命短し、恋せよオジサン

おじさんも恋をします
あの子に恋をしてしまった話です
こんな恋もあるのです

ひさしぶりだった、こんな気持ちになるのは
自分でも数日はわからなかった
何十年ぶりだろう

夜、眠れなくなってしまったし、夜中に何度も目が覚めてしまうし

うきうきとどきどきで、胸が熱くなってしまった
(俺は、病なのか?)

数枚の写真だけしかみていない
清楚できれいな人かわいい人は、もっとたくさんいる
だけど彼女以外目にはいらない
なぜに、その子だけが、自分の心の奥深くに入り込んで
突き刺さってしまったのか、いまでも自分でもわからないままだ
彼女に恋をしてしまったのだ
ハートに刺さった甘酸っぱいこの気持ちをどうすれば
表現できるのでしょう

写真を見て
彼女の雰囲気がわかった気持ちになった
その子の持ってる、空気感も分かった気がした
とてもかわいかった、そう感じた気持ちだった
恋はおそろしい病だ

その彼女の髪に触れたいと思った、彼女を感じたいと思った
抱きしめたかった
なんでこんな気持ちになったのか、いまだにわからない
(砂漠みたいな、環境で生きているからなのかなあ)

こんな歳になって、なにをやってるのだろうね(55歳です)
自分がやばいと思う 
(鏡をみてみろ!みてます。)

数日悩んで、悩んで悩んで・・・
彼女とのセッティングをお願いした
日取りは割と楽に決められた
夕方のディナータイムセッティングをお願いした

服も買った
靴も買った
かばんまで新調してしまった

毎晩、寝れない日が続いた

当日
前の日はもちろん眠れない、睡眠は数時間だったと思う
仕事も休んでしまった

待ち合わせ場所に近づくと
時間より30分も前に、彼女からの電話がなった
焦った
ドタキャンか?

現地についたという連絡だった。
思ったよりも声のトーンは割と低めのボイスだった。

10分も彼女を待たせてしまった
(なんか変だった)
彼女も期待がこもっていたのかもしれない
そう勝手に思うことにした

彼女は
写真よりもだいぶ大人になっていた
服装の感じから、そう感じたのかもしれない
写真は子供っぽさが残っていて、幼くみえたから
でも、大人びた君は美しかった

彼女もドキドキしてるのがわかった

挨拶とこれからを話すと
会話がかみ合わない、お互いがまだ、探り合いだ

少しお話をしてみたいというと、お腹が少し減ってるっていうから
じゃあ、軽く食べに行こうと、馴染みの店へ誘ってみた
この店は、ほかの子ともデートで何度か使ったことのある店で
雰囲気のいいカジュアルフレンチの店だ

対面して、挨拶してたわいもない話をして
よくわからん雰囲気のままで

自分は、気持ちがいっぱいいっぱいで食事がまったく喉を通らないし
やたらと喉が渇く
何を話したかまったく覚えてない

ほどなくして、勇気をだしてこの店のあとのことを誘ってみた
彼女は。。。
今日は顔合わせだけって決めてきたのという
(タイプミスじゃんって言いそうになってしまったけど)
彼女の髪に触れられない日とわかってしまった
(まあそういうもんだよね)

だけどちょっと、迫ってみた
自分は、次回も君に会いたいと言ってみた
付き合ってほしいとも言ってしまった
(かなり焦っていたのかも)
彼女も、私もお付き合いしたいわと言って
私も同じよと言う
彼女の本心はわからない
(自分の顔がお金に見えたのか?)
でも時折、目と目とが合う瞬間があって、
それはそれは、ドキドキしてすごく幸せだった

日取りを決めて、連絡先を交換してその日は
解散した

また会えるはずと思ってた
絶対会えると思ってた
数日後に連絡しても、返信はないままだった
彼女とは、その後、2度と会うことはなかったのだ
そういうものだった

お相手の向こうの方がベテランだった
経験豊富さを隠して、かわいそうに何人もの男の犠牲者がいることだろうけど
こういう出会いに、恋心は必要ないのかもしれない

君が言っていた、君はチキンではないよ
ちゃんと活動してるって
選別は大事だよ
自分を大事にしてる君はすてきだと思う

自分の恋は、なんだったのか
時間がたっても、理解できない自分がいる
少し彼女を恨んでもみたが、それも違うとわかった
これは、ビジネスなのかもしれないとも思ったが
それも違うはずだと気が付いた

こんな気持ちになれたのもの、恋しい気持ちを経験できたのも、
とてもよかったと思う

夢の中で、恋ができました
終わりましたけど

思うに、
男も女も、相手に恋をしてはいけません
たいへんつらい思いをします
恋はつらいものです
疑似恋愛も、探り合いです

走る気持ちは抑えましょう
でも恋をせず、相手に恋を与えて、夢を与えましょう。
恋のはじまりは、不倫の入り口でもあります
気を付けましょう

人はやさしくされたりすると、心がゆれます

自分はわりとすぐに、恋をしてしまいます
(アホですね)
自分は、今回なぜか写真だけであの子に恋をしてしまいました
抜け出すのに苦労しました
時間がかかりました
でも、やさしい気持ちがあるから、他人にもやさしくなれると思うのです

自分にとってのあの2時間は、恋のはじまりではなくて終わりだったのですね
1週間ぐらい、その後ぼーっとしてました
まだ、胸は熱いままですけど
彼女の写真は、もう見ません、見れません
(でも、検索するとでてくるんだよなあ)

気持ちを切り替えて、私、次行きます
やさしく恋する相手を探します
すてきな髪をした、やさしい子に会いにいきます
そっと抱きしめにいきます
こんな自分の相手をしてくれる子を、大事にします大切にします
明日のために
命あるかぎりハートを熱くします

ありがとうございました
私の冒険はつづく


 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集