2024年3月6日
今月: 3 views | 全期間: 132 views

私なりのパパ活ルール2024 Vol.4

 

パパとの夜の営みを少しセーブする

パパ活をしていて、男性と契約し何回か会っていると、体の関係を求められるはずだ。

勿論、その契約したパパが自分にとってメリットであれば、ほぼ皆関係を持っているのではないでしょうか。

女性側は、契約しお手当を貰い、男性側は自分より若い女性を連れて歩くOR寂しさを紛らわすなど、理由は様々。

しかし、そこにはお金が必ず絡むし、お互いWIN WINな関係ならば誰も邪魔はできないし、外野がとやかく言う話ではないはずだ。

しかし、性の部分に関しては、男性と女性とでは少し向き合い方が違う。

これは、女性目線の固定概念かもしれないが、女性よりも男性の方が性に関してはオープンな気がする。

今まで私は、意外と周りの女友達の中では性に関してはオープンな方だった。

だから、もしパパと契約したら2回目位のデートで関係を持っていたし、求められればかなり受け入れていた。

別に、私は性に関してはそこまで関心があるわけではないし、求められれば受け入れて、相手がこうして欲しいと言われればその通りにしてきたつもりだ。

だから、ある程度パパを喜ばせる為のテクニックも持っているし、過去に自分なりには勉強もした。

でも、最近考える事がある。

それは、「少し私軽過ぎるかな?」と言う点だ。

なんだろう、自分の価値を下げてるのかな?と感じ始めたのだ。

勿論、それなりにパパからお手当も貰ってるしお世話になってるから、「何か私にできる事がないか?」と考えた時に、パパが求める事がSEXなのであればそれで良いと思っていたし、それが相手の男性を満足させる一番の近道だとも思っていた。

パパ活をしていて、ずっとその考えでいた。(きっとそう考えた方が楽だったのだろう)

しかし、2023年の終わり辺りからパパへの恩返しがこれでできているのか?と考えるようになった。

それに、女性って自然と老いて行くでしょ?武器の大半がSEXだけってどうなのかな?と少し不安になったわけですよ。

勿論、私なりに他の面でも努力はしている。

例えば、手料理を作ってお弁当にしてパパに渡したり、手編みマフラーを渡したりなど。

でも、なんか物足りなさがあると言うか、本当にこれで良いのかな?と自問自答する時間が最近増えてきた。

パパが、私の体を求めてくれる事は嬉しいし、SEX後のパパはかなり機嫌が良い。

それこそ、SEXに関しても毎回褒めてくれる。

でも、長くパパ活している女性ならわかると思うけど、それだけの関係ではないでしょ?なんかもっと違う絆で結ばれているパパも必ずいるはずだ。

それに、私は別にパパ活で自分のSEXだけを売りにしているわけでもない。

そう考えると、もう少しパパ活内の性に関して真剣に考える必要があるのでは?と思ったのよね。

確かに、男性と契約してずっとSEXを拒むとそれはそれで、問題だと思うし、パパになった男性も「不満足感満載」になるだろう。

しかし、すぐ性に対してオープンになり過ぎると、それだけの関係で今の私の悩み事は解消されない。

そこで、思ったのが「毎回パパとSEXをし過ぎでは?」と言う部分に辿り着いた。

確かに、毎月会わないパパもいる。

そう言ったパパは、寂しさもあるだろうしこちらもすぐ受け入れても良いと思うんだ。

でも、毎週会ってるパパも存在する。

そう言ったパパに関しては、少しじらすと言うか毎回ではなくて、少しだけ「私とのSEXに価値を付ける」と言う意味で、会う度ではなく2〜3回に一回など少しルールを設けて見ても良いのかな?と思ったんだよね。

別に、私は芸能人でもなければモデルでもない。

だから、そこまでありがたみを持たせる必要はないと思うし、それをやり過ぎると「お高くとまっている」と言う具合に契約を解除される可能性もある。

その為、かなりバランスを取ることが大事だろう。

それに、私自信も「SEXはあくまでパパに対しての愛情表現の一つ」であり、これで恩返しできているとは思っていない。

だかららこそ、少しだけ性に対してルールを設けた方が良いのかな?と感じたんですよね。

そして、私自身、SEX以外でもパパを満足させれるようになりたい部分もある。

これは、パパ活をする上で女性としてのレベルアップにも繋がると思っている。

もし、SEX無しで契約しているパパを日々満足させる事が出来たら凄いと思いませんか?女子力は今の時点でもゼロではないはず。

だけど、完璧か?と言われるとそうではない。

特に、パパ活している女性ならわかると思うけど、交際倶楽部に登録している男性って育ちが良い人多いでしょ?だから、身近でだらしない行動って取る人があまりいない。(私の契約しているパパは皆しっかりしている)

多分、小さい時から親御さんの教育が良かったのかな?ご一緒に食事しているだけでも、その節々でそれらを感じ取れる。(明らかに普通の家庭の育ちではない)

まだ、この「パパとの夜の営みをセーブする為の行動」は、実際には動いてないしこれから実際に始めようと思っている。(去年の終わりに軽くは試して見たけど、結局求められたら最終的には受け入れてしまう私。)

もしかすると、パパによっては、「毎回抱けないならメリット無いから契約を解除したい」と言われるかもしれない。

正直、そこはかなり不安だし、パパの言ってる事も理解できるし、その通りかもしれない。

だからそう言われたら言い返せないと思う。

でも、私なりに「性以外でも満足させたい」と言う気持ちがある為、挫けてはいけない気持ちもある。

あくまで、これが自分へプラスに動くかわからない。

でも、2024年は、パパとの性に対して少しずつセーブしながらパパ活を今まで通り行なっていこうと思う。

もし、「あっ、これは相当私を求めてどうしようもない状態だな」と思えばいつも通り受け入れてしまうかもしれないけど、ルールとして持つとその都度考えれるから良いかなと勝手に思っている。

パパ活は、何事もチャレンジできる場とも思っているので、試す価値はありかなと・・・。

是非、皆さんもパパ活において、性に対して考えている方がいましたら、一歩下がって冷静に分析してみると良いですよ。

意外と、自分にあった答えが私のように見つかるかもしれませんよ。(正解不正解は別として)

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる