2024年3月21日
今月: 132 views | 全期間: 132 views

セフレもパパ活で消化

パパ活を性でも利用する

最近、女友達と食事をしていると、よく話題になる内容がある。

それは、SEXについてだ。

そして、いつも一緒に食事をする面子は私と同じで、皆パパ活をしている。

当然ながら、どの子もパパとは頻繁にSEXをしているらしいし、私も同じだ。

ただ、それはパパ活をしている女性なら当たり前の話だし、なんらそこには特別感がない。

私達が、最近よく話すのは、この先にある話題だ。

所謂、セフレというやつだ。

最近は、若い子を中心にセフレは当たり前に居るらしいし、そこまで隠す必要がないワードらしい。(勿論、女性同士ではの話。)

正直、私はしばらくリアルな彼氏を作っていないので、あれですが、もし彼氏が居て別途セフレを作るか?と聞かれると、多分「NO」と答えるだろう。

それは、セフレが居ると周りに言うと、なんか自分を安く見せてるみたいで嫌だからだ。

ただ、最近の若い子はそうではないらしい。

えっ?セフレいないの?彼氏で全て満足できてるの?位ライトな感じで話をするらしい。

実際に、私にも20代前半の女友達がいるのだが、かなりライトに「セフレ位いるよ!!!」と言われた。

今の時代を生きる若い子は、そんな感じらしい。

しかしながら、セフレって皆さんどう思いますか?私は、なんか気が進まないというか、実際パパ活でやってる行動はそれに近い事なんだろうけど・・・。

 

実際に、セフレと言われるとなんかピンと来ないと言えば良いだろうか。

多分、自分で何か納得できない部分があるのだと思う。

さて、そんなセフレ話題ですが、最近女友達とこんな話題になった。

パパ活は、お手当をパパから貰い、私達はパパを色々な方向から満足させて、喜んでもらう。

そして、そこでお互いが笑顔になり、WIN WINな関係になれている。

しかし、性の部分に関してはどうだろうか?パパ活する女性は、パパになる男性以外、パパ活では性を求めていはいけないのだろうか?ここがいつも女友達と議論になる。

パパ活をサービスの一環として、「ビジネスオンリー」で考えるのであれば、相手から求められる部分にのみ答えるべきだろう。

しかし、もし「ビジネスを超えた何かがパパとの間に生まれた」のであれば、女性側も「一人の人間としてSEX」を求めるのもアリではないか?など。

かなりシリアスに、女友達内でよく話す。

そこで、私達の中である結論に至った。

それは、パパ活でセフレを作ってしまえば良いのではないか?というものだ。

確かに、パパ活でセフレができれば一石二鳥だ。

お手当も貰えるしこちらの性欲も満たせる。

既に、パパ活で男性とSEXしてる時点で、セフレがいるじゃん。

そう取る人も中にはいるでしょう。

しかし、これはパパ活をしている女性なら、大半だと思うが、「自分から望んで自分の性を満たす為だけのSEX」をしてるパパ活女性はどのくらいいますか?多分、ほとんどいないのではないでしょうか。

ほとんどのパパ活女性は、「パパが望むから、私は答えている。」って感じではないでしょうか。

多分、自分の快楽のみを追求し、自ら望んでパパ活内でSEXしてる女性ってほぼいない気がする。

今回、私が言っているのは全くこれとは逆の発想です。

パパ活で自分のタイプのセフレを探すのって結構難易度は高い。

多分、自ら望むセフレなら似た年齢が良いとか色々わがままにはなるだろう。

ただ、私は色々この部分を考えた。

確かに、パパ活内でセフレを探すとなると取り合えず自分が年下好きなら無理だろう。

しかしながら、私は年上好きで年下好きではない。

その為、パパ活内でセフレを探す場合、年下好きの女性に比べて、探しやすいだろう。

次に、私がもしパパ活内でセフレを探すのであれば、ある程度、男性側も元気な方が良い。

これに関しても、私が今まで契約してきた男性のほぼ全員がかなり元気で、性欲が強いイメージだ。

なぜそう思うか?

それは、いつも会う度に私を抱きたがるし、尚且つ「本当は年齢誤魔化してない?」と思うくらいギンギンになる男性がほとんどだった。(もしかすると、バイアグラを隠れて飲んでいるかもしれない。そのくらい、元気なパパばかりだった。)

次に、女性がセフレで選ぶ時に重要な顔のスペックだ。

確かに、パパに対して、顔面偏差値を求めると、こちらから望むセフレを作る事は、まず難しい。

しかし、私は良い方法を最近編み出した。

それは、「契約したパパORこれから契約するパパ」を自分好みに変えてしまう作戦だ。

確かに、頑固で変わりたがらないパパも大勢いる。

そう言ったパパは、普通にパパ活内での割り切った関係オンリーの類に入れて、こちらから求めるセフレ枠からまず外す。

しかし、もし女性側の意見をすんなり受け入れて変わってくれるパパであれば、話は早い。

どんどん、こちらの要望を出し、パパを好みのルックスに仕上げて行く。

するとなんだろう。

普段から、パパ活していると、男性には失礼だが、自然とそこまでタイプを求めない目になっているのだろか?自分で、男性を見るレベルを下げて気にしないようにしていると言えば良いかな。

しかし、どんどんパパが自分好みに変わって行くと、「普通にセフレでこちらから攻めたい」って気分になってくるんだよね。

これが、稀なことでは?と思う人もいるかもしれないけど。

意外と、そうではない。

私の場合だと、ここ最近で話すと4人に1人位のペースかな。

パパ活で、自分より全然歳上の男性をそれもこちらからセフレ基準で選ぶってかなり無謀では?と思う人が大半だでしょう。

しかし、私は上記の方法で、普通にパパ活しながらセフレもできている。

女性の持つパパ活意識って、男性に対してセフレって感覚ゼロでしょ?それは、「男性側が持つ感覚」ってイメージがほとんどだと思う。

 

だけど、私の場合は、普通にパパ活内で「こちらから求めるセフレ」ができているので、「性欲の解消」も、プライベート並みにパパ活内でできている。

これって凄く無いですか?パパ活も、ある程度考えれば、やり方によっては、お手当を貰う以外にも色々利用できると思いましたね。

多分、私の場合は、パパ活内でセフレがいて、満足できてるので、彼氏ができないんでしょうね。(そう思いたい)

是非、パパ活する女性の皆さんも、こちらから求めるセフレをパパ活内で見つけてみてください。

お手当も貰えて一石二鳥ですよ。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる