2023年12月21日
今月: 18 views | 全期間: 84 views

パパ活でためたストレスをどう解消するか? Vol.2

 

自分の限界をしっかり認識する

パパ活において、ストレスフリーになれば、今以上に女性は力を発揮できるのでは無いでしょうか。

勿論、個々によってストレスの感じ方やため方は違う。

だから、私個人がこんなやり方もあるよ?位しか紹介できないかもしれない。

しかしながら、私の経験上の話にはなるが、「パパ活でストレスを感じている方」の力に少しでもなれたら幸いだ。

私が、パパ活をしている中で、ストレスを自然に感じていた事で、「自分のスキルを認識できていなかった」と言う点は、今考えるとかなりある気がする。

人間には、それぞれキャパと言うものがある。

もし、それを超えるとキャパオーバーで、本来の力以上の物を出さないと解決しない。

しかしながら、そのキャパオーバーで本来の力以上の物を出せる体質を持つ女性であれば、なんなくクリアできるでしょう。

しかし、ほとんどの人間がそこを壁と感じてクリアできない。

そして、もがき始める。

もし、これがパパ活をしている中で起きたとしましょう。

私が実際に経験した例を出すと、こんな感じだ。

パパとの会話で、政治の話が出た。

当然、私は全くと言って良い程当時ニュースなんて見てなかった。

その為、政治の話なんて言われても理解不能状態。

でも、パパとの会話の中で知ったかぶりをして、「いつも政治には関心がある女性」をその場で演じてしまった。(頭の良い女性として見られたかったのだと思う)

 

すると、「どこどこの国の景気がどうとか、日本の政治はこうするべきだよね?」など。

当然、パパは私にQ&Aを求めてくる。

しかしながら、こう言った知識がある人に対して、知識がない私が会話をしていくと、どんどん嘘がバレて行き、その先はお先真っ暗な会話内容に突入するわけです。

もう、その頃には、「私は、嘘をついてました。ニュースなんて全然見てない馬鹿な女性です。」なんて言えない空気になっているのは、想像できるかと思います。

すると、嘘をつかれたパパも当然疲れているとは思いますが、その嘘を嘘で塗り固めた私も相当疲れて、ストレスを感じ始めているわけです。(自分で、ついた嘘なのに、都合が良いですよね。でも、こう言ったストレスは、パパ活なら一般的にあるはず。)

でも、もし自分の知識など、ある程度限界を知っていればどうでしょうか?結果は違うものになると思いませんか?最初の時点で、「政治はわからない、だから私に教えてください。」この一言があれば、全然違う印象をパパに与える事になるし、自分のメンタルへの負担も相当軽減されるはずです。

これが、私が今話している「最初に自分の限界を知っておく」と言う部分だ。

こちらが、自分の限界を事前に理解して知っておけば、あえて会話の中で危ない橋は渡りませんし、相手の男性もこちらに対して、無理をさせようとはしないはずです。

特に、パパ活の場合、ある程度女性側と男性側の目的がはっきりしているので、パパになる男性側も、「これ以上無理をさせるといじめになるし、契約解除になる可能性がある」と感じ取ります。

なので、こちら側が変に秀才を演じなければ、何も起きないわけです。

「何も起きない=背伸びしたストレスフリー」に繋がるはずだ。

それに、私の経験上、パパになる男性は皆頭が良い為、こちらが無知の場合、大体バレてます。

その為、背伸びすると損をする事の方が多いです。

思った事は、口に出して話す癖をつける。

大体、ストレスをため込みやすい女性で多いのが、このタイプ。

特に、パパ活において、パパになる男性は、女性よりもかなり年上の場合が多い。

その為、自分が思った事をその場で言えずに我慢してしまい、それが結果ストレスになり、悪い方向にどんどん進んでしまうパターン。

私も、これに関しては、過去にかなり経験をした。

なかなか、口に出して言うって勇気がいる行為なんですよね。

特に、シャイな子にはかなりハードルが高い。

でもね、シャイな子がなぜ口に出せないか?と言う理由の大半が、「言い返されるのでは?」と心配したり、「受け止めてくれるのかな?」と言う具合に心配事を持たれている方が大半な気がする。

実際に、こう見えて私もプライベートではかなりシャイな女です。

その為、パパ活を始めた当初、上記の悩みをずっと抱えていた。

その為、もし中学の同級生と同窓会をしたら、いつものシャイな私に戻る自信がある。

所謂、思った事を全く言えず、ため込む女。

しかし、パパ活においては、心配しないで欲しい。

パパは、私たちと同世代では無い。

その為、変に言い返してくる男性は、少ないですし、対応がかなり大人です。

それに、こちらの思いを受け止めてくれる男性の割合がかなり高い。

勿論、中には言い返してくる男性も少なからず居ますし、こちらの気持ちを受け止めてくれない男性も存在する。

でも、パパ活なんですよね。

そう言った場合、同世代では、契約解除なんて無いけど、パパ活ではあるんです。

だから、ため込まずにどんどん気持ちを伝えたら良い。

今は、LINEなどと言う便利なアプリまであるので、「文字だと相談しやすい」って女性も多くいるのでは無いでしょうか。

女性が元々持つ性格を180度変える事は難しいかもしれない。

でも、素の部分を変えなくても、外側の部分(トライしてみる心)くらいはあっても良いかな?と思います。

今まで、そう言ったトライをしてこなくてストレスをため込んでた女性に対しては、相当勇気のいる行動だとは思う。

でも、この壁を少し壊してみるだけでも、かなり見える景色が変わりますよ。

そして、今までストレスで悩んでた事が、かなり軽減される可能性もあるし、もしかすると、女性によっては、悩みがなくなる可能性だってある。

是非、一度少しずつでも良いので、トライしてもらえれば幸いです。

因みに、私は当時、勇気を出して思ってる事をパパに話したら、その後ストレスがかなりなくなり、今まで選ばなかった性格のパパともお付き合いできるようになりましたよ。

Writer: 
交際クラブを初めて知った時の衝撃は凄かったです。そこから、ずっとのめり込んでいます。女性目線からのリアルを発信し続けます。

嶺 久美子の記事

関連記事

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる