2020年12月29日

年末のご挨拶

いつもお世話になっております!
ユニバース倶楽部広島の青木 隼人です。

 

早いもので2020年が終わりを迎えておりますね!
ちょうど今月で青木も入社し、一年が経ちましたので少し入社前の気持ちを振り返ってみたいと思います。

 

昔の業種は営業職で周りの人も含め毎日数字との闘いでした。
青木はどちらかというと数字に苦労しないタイプで褒められることもあり、
あのときはかなり天狗になっていたなぁーと思います。

仕事の休憩時間とか寝る前に趣味としてやっていたことが、転職サイトを見ることでした。
同じ求人が多く、新しい求人を見つけるとちょっと嬉しいという理解しがたい趣味です。
特に面接にこぎつけるわけでもなく、ただひたすら「へぇ~この会社求人だしてんだー。給料いいじゃん~。」と軽い気分で見てました。

 

そこで突如として現れた交際クラブ

「こ、こ、交際クラブ?なんじゃそれ?」となり
新しい求人を見つけることが趣味の青木にとってはかなり刺激的でした。
そこから色々調べてみると、出るわ出るわ、未知の世界。。

絶対この会社入りたい!!と思いすぎて
気づいたときには面接の申し込みをしておりました。

妻にも潔く、俺この会社の面接行くと告げ、否定されても無視してやろうと思ってましたが、
案外すんなり承諾されました。

 

そこから面接の準備をしていくのですが、壁にぶち当たります。
志望動機・・・?
志望動機なんだろ。。
綺麗事でまとめようとしても全然思いつきませんでした。
「テンプレを探そう!」となるも近しい文は見つかりません。
そりゃ~そうだよねとなり、綺麗事でまとめず自分の言葉でまとめて挑んだ気がします。多分
(すみません、志望動機すっかり忘れました。)

 

普通なら黙って面接受けに行って内定をもらったら辞める報告をするのが一般でしょうが、
青木はどうもそれが気に食わず、面接前に会社へ行き入りたい会社あるんで辞めさせてください。と言いました。

面接では滝行の如く汗をなびかせ、汗をかいていることに汗をかき、負の連鎖でした。
普段ハンカチはあまり持たない男、青木ですが、なぜかその日だけは持っており、なんとか乗り切れました。
後に浅見から「面接の時テッカテカだったね~♪」と言われました笑

 

そこから話は飛び、入社した初日コピー機と自分のPCを繋ぐのに2時間かかった男、青木ですがこうして年末のご挨拶ができなんか感極まってます。

 

今年はコロナウイルスという恐ろしい病気が出ておりますがきっとこの病をみんなで乗り切れると信じております。
毎日、医療従事者の皆様に感謝をし、これからも過ごしていきたいと思う一年でございました。

皆様お身体には十分お気をつけて素敵な年末年始をお過ごしくださいませ。

青木 隼人

青木 隼人

この記事の筆者

よく実年齢の10歳上に見られるほどの老け顔です。。。 皆様に素敵な出会いをお届け出来るように頑張ります!! このスタッフに相談する