2021年11月29日
今月: 40 views | 全期間: 1,024 views

生でやろうとする男性はリスクがあるのに心配になります

【ご質問】

 

生でやろうとする男性はもしかしたら自分が女性から性病を移される可能性もあるかもしれないのに怖いとか思わないんですかね?

お互い性病検査で陰性だったり女性がピルを飲んでいて同意しているのであれば良いと思いますが、とにかく誰とでも生でもやりたがる男性は自分にもリスクがあるのに大丈夫かとむしろ心配になります

 

URL

 

/help/questions/view/9199

 

【回答】

 

ご質問誠に有難う御座います。

 

もしもご質問者様が明日死ぬとしたら、ご質問者様は生だとかゴムだとか、そういうことを気にされるでしょうか?

 

おそらくは気にされないことでしょう。性病になろうが妊娠しようがどうせ明日死ぬのです。今更そんなことを気にするくらいなら、ゴムと生のどっちの方が気持ちいいかを優先されることでしょう。

 

それでは明後日死ぬとすれば?

1ヶ月後なら?

1年後なら?

10年後なら?

 

ご質問者様がどの時点でゴムかどうかを気にされるかは分かりませんが、どこかのタイミングでゴムかどうかを気にするその瞬間が訪れることでしょう。

 

もちろんそれは「10年後に死ぬなら気にしないけど、10年と1日なら気にする」というような明確なものではないでしょうが、短ければ気にせず、長ければ気にするという違いはご理解頂けることと思います。

 

期待値の問題

 

生だろうがゴムだろうが、セックスという行為には一定のリスクが御座います。それは性病や妊娠の問題だけでなく、特にパパ活のような関係においては様々な社会的リスクを内包していると言えるでしょう。

 

それなのにご質問者様がこうしてパパ活をされているのは、リスクとリターンを比較してリターンの方が大きかったからに他なりません。

 

性病もまたそれと同じでしょう。

 

ご質問者様よりも老い先短いパパ様達にとって、性病のリスクはご質問者様ほど大きくはありません。特に5060代ともなれば「どうせそろそろ死ぬんだから、気にしても仕方ない」と考えている可能性もあるでしょう。

 

現代では死に至るほどの性病はエイズくらいなものになりましたが、仮に死に至る性病がゴロゴロ存在していてもそれは変わりません。

 

彼らは自分が死ぬと思っていないから性病を恐れないのではないのです。

 

自分がそろそろ死ぬと分かっているからこそ性病を恐れないので御座います。

 

パパ様方を心配して下さるお気持ちは有り難いのですが、どうかご安心くださいませ。パパ様方はそんなリスクは百も承知で、その上で生でするメリットの方が大きいと判断しているに過ぎません。

 

都内某所のラブホスタッフとして働いております。 Twitterやブログなどで恋愛指南をさせて頂いておりますが、今回はこうしてユニバース様でお悩み相談をさせていただくことになりました。 皆様のご来店を心よりお待ちしております。 著書「ラブホの上野さん」「恋愛下手な私が本命彼氏を作った31日」など ラブホの上野さんの相談室

ラブホスタッフ上野の記事

 ラブホスタッフ上野

 ラブホスタッフ上野

関連記事

 ラブホスタッフ上野

 ラブホスタッフ上野

【国内最大級の交際クラブ 全国展開】

► パパ活をしてみる