2024年2月5日
今月: 90 views | 全期間: 90 views

パパ活に沼らない為には

はじめまして、ベルですッ♪(*´▽`*)

本題に入る前に少し自己紹介をさせて下さい☆

わたしはパパ活を始めて3年3か月経ちます。

結婚歴なし、婚約破棄歴あり、彼氏はいないが好きな人はいる、アラフォーです。

アラフォーと言っても幅広いので正確に言うと今年で37歳になりました(°▽°)

パパ活では今まで沢山の方にお会いしてきました。延べ300人程です。

交際クラブ、パパ活アプリ、ギャラ飲み、一通りやってきました。

その中で経験したことや所感を共有して少しでもお役に立ててもらえたらと思います。

パパ活で感じたり思ったことを書いていきます。

 

パパ活をする前は夜職、銀座でホステスをトータルで7年程していました。

23歳〜28歳(途中でバックパッカーとかワーホリでトータル2年程日本にいない時期あり)まで銀座でホステスをしていました。

そして、34歳くらいから現在37歳までパパ活をしています(*´▽`*)

パパ活を始めたキッカケはメンタルやられて体調を崩し、

パニック発作が朝の満員電車の中で出るようになってから出社ができなくなり生活費を稼ぐためにやり始めたのがキッカケでした(´-`)

きっとパパ活している人達には色んな理由があって、私のように生活の為にやってる人や、学費を稼ぐ為、借金を返す為、身内の治療費など

生きる為に今すぐお金がないと困ると言う人達が多い印象でした。

 

現在わたしは海外に住んでいるので、日本に帰国したときにパパさん達と会っています。

頻度は3ヶ月〜6ヶ月に1回くらいなので、今はがっつりパパ活をしている訳ではありませんが、職業柄たくさんの男性と接してきたので、

そちらも踏まえて書いていきたいと思ます(*'▽'*)

 

わたしは海外に住むのが夢でした。

実はその夢の海外生活ができているのは、パパ活で出会った殿方にオンラインで完結する仕事を頂けたおかげです。

そのおかげで世界中、何処に居ても仕事ができるようになったのです(o^^o)

わたしが今の夢の生活を手にできたのはパパ活のおかげなのです!!(*^^)v

パパ活様々です♪

 

さて本日のテーマは「パパ活に沼らない為には」です。

この記事を見ている方でこれからパパ活を始めようとしている方は始める前に是非ゴールを決めてから始めて下さいo(^o^)o

パパ活はキラキラしているようにも感じますが精神的に辛いときもあります(>_<)

心ないことを言われたり足元を見られることを望まれたり(TT)

パパ活をしている女性の中には病んでしまう人も大勢います。

それでもお金の事情は人それぞれで、病んでもパパ活の道から逃げたくても逃げられない方もいます。

ですが逃げたくても逃げられない状況だったら
例えば借金の半分を返却できたら、
学費を稼がないといけない方だったら就活が始まるまで、などゴールを設定してから始めて下さい!!

現在パパ活をしている方も今からでも遅くないのでゴールの設定をして下さい(*´∀`)♪

ゴールの設定をすることでパパ活に依存しなくなります。

ゴールがあればあと少しだからと頑張れることもあります。

ゴールなく長くパパ活をやっていると
"これしか生きる道がない"と麻痺ってきます。

沼る理由は "抜け出し方、いつ抜けたらいいかかわからなくなる" からです。

最初からそこをクリアにしてから始めればズルズルいかなくて済みます。

パパ活をしていると交通費だけではなく
欲しいものを買ってもらったり
約束の交通費より多くもらえたり
普通に働くより甘い蜜を吸えることが多いので、辞めるのが惜しくなっていくものです。
その結果ズルズルやってしまう方が多いのです。

長くやっていればリスクが生じます。
仕事場の同僚や上司に見られて本業がやりずらくなったり、友人に見られて地元にいずらくなったり、彼氏や旦那さんにバレて離婚されたり。
そう言う人達の話を私は沢山聞いてきました。

1番ズルズルやってしまいがちなのが
生活費の為にやっている方。

実は私はコレでした。
体調を壊して外で働けなくなり在宅の仕事にありつけたのものの生活費が足りなくて補填をする為にその場しのぎでパパ活をしていました。

ご飯をご馳走してもらえれば食費も浮くし一石二鳥と思ってやっていました。

ただ生活費の為だと根本の収入源を変えない限り
パパ活をやり続けないといけなくなります。

副業を増やしたりもしましたが
仕事とパパ活をしていると中々難しいm(__)m

家賃の安いとこに引っ越しをするにも引っ越し費用でまとまったお金はかかる。

パパとご飯を食べる以外は家ではモヤシ、豆腐、納豆で乗り切りました。笑

 

コロナ禍で仕事が少なくなってパパ活を始めた女性が多いですが、それで生活できてる人がいるなら

救われた人が沢山いるなら

パパ活は褒められるものではありませんがパパ活があって良かったと思います。

今は大変でもゴールを決めて乗り切って下さい(*'▽'*)

 

皆さんに素敵なパパが現れることを祈っております(^_-)-☆

Writer: 
パパ活2年目、30代後半。20代は銀座のホステスNo,1でした。29歳で銀座をあがり婚約破棄など色々あり、その後ご飯だけのパパ活をしています。

ベルの記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる