2018年8月31日
763views

ドキドキ!初パパはどんな人?

今日は交際クラブから紹介して頂いたパパとの、初めての顔合わせについて書きたいと思います。
 

顔合わせ

ある交際クラブに入会した次の日、早速顔合わせなるものが組まれました。

初セッティングではなくて、顔合わせです。

ここのクラブ、初めて男女が会う時はスタッフの方がついてきてくれます。

そして、初回で男性が女性のことを気に入れば、次回からは2人で会うことになります。

もはや面接ですね。

緊張感ハンパなかった。

事前にスタッフの方が教えてくれた、お相手の長島さん(仮)の女性の好みは

  1. 美意識が高く
  2. 細身だけど胸があって
  3. 佐々木希ちゃんみたいな感じが好き
  4. とにかく容姿

と。

理想高っ。笑

この人なぜ私を引き合せようとしたんだと恨んだ。

日頃から美については努力しているが、

胸はまな板にレーズンみたいな、、、

女友達にいじられるレベルです。笑

そして、希ちゃんみたいなほんわか可愛いらしい系でもない。

反論する私にスタッフさんは、なんとなく合いそうな気がするんだよねーと。

一方長島さんは、

  1. アパレルやエステなどの事業を展開する社長で
  2. 謙虚で気遣いができて性格もいい
  3. 歳は50歳近い
  4. だけどイケメン

という。

スタッフさん曰く、生まれ変わったらこの人になりたいと思うくらい素晴らしい人だと。

ほんとかな~?

スタッフさん持ち上げすぎじゃない?

アパレルとかワードだけでチャラそうだし。

ツーブロにヒゲ生やして、ちょっと調子こいたおしゃれブランドスーツに変なスカーフみたいなの巻いてきそう(偏見)

社長なんてのはいっぱいいるけど、イケメンでお金持っててなおかつ性格も良いなら、こんなところ登録しなくても、愛人なんて腐る程囲えるでしょ。

ていうか、見た目重視とか、会った瞬間あからさまガッカリされたら嫌だな、、、

色々と不安な私をよそに、とにかく一押しらしい。
 

前日準備

もう会う事を決めたので、前日は出来る限りのことをしました。

顔は美顔器でスチーム当ててパックしてリファでコロコロして

身体は普段シャワー派だけど半身浴してスクラブでマッサージしてちょっとお高いクリームを塗って

ムダ毛も忘れずにチェック。

マニキュアもハゲてないかチェック。

慌てないように前の日に服も用意。

フレイアイディーのシンプルなベージュのタイトワンピース。

と、靴はダイアナのグレージュパンプス。

ヒールが苦手なので太めミドルヒールのもの。

パパ活の為に面接帰りに新調しました。

バッグは家にある、ノーブランド小さめハンドバック。

ブランド物は、いかにもでウケが悪そうかな。

普段プチプラメインな私にとっては大奮発。

当日は美容室でトリートメントとセットもしてもらいました。

思い返すと結構な出費ですね。

ここまでしなくていいのかな?

顔合わせるだけだから交通費ももらえないかもだしどうなの?

と思ったけど、なんせパパ活初心者なのでできるだけ完璧な状態にして行きました。

ドキドキ。
 

いざ!出陣

当日。

綺麗めなナチュラルメイクで向かったのは、六本木の高級ホテルラウンジ。

途中スタッフさんと待ち合わせし合流。

世間話やご自分のことなど話してくれて、緊張ガチガチな私を和ませてくれます。

長島さんは遅れるそうなので、先に何か頼もうとメニューをもらうと、

コーヒー1杯約3000円、、、

最近セ◯ンのコーヒーでさえ節約してる私には信じられない価格。

でも席に座って頼まない訳にもいかないので、スタッフさんと同じものをお願いすることに。

そして、飲み物を飲んでいるところに現れたのは、、、


コ◯ン君?
 

もしかして、名探偵ですか?

小柄で私よりも背が低く、顔もちっちゃく色白。

イケメンかどうかは微妙だが、清潔感があり、絶対いいスーツだけどブランドの主張がない品の良さ。

50歳と伺っていたが、40代にさえ見えないような若々しさ。(童顔)

そしてニコニコと優しそう。
 

「初めまして。RIRIです。お忙しい中お時間ありがとうございます。よろしくお願いします。」

と始まり、スタッフさんがお話を上手く回してくれて、お互いの軽い自己紹介や趣味の話など五分ほどしたところで
 

「すみません、仕事があるのでもう出ます。わざわざ来てくれてありがとう。」

と、あっという間に行ってしまいました、、、

これはダメだったな。

スタッフさんに申し訳ない。

と思っていると、どこからか席を外していたスタッフの方が入れ違いで戻り

「オッケーだったよ!よかったね~。長島さんの連絡教えるから、これからは2人で連絡取り合ってね。」

と言ってくれました。

無理だと思った分嬉しかった。

胸元に視線を感じたから貧乳なのは目視されたはずなんだけど、大丈夫なのかな?笑

そしてスタッフの方から、今回は私が出すね、と交通費を頂きました。

「今回はお顔合わせだけだったので大丈夫です。お気遣いありがとうございます。」

とお断りしましたが、

「他の女の子にも出しているものだから」

と言われ、頂くことにしました。
 

少し多かったので、後日お会いした際に、交通費実費のお釣りをお返ししたら、こうゆうのは返さなくていいんだよ!笑

と笑いながらバッグに突っ込まれました。

そんなこんなで、すぐにフリーメールでお礼の連絡をして、一週間後に2人で会う約束をしました。

やっと、交際がスタート。

セッティングについてまた書いていきたいと思います。

暇つぶしにぜひ読みに来て下さい。



RIRI

RIRI
Writer: 
事情があり風俗で働いていました。 マナーの悪いお客の相手に疲れ、ゆるーくパパ活始めました。 セックスよりも早朝オナニーが大好き。 正直に書いていきます。 嫌な思いをさせてしまったらごめんなさい。

関連記事

女性求人サイト

【国内最大級の交際クラブ 全国14拠点】

東京・札幌・仙台・新潟・大宮・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡・沖縄
営業時間:11:00 ~ 19:00 無定休

女性の会員登録に費用は一切かかりません

► 会員登録はこちら