2023年11月27日
今月: 2 views | 全期間: 80 views

お盆は稼ぎ時

 

とにかくお盆は見逃せない

 

パパ活してる女性の皆様。

毎日、どう暑さを凌いでますか?そもそも、この暑さで、どうにかなりそうな私。

そして、暑くなれば電気代も毎月嵩む。

そうなると、自然と私たちの生活もどんどん圧迫され、買いたい物も買えなくなり、我慢をする幅が増えるわけです。

そこへの駆け込み寺にとパパ活をしている女性も多くいるはず。

毎月、必ず出ていくお金ってのがある。

勿論、上記で書いた電気などの光熱費や住んでいる家賃。

所謂、生活する上で非常に大事な生命線と言えば良いだろう。

今では、パパ活は私の生活する上で欠かせない生命線になっている事は言うまでもない。

さて、そんな物価高騰含め、何もかもが上昇している日本で、今まで通りストレス無く女性が生きていくには、それにあった収入を得る必要がある。

私で言えば、パパ活。

そんな、パパ活は、世で言うお盆休みは稼ぎ時なのだ。

何故か?と言うと、「お盆休み=昼間の仕事をしている女性は皆休みが取りやすい」からだ。

私も実は昼間に色々やらなくてはいけない事がある。

自分の将来を、パパ活のみでと言うのは、年齢的にも無理がある為、色々考えるわけだ。

しかし、それだけでは食べていけない。

そんな、私の収入のほとんどは、パパ活であり、そこで稼いだお金を、自分の未来投資で繋げている。

多分、似た女性は多いのではないでしょうか。

しかし、そんな昼間の仕事もこのお盆休みだけは少々違う。

基本、どこの国内企業も、休む傾向にあるし、私で言えばパパ活へ100%集中できる環境を作りやすい。

それこそ、昼間にOLなどをやられていて、片手間でパパ活をしている女性なら、尚更このお盆休みを使う手はないはずだ。

昼間に、何か仕事をしている女性にとっては、お盆休みは絶対に見逃してはいけない期間と言える。

お盆休みをどうパパ活へ繋げるか?

私の経験上の話をする。

私が、リアルタイムで契約している男性のほとんどが、60歳以上。

これは、何を意味してるかわかりますか?意外と、この年齢の男性ってお盆休みは相当暇しているって事。

言い方を変えれば、毎年お盆休みに入る前に、60歳以上の男性とスケジュールを組んでおくと、かなり稼げる確率が高い。

それこそ、もし契約をしてなければ、あえてお盆休みに入る前位に簡易的でも良いので、契約しておくと良い流れになる可能性が高いのだ。

勿論、交際倶楽部で紹介してもらい、その男性が気に入ればの話だが。

今年は、かなり長い休みを取っている方が多い。

その為、私を例にするなら、沢山のパパと予定を組みやすいのだ。

お盆休みで何をする?

私は、今年のお盆休みを使って少し新しい事をパパ活で試みようとしている。

それは、今までやった事ないのだが、あえてこちらから率先してパパに対して要望を出すつもりだ。

きっと、私の契約しているパパは、海外旅行などあえて混んでいる所を優先してスケジュールを組んできそうな勢い。

しかし、それをすると私には不利。

その理由は、先ほど言った通り、お盆休みは、できるだけ多くのパパと会いたいのが私の意思だからだ。

それに、一人のパパと長くいるより、多くのパパと会った方が私の場合、稼げる。

そう考えると、こちらから行き場所から全て指定した方が、契約がたてやすいし、時間も含め効率が良い気がしたからだ。

正直、こう言った少し大掛かりな計画はたてた事がパパ活ではない。

それこそ、初日は誰とどこで会って二日目の何時に帰宅して、その次の日は、違うパパとどこで会うか?など、かなり細かく計画をたてる予定だ。

と言いますか、既に70%は出来上がっている。

この通りに、行けば良いが、少々不安。

まず、その不安材料の一つに、パパ活はサービス業と思っている私。

だから、当然どのパパにも同じサービスをしなければいけないし、相手が不快に思うような仕草は絶対ダメ。

普段のパパ活なら、パパから違うパパへと、流れる場合、何日かあく事が多い。

だから、気持ちのスイッチを切り替えやすい。

しかし、今回の試みは、そのスイッチを瞬時に行えるか?がかなり大事な部分。

他にも、不安要素はある。

パパは、すぐに私を帰してくれるだろうか?もう数日一緒に居ようよ?とリクエストされないだろうか?と言う点だ。

正直、お願いされると断れない性格の私。

今までもそうだった。

パパから、要望されると、どうしても「いつもお世話になってるし」と言う気持ちが先に出てしまい、そのままパパの要望通りって事が多くあった。

しかし、今回の計画は、そんな性格だと絶対に成り立たないわけだ。

だから、前もってお盆休み中に会う予定の、どのパパにも、スケジュールは変えれないと言ってあるし、心を鬼にするつもりだ。

どのパパも、私の中では大事。

でも、パパ活は私の中ではビジネス。

その為、しっかり割り切りたいと思っている。

それに、上記で少し触れたが、光熱費の値上がりや物価高騰などで、毎日の生活が少しずつ変わってきている。

勿論、パパに相談すれば多少は、お手当も上げてくれると思う。

しかし、私の中ではそれを要望したくない。

その理由は、パパ活に100%徹しきれていない私が、そこで値上げを言うのは筋違いだと思うし、あくまで昼間の仕事をしつつ、パパ活と言うのが私のスタンスだからだ。(それが、生活のほとんどがパパ活での収入であっても。)

その為、基本的にはパパと最初に決めたルール内でやり繰りしたい自分がいる。(プライドもあるかもしれない)

だからこそ、金額も変えずやる上で、こう言ったお盆休みなど、稼ぎ時は見逃せないのだ。

是非、皆さんも今年のお盆休み中は、パパ活を考えてみてはいかがでしょうか?私がどうだったか?こちらで引き続きお伝えできれば幸いです。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる