに修正を試みた方が良いです。

はっきり言います。

何も残りません。

それに、パパになられている男性は、皆苦労を知っている女性が好きです。

だから、パパ活で女性を助けたいと思うんです。

何も苦労してない女性を助けたいと思いますか?そこを、交通手段一つ変えるだけで、こちらに対して、好印象を持って貰えるかもしれないのであれば、パパ活を仕事として見た場合、良い選択だと思いませんか?私が思うに、こう言う女性の見せ方が、今後の自分には大事なのか?と思っている今日この頃です。

是非、皆さんも個々で「自分のパパへの見せ方」を考えて見て下さいね。

意外と反応してくれるパパが居ますよ。

そして、気付いてくれると何故か「そこ見てくれてるんだ」って思えますよ。

私は、パパが気付いてくれた時は、正直嬉しかったし、私の行動は間違ってなかったとも思えました。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる