愛人を持つことと不倫の違いを考査してみました

この男女の関係性や交際内容には大きな違いがあります。

そこには求められる女性像もまた違ってきます。

男性側の相手の探し方としては愛人を探して刺激を求めたいというのは当然として、不倫相手を探して癒されたいと思っている男性はたくさんおります。

一方で、女性側としては男性の愛人になってお小遣い稼ぎしたいという人もいれば、不倫相手になって男性を支えたいと思っている女性もたくさんおります。

では愛人と不倫の関係性の交際内容や求められる女性像とはいったいどうなっているのでしょうか?

私のこれまでの経験からも仕上げますと、愛人は金銭のやりとりを伴うドライな関係とでも言えばいいと思います。

勿論・・・愛人という定義はありませんが、男性側が女性と性的な関係を結ぶ代償として金銭を渡すという契約的な関係です。

お金に余裕のある方であれば金銭だけでなく、一戸建てやマンションや車を買ってあげたり、あるいは相手が経営している会社に入社させてもらうといった超ビッグな特典もあります。

そのかわり女性は男性の愛人になる代わりに、自分の体を男性に惜しげもなく差し出すことが義務づけられます。

求められる女性像の違いとしては、愛人と不倫は全くの別物であるように、愛人となる女性と、不倫相手となる女性にも大きな違いがあります。

そこで男性が求めている愛人の女性像と不倫の女性像はなんなのかについて自分なりに解説したいと思います。
 

愛人はその場で楽しむが不倫は感情が入る関係に発展しがち

まず愛人はその場を楽しませてくれる刺激的な存在だと言うことです。

男性側としては愛人契約した女性と会いたいときに会えます。男性側にとって、愛人はその場を楽しませてくれるという刺激的な存在です。

体の関係を求めるだけでなく、癒しの時間を満喫できますし外食や買い物など普段から味わえない刺激を楽しめます。

一方の不倫はどうかと言いますと男性を一歩後ろから支えるような存在が不倫でです。

愛人はその場を楽しませてくれるのに対して、不倫は男性を支えるような存在になれる存在だと言うことです。

具体的にいえば、仕事や夢を応援してくれたり、落ちこんだ時にはお互いを慰めあったりといった感情が芽生えてきます。

そのこと自体は大変人間的で良いのですが、お互いが心から支えたいなどといった感情が芽生えてくると、女性は男性に対して感情的になり、励まされた男性はいつも以上に頑張ることができるのは良いのですが、精神的な恋愛感情が芽生えるという問題が生まれてくる場合も沢山あります。

人間というものは弱いですから不倫という割り切った交際を始めても感情というドロドロした抜け出せない関係にはまってしまったのでは、互いの家庭崩壊を招く結果にもなりかねません。

そういう点では、その人を支えたいという想いが強い人ほど、不倫に陥りやすい傾向にあると言えると思います。
 

愛人は暗黙の了解を得た契約である

よく不倫は麻薬のように抜か出せなくなるという喩えがありますが、男女の淫らな肉体関係と感情が深く絡み合うと抜け出せなくなるのも当然かと思います。

ここまで書いていくと、不倫は互いの好みや感情で付き合う場合がおおいですが、愛人関係の場合はお金だけのクールな関係で楽しめるといったスマートな関係ということが分かってきます。

では何方を選ぶにしても交際内容の違いとしては肉体関係を築くことは同じですが、愛人と不倫の交際内容には大きな違いがあります。

まず愛人は決められた時間内でデートやセックスを楽しみますが、不倫はお互いの都合のつく好きな時間の中で好きなことをやって過ごすことにあります。

愛人関係は決められた時間の中でデートやセックスを楽しむことができます。

そして愛人に会うのは毎日とかぎりませんので、1週間に1回のときもあれば、月に2~3回のときもあります。

その期間に男性は愛人とのデートとセックスを楽しむというわけです。

私はあまりお金が無いので愛人へのお金の掛け方は乏しかったのですが、知人のある中小企業の社長は平均すると月に2~3回くらいしか相手の女性を訪ねかったのですが、女性としては、いつ来るかわからない男の来訪を常に待ち続けなくてはいけないのが暗黙のルールだそうです。

契約の中に盛り込まれているわけではないのですが、男から連絡があった際にはなるべく部屋にいなかったりすることが2~.3回も続いた時点では愛人契約が切られてしまうのは女性としても覚悟をしておくほうが良いと思います。

愛人契約をしながら他の彼氏とデートをしてなどはご法度です。

女性には厳しいことを言うようですが愛人になって生活が保障されても決して楽ではないという自覚を促したいと思います。

これは男性側の本音ではないでしょうか。それが嫌であれば割り切った不倫をおすすめしますが、その代わり肉体関係だけに終始することになり経済的なメリットは望めないことは覚悟してもらうしかありません。
 

愛人を経験すると普通の生活ができるか心配になる女性もいる

女性の場合愛人探しはユニバース倶楽部で探せます。

その他にも愛人希望の倶楽部はあります。

真剣な交際を求めて登録する男女がいる一方で愛人となる女性を求めて登録する男性も登録をしています。

中にはお金持ちの男性に養ってもらいたいという愛人希望の女性も登録しています。

女優を目指して勉強している女性もいれば高収入アルバイト感覚の方もおります。

しかし、おしゃれなレストランで食事をしたり経験したことのない楽しいデートを経験したりと、ハイスペックな男性を求める女性は、愛人契約を卒業した時に普通の庶民生活に戻れるかが心配になります。

なぜなら、愛人関係でかっこいい紳士達を見てしまった後なので、将来、普通の家庭の主婦になるのは難しい場合もあるのではないでしょうか。

不倫は職場内や仕事関係の人といった身近でリアルな場が中心の場合もありますが、女性の場合の愛人関係はお小遣い稼ぎをしたいという目的があるからです。
 

女性に撮って不倫には金銭的メリットはありません

不倫はお互いを精神的に支えるので金銭的なメリットはありませんが、愛人の場合は、男性から女性、または女性から男性へと経済的に支えてくれるので、富裕層の異性と愛人関係を結ぶことにより、高いお小遣いがもらえるので、将来の夢や目標がある人にとっては、愛人関係は貴重な高い収入源と言えるではないでしょうか。

女性の場合の多くがパパ活目的に登録しているのが特徴でしょうから、それなりに魅力的な女性が大勢登録しているので、男性にとっても愛人探しには、出会い系よりもオススメでもあります。

普通の出会い系サイトの完全に逆転現象といえるのではないでしょうか。

それに出会い系サイトは、一人の女性に群がってくるくる男性は30人程だと一節には言われております。

そのような競争をしてムダな時間を費やすなら、コスパ的にも愛人倶楽部を選択する方が女遊びをあうる場合は効率が良いのではと思います。

経済的に豊かな男性はそれなりに高齢者が多いので、このような倶楽部があることを知らない人の方が多いはずです。

なのでサイトを知ったり登録する人は少ないのでしょうから、男性は比較的若くてきれいな愛人を探す人にとっては好都合なサイトと言えるのはないでしょうか。
 

このカテゴリーの関連記事

  • 外部ライターさん募集