2024年3月21日
今月: 47 views | 全期間: 47 views

私なりのパパ活ルール2024 Vol.11

 

パパ活で稼いだお金への執着は程々に!!!

パパ活をしていると、正直昼間の仕事をしている時では考えられない札束を手にする事ができる。

女性にとっては、良い事なのかも知れない。

だって、それで我慢していた買い物だってできるし、お金があれば安い給料で働いていた仕事の時間を趣味へ、「有効活用」だってできる。

多分、パパ活をやり始め、それなりにパパと良い条件で契約した女性なら、皆それを短期間の間に感じれると思うし、昼間の仕事をしていた方なら、尚更そういった日々が馬鹿らしくなる子だっているはずだ。

ただ、ここからはあくまで私の私感であり経験から感じた話が混ざるので、必ずしも「全パパ活女性」にあてはまるとは限らないので、そこは誤解がないように前もってお伝えしておきます。

まず、上記でも話したがパパ活はそれなりに大金を稼げるチャンスが非常に高い。

これは、もしかすると「昼間に女性が働くどの一般職」と比べてもかもしれない。

その理由は、パパ活自体一般職と違い、最初から自分自身で男性側と金額を交渉する為、ある程度の相場があるとは言え、正直女性自身の言い値だ。

そこへ、パパが納得するしないは別として、もし納得すればそこからが契約となる。

その為、一月目でとんでもない金額を一人のパパからお手当として貰ってる子も多数いる。

私が、知る限りでは最初の月300万って子が居た。

ただ、この子はすごい稀なケースだと思う。

私の友達なのだが、職業がバリバリのモデルで、ある程度有名雑誌にも載っている子だ。

私の場合だと、過去に契約していたパパにはなるが、一ヶ月の間に4回会って、月に貰えるお手当が、140万って事があった。

正直、そのパパと出会って契約した時、他で契約しているパパから貰っていたお手当が非常に安く見えたし、「このパパ一人で十分なのでは?」とも感じた。

そして、この凄い素敵なパパとは契約している時には、「関係はずっと続くのでは?」と言う具合にそればかり考えていた日々だ。

しかし、これは「非常に注意をしないとダメ」だと言う事は、後で気付いた私。

どこが注意をしないといけない部分なのか?

所謂、一人のパパからかなり「優遇」されて非常に高いお手当を貰っていると、色々と自分にとって「素敵な未来」を想像し、それが「錯覚」だと言うことに、気付けなくなるんですよね。

私の場合だと、一人のパパが「私にとって凄い大金」をお手当でくれる=自分を評価してくれている。

これは、間違っていない。

確かに、こちらを評価しているからお手当をくれるわけだ。

しかし、そう言ったパパは女性の乗り換えがかなり早いかも?と言う部分を私自信、可能性とは言え、見逃していて、一切考えてなかった。

その為、自分では明るい未来ばかり考え、日々の私の幸せの形が「お金を稼ぐ為だけに生きている」と言う具合になり、その矛先はどんどんそのパパのお金へ向かい、そして、非常にお金に汚い執着心が生まれ、それが天井知らずになって行く日々。

だから、他で契約しているパパへの愛着も薄れ、扱いも雑だし全てが面倒になる。

もう、この時点でパパ活をビジネスとして見るなら、最悪の流れです。(自分では、全く悪いと気付いていない盲目状態。)

正直、今考えると、他で契約していたパパの方が、私を大事にしてくれていたなーと思う。(私に気を遣ってくれてたし)

そして、結局そう言った私の外見と言うか、「お金オンリー感が見え過ぎた態度」に愛想を尽かし、私の元から去ったパパも数名いた。(今考えると、本当に酷かった。)

それに、そんな性格が悪くなった女がパパ活とは言え、どんなに温厚な男性であっても大事にしようがないわけで・・・。

結果、どうなったか?と言うと、上記の待遇の良かった男性は、3ヶ月で私と契約解除した。

その契約解除理由が、笑うしかなかった。

「〇〇ちゃん、お金しか興味がない空気が出過ぎてて冷めたよ。私にとっては、〇〇ちゃんへあげてたお手当は、そんなに高いと思っていないし、その価値があると思ったから支払ってたんだよ。そして、出会った当初は、凄い遠慮してる部分も見れて良い子だなと思った。でも、今の〇〇ちゃんは、会う度におねだりばかり・・・。パパつまらないよ。だから、こんな気持ちで、契約してても仕方ないしね。」

正直、これを聞いた時の私はショックだった。

だから、「パパに好かれるように努力する」と言う具合に、なんとかしがみつく感じでパパへ言葉を伝えたのを覚えている。

しかし、手遅れだった。

それに、その時吐いた私の言葉も、「お金がもっと欲しい感」が出ていたのでしょう。

その時、私は何がダメだったのか?気付いたし、何より他のパパへの態度を改めて考え直した。

その時の私は本当に最低だったし、2度とこんな過ちを犯してはいけないと思った。

きっと、お手当の金額で、あまりにも非現実的な金額を言ってくれるパパってリアルに存在するし、私は何人もそんな男性を見てきた。

ただ、ふと思ったんだ。

これって、男性はこちらを試してるのかな?ってね。

この金額を言って遠慮しない女性はダメだな位思ってるのかな?とも考えた。

確かに、女性の内面を試すなら手っ取り早い手段だもんね。

ここ数年は、最初から私に対して、大金を出す人は減ったけど、なんだかんだお手当をいきなり上げてくれるような話をしてくれるパパは数名いる。

これは、誰かから指摘して注意して貰える内容ではないから、自分でどれだけ常識を持ち、コントロールできるか?なんだよね

ここ最近、自分の脇がまた甘くなり、良い条件だとすぐに飛び付きそうなる事がある。

そして、2年以上契約してお世話になっているパパを簡単に切ろうと考えそうになった2023年の冬の私。

自分でも、よく立ち止まったと褒めてあげたいくらいだ。

しっかり過去に失敗した経験から学べてるわけですからね。

2024年は、こう言った部分を自分ルールとして、脇を固めてパパ活に励みたいと思いましたね。

パパ活あるあるかもしれませんが、お金だけに執着し過ぎるとすぐにパパから見透かされますよ。

そして、冷められます。(私の経験の話)

だから、もし私と似た人が居たら是非気を付けてくださいね。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる