10万欲しいと言う女がいたらどうするか考えてみた

いつもありがとうございます。
最近寝違えまして首が痛くてやばいユニバース名古屋の寺辻でございます。

パパ活が街中で大流行、最近では大学生の女性達の間でパパ活サークルまでできているとか。すごい世の中だなと思っております、スタッフやってるくせに。

その中でやっぱりきになるのがお金事情。
私はお金事情に興味があるようです。下世話ですね。
でも私が気になっているということは、男性的にも気になっているに違いない。でも誰にも聞けない、あれ?高くない?普通なの?そんな風に思いながら、こんな高いならもうええわ…と、思って去っていかれる方も絶対多いと思います。

そうです、
最近なんか私が想像している以上の金額を提示する女性が多いと聞きます。
なぜだ、それはネット社会のせいだと思ってます。

twitterでパパから○万円もらった~、お食事だけで△万円もらった~
こんな1部の上級者の自慢のせいで巷の女性の相場感がつり上がっているのだろうと推測してみます。

では、やってきました。
この後どうする?はい、お任せします…という展開になって参りました!盛り上がって参りました!その時、女性の口から『10万でお願いします』と聞こえた気がした時、男性側としてはどうしたらいいのか?考えてみました。

①逃げる

せっかく高い金額出してセッティングして、高いお店予約して、交通費払って退散するなんて、後味悪すぎ、トゥルルルルル、どうなってんだよ!と倶楽部に愚痴を吐かれるNO.1ケースです。

10万とかふざけんな、と思いながらグッとこらえ、交通費渡して、はい、さようなら。このパターンが1番多いのではないでしょうか?

でもそれが男性側にとっては最小限の出費で済んだとおっしゃる方も少なくありません。そのまま行き場のない気持ちを抱えて夜の街に消えていく、というパターンも多いようです。

②検討保留する

一旦保留にして、帰ってじっくり考える。
10万払う価値が本当にあるのか、10万払ったとして今後も10万の付き合いなのか?その関係性がずっと続くと考えた時、いけるのかどうか。

長期的な付き合いを考えた時に毎度毎度10万はさすがにどんな方でも正直きついと思います。10万あれば他になにができるのか、じっくり考える必要があります。10万払ってでも一度お願いしたい相手なのか。

③払っちゃう

むしろ試しに払っちゃう。
10万とはどんなもんなんだと。
10万稼ぐのがどれだけ大変か、わかってんのかと。

でも試しに払ってみる、するともしかしてもしかすると今までにない満足感を得られちゃうかもしれない。と、同時に今までにないくらいの怒りも感じるかもしれません。

10万だして満足感が得られるのか、10万払ってこれなら高級風俗店いったほがマシだった、もしくは他なんてどうでもいいくらいの女性に出会えちゃうかもしれません。

でもそれだけ高額であれば男性側もそれなりの満足度が得られるものをお求めになります。

④交渉する

(10万とかどんだけ大金だとおもってんだ?)という気持ちを抑え込み、私はあなたと長いお付き合いをしていきたいと思っている、でも毎度10万を続けていくのは精神的・経済的にムリ、10万払ってくれる人がいるならそっちに行けばいい、
でももし私を付き合いましょうとなった時には、10万以上の価値あるものをあなたにプレゼントするかもしれない、誕生日には欲しいものを買ってあげよう、家賃?出してあげよう、友達と旅行にいく?これで友達と美味しいものを食べてきなさい、こういった都度10万以外にも男性は女性にたくさんのものをくれる可能性もあることを、女性は知りません。目先の10万しか考えてません。本当に残念だと思います。

そして…

⑤教育する

これができたら本当に理想、というか、お願いしたいです。
その目先のお金にとらわれて、大きなチャンスを逃す女性も多々いることを私は見てきました。もったいない、だって、とある男性様はお住いが海外で、月の半分は海外飛び回って、その世界を一緒に連れてってみせてあげたいって思ってるんですよ?また違うとある男性様も予約の取れないお店の予約を半年、1年、もっと先の予約をとって、そのお店に連れて行こうって計画してる男性もいるんですよ?自分の乗ってる高級車をもう手放すから名義変更してプレゼントしてもいいって思ってる人もいるんですよ?マンション持ってて、その最上階空いてるから住んでいいよって言いたい方もいるんですよ?
女性はそれを知りません。


私は愛人というのはとても夢のあるものだと思ってます。
最近では愛人の感覚が少し軽くなってきてるように感じます、それはユニバース倶楽部だけじゃなくて日本全国的にです。

気軽に倶楽部に登録できる時代、ネットでも簡単に探せる時代だからこそのことだと思います。ネットを鵜呑みにして、目の前のチャンスを掴み損ねる下手くそな女性が多い。まだ若くて、その若さが永遠だと思ってる女性も多い。

でも男性の求めているものもさまざま、愛人気質な女性もたくさんいますので、そういった女性と出会い、教育して自分色に染める、そんな先を見越したお付き合いができれば最高なのになって思う毎日です。

寺辻おめえ自分の金じゃねえからって好き勝手言ってんじゃねえ!って言われそうです、はい、すみません。
でも私は思います。

世間知らずな女性に出会ったら、高えよ、はい、さようなら。とせず、教育をしてもらえたら、その自分好みにカスタマイズしてもらえたらどうなのかな?簡単ではないけど、と思っております。

簡単じゃないことを簡単に言ってすみません!

このカテゴリーの関連記事