2023年12月18日
今月: 12 views | 全期間: 76 views

今年のハローウィンもパパ活で稼ぐ私

 

イベントは全てパパ活する女性にとって利益をもたらす

パパ活をしている女性の皆様、素敵なパパとどうお過ごしでしょうか。

私は、相変わらずパパにどう言った対応をして、どうパパ活の中でサービスとして楽しんでもらえるか?日々奮闘中です。

さて、日本では毎年恒例になっているイベントがいくつかあります。

その中でも、毎年何かしら問題が起きるのがまさにハローウィン。

特に、毎年東京の渋谷なんかは大騒ぎ状態。

その為、今年の渋谷はかなり厳重体制でのぞんでいましたね。

実は、去年のハローウィンもそうですが、毎年コスプレをしてその時契約しているパパと必ずと言って良い程、渋谷に訪れているんです。(パパ活は、ハローウィンだろうと関係なく、その時のイベントにしっかり乗っかって稼ぐのが私の流儀。)

毎年、ニュースでは「若者」という言い方をしてますが、全然そんな事なくて、私の契約しているパパもそれなりのお年ですが、なんだかんだ紛れて楽しんでいたりします。

勿論、あまりにも人が多過ぎる場所は、危険なのでそう言った場所は避けますけどね。(パパへの気遣いを忘れずに)

しかし、今年の渋谷のハローウィンは結局何もなかったので、池袋へパパと移動。(ニュースでも渋谷はクローズアップされてたので、嫌な思いする位ならと思い避けた。)

毎年の渋谷ほどではないですか、道のど真ん中で人が入り混じる様子もなく、ルールを守った感じで、コスプレしてる人たちが沢山見れた。(なんか、ディズニーランドのパレードを見ているような光景だったなぁ。)

因みに、今年の私は野外コスプレ無しでした。

でも、一応持参はしていた。(ゾンビ系のコスプレ)

なぜ持参していたか?

これは、毎年恒例といえばそれまでなのですが、意外と私の契約しているパパは、コスプレ好き。

だから、こう言ったイベントの時に、何かしらコスプレをすると凄い喜んでくれるし、同じモチベーションで楽しんでくれるんだ。

それも、一人のパパだけではない。

私が契約しているパパは、ほぼ全員そう言ったイベント好きだったりする。(なんだろ?類は友を呼ぶと言えば良いのだろうか。)

だから、毎年、タイミングが合えば私の契約しているどのパパと過ごしても、楽しめるわけです。

でも、私は一人しかいないから、スケジュールは2週間ほど前におさえてどのパパと今年は楽しむか?決めるんですけどね。

私は、幼少期海外にいた事がある為、こう言ったイベントが一緒に楽しめるパパと自然に契約をしているのかもしれない。(相手を楽しませる自身もありますしね)

では、今年はパパとどんなハローウィンだったか?

まず、パパと品川の駅前で待ち合わせをして、そこから車は混むと想定して、電車でパパと池袋へ。

そして、2時間ほど楽しんだ後、そこから築地へ移動。(池袋から築地はタクシーで移動した)

それからは、築地でお寿司を頂いて、そのままお台場へ移動。

お台場の秘密のスポットで、パパと軽く海を見ながらお話をして、銀座のホテルへ移動。(それにしても、相当寒かったので、この時期に行く夜のお台場は、風邪ひくかもしれないので注意が必要。)

銀座のホテルにパパと着いたら、ここから私の本番。

そうです。

パパと楽しむ為に、私のゾンビメイク開始。(パパと二人だけの空間でハローウィンごっこすると本当に楽しいし、笑が止まらない空間になるの。)

私がメイクしている間、パパはシャワーを浴びてた。

そして、1時間程でメイク完了。(意外と本格的に私はメイクするから、結構リアルに見せる自信があるの。)

大体、どのパパも私の仮装を見ると驚くしそれなりのリアクションをとってくれる。

それに、何故か私の仮装を見ながらどのパパも必ずお酒を飲み始める。

そんなパパとのハローウィンの空間を楽しんだ後、仮装したままパパとエッチなモードに入る。

なんか、少しアブノーマルにも見えるかもしれないけど、これが意外とパパに喜ばれるし、仮装している私も結構興奮してしまう。

ここで、一つ伝え忘れてました。

実は、ゾンビ系以外にも私は、魔法使いのコスプレも用意していた。

その為、一回戦はゾンビ系で楽しんで、二回戦は魔法使いの格好に着替えた。

パパは、若くないので一度エッチが終わると、二回戦をするまでに相当時間をかけなくてはいけない。

正直、その間って私はかなり暇だったりするし、何もしないのはパパに対して失礼。

だから、一度シャワーを浴びて、違うコスプレに着替えた。(去年の私は、4種類くらいスーツケースにコスプレが入っていた記憶がある。)

パパも、こちらが違うコスプレに着替えると、ムラムラしてくるようで、意外と違う衣装に着替えてから二回戦をする為の復活まで、早かった気がする。

何か、雰囲気を変える事は非常に大事ですよね。(特に、SEXの場合は尚更な気がする。)

その日は、二回戦までで終了。

次の日は、朝からもう一回戦パパとエッチをして、今年のハローウィンINパパ活は、気持ち良くパパを満足させれたと思う。

なぜそう思えたか?

こう言ったイベントをパパと過ごす時、大体私はパパとお泊まりだ。

そして、こちらがパパへ何も要望を口にしてないにも関わらず、次の日にホテルをチェックアウトする際に、普段もらえるお手当とは別に、お小遣いを手渡ししてくれる。

「○○ちゃん、本当に楽しい時間をいつもありがとう。これは、気持ちだけど、何か欲しい物買いなさい。」と言う具合にね。

私が契約するパパは、その場でお世辞など言うタイプではないので、本当に楽しんでもらえてるんだな?と実感できるわけです。(特に、こちらが要望してないのに、お小遣いをくれる時は大体そんな感じでパパが機嫌が良くて、満足している時がほとんど。)

それに、パパ活をビジネスと考えている私にとっては、喜んでもらえて何よりと思えるわけです。

是非、こう言ったイベントを利用していないパパ活女性の皆さんへ。

一度、パパとイベントを楽しんでみると良いですよ?意外と反応が良かったりしますし、尚且つ普段のお手当以上に稼げるかもしれませんよ。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる