2024年2月16日
今月: 7 views | 全期間: 171 views

2023年私のパパ活はどうだったか?

 

2023年はパパ活で実際稼げたか?

この話題は、周りの女友達とかなり話題になる。

特に、パパ活している友達が多い私。

「今年どうだった?」という具合にかなり聞かれる。(私は、周りにあまり聞かない方だとは思うけど。)

正直、言うと、まだ全ての計算(確定申告があるので)をしていないが、お金の収入だけと言う形で見るなら、コロナ前と後ではかなり金額に差が出ている。

金額に差というのはプラスではなくマイナスへと言う意味だ。

勿論、パパ活なのでグラフに表すとわかりやすい形で数字がかなり落ちている。

 

本当に、これだけ見ると「平気?」と心配になる子もいるだろう。

しかし、私は逆の考えて、数年続いたからコロナというネガティブな問題が国内で起きて、そんな中、よく今までこの位のマイナスで防げたな位思っていたりする。

だって、ほんの2年前なんか外で人と会う事すら困難だったし、普通に外で人と会って楽しくしているとそれが「悪」みたいな目で見られたりしたでしょ?それに、世の中自粛モード満載だったので、私の周りでも「パパとの契約が解除」されたなんて子がかなりいた。

しかし、私の場合コロナの影響で契約解除という事はほぼ起きなかった。

そして、2023年になりコロナというネガティブから国民が解放され始めた中、パパ活の年においての売上はマイナスであるが、そこまで生活に困らず、元々契約していたパパとも今まで通り普通に生活の中で、会えるようになり、尚且つほぼ私からほとんどのパパは離れなかった。

正直、奇跡じゃんって思った。

これが、飲食なら相当な事だと思うんだよね。

確かに、コロナ禍の時は、結構努力した自分もいた。

できるだけ、テレビ電話をしたりなど。

それに、2021年よりも確実にパパ活の景気は戻り始めている気もするし、今年に入り、新規で契約をしたパパだって3人いる。

私の周りの女友達で、パパ活を辞めてしまった子がいる。

彼女が言うには、パパ活で食べていけなくなったとの事。

しかしながら、私は彼女をコロナ禍も含めずっと見てきたが、全く努力をしていたようには見えなかった。

コロナ禍も、パパと自ら連絡を取ろうしてなかったし、私が一緒にいる時でも、パパのラインを無視してた事だってあった。

私の内心は、こういう時だからこそ女性側が動かないとダメなのにとは思っていた。(勿論、パパ活は個々でやり方があると思うので、彼女へアドバイスはしなかった。)

ただ、彼女の話から結果だけで想像すると、「単純にパパ活に向いてなかったのかな?」とは感じた。

特に、パパ活をビジネスと考えている私からすると、「当たり前に起きた事」という感じがしたかな。

皆が動かない時にあえて動く。

これは、どんなビジネスでも当たり前のことであり、パパ活の場合、個人事業主にあたる立ち位置だと思うので、尚更なんですよね。

パパ活を遊びでやっている女性は多くいるし、気軽にお手当が貰えるからやってるって子も沢山いる。

しかしながら、それで毎月それなりにお手当を貰ってる子って凄い一部な気がするんですよね。

実際にパパ活をしている子ならわかると思う。

他に、メインで仕事を持っている子でパパ活をお小遣い稼ぎ程度として考えているなら、まだわかる。

しかし、パパ活のみで生活していくとなると、そこまで簡単ではないと言うのが私の実際にやっていての回答。

もし、パパ活のみで適当にやって生計をたててる子は、必ず男性側が喜ぶ何かを持っている子。

例えば、現役のラウンドガールとかモデルとか芸能系とか。

基本、それ以外でパパ活のみで生計をたててる女の子は、そんなに楽していない気がする。

もし、楽して稼いでいるように他で見えているのであれば、それは、その子が周りに対して、「楽をしているように見せている」だけでは?と私は思っている。

パパ活のみってなると、それなりに時間をパパに捧げる形になるし、場合によっては、SEXなど色々要望を言われたりする。

勿論、普通の昼間の仕事に比べたら月で考えても全然割の良いお金は入る。

しかし、昼間の仕事と違い自分が何か失敗をした場合、自分で責任を取る必要がある為、そこは誰にも甘えれない。

パパ活なので、パパにそのまま甘えるなんて事もできるし、実際にそうしている子もいるけど、私が見た感じそういった性格でパパ活をしている子は、すぐにパパから契約破棄を提示されていたりする。

所謂、毎月このくらい入るという安定がないと言う事だ。

パパ活で生活を安定させるのであれば、それなりに男性に対してのサービスも「大事な要素」になってくると言う事。

そこが、年単位でパパ活を続けて生活をする為の一つの分岐点になると言う事だ。(あくまで私の分析結果です)

私の場合は、そこが一応しっかりできてたから、コロナ前とコロナ後でそこまで契約しているパパの数が変わってないと言うことに繋がっているし、尚且つパパ活で生活できていると言うことだと勝手に思っていたりする。

一応、2023年は、もう少し稼ぎたかった気持ちもかなりある。

欲を言えば、お金も稼いで、尚且つ自由な時間も前年度に比べて増やしたかった。

ただ、金額だけで言えば、マイナス(収入が年々下がっていると言う意味)だが、パパからのプレゼントの金額は結構上がっていたりするので、自分の中でどこを着地点にするか?だと思う。

私は、パパから貰ったプレゼントを質屋に行って売ったりなどはしないので、純粋にお金だけで計算をしている。(売るとパパに失礼だし、長く契約しているとどこかでバレる気もするし。だから私はそう言った行為はしない。)

パパ活をただ儲けれるものだと思って始めない方が良い。

しっかりパパにGIVE AND TAKEができると思った人がやった方が、私の経験上上手く行く気がする。

あくまで、私の意見程度に思ってもらえると幸いです。

ただ、2024年は、2023年より少しパパ活のやり方を変えていかないとダメだとは思いましたね。

皆、同じやり方をしてても仕方ない気がするし、どこかで差別化は必要。

その差別化に、私も乗っていきたい気がした。

今のままでも十分生活はできるけど、せっかくパパ活をビジネスにしているなら、時間も含め、周りよりもっと良い環境に自分を置きたいとは思った。

2024年は、今以上にパパ活が一般の人に浸透し、尚且つ自分でも色々パパに提供できるサービを考えて、収入を上げたい。

パパ活で今以上にプロ意識を持たなければとも感じましたね。

それが、直接収入UPにも繋がる気がしましたね。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる