海外の交際事情

4

自己紹介

はじめまして、ユニバースで外国人担当をしている金森です。
一応外人の血が入ったミックス日本人でございます。
最近の悩みは日本のご飯とお酒が美味しすぎてどんどん横に育ってきていることです。

せっかくインターナショナルなので海外の交際倶楽部や交際事情をお話したいと思います。

実は海外にもある交際倶楽部&パパ活

実は僕もこの仕事を始めるまで交際倶楽部やパパ活なんて言葉は聞いたことありませんでした。
実際海外でSugar Daddy や Sugar Baby と言う言葉は聞いたことが有るものの、
それが実際ビジネスとして有ることは全く知りませんでした。

Sugar Daddy- (若い女に贈り物をして言い寄る)甘い中年の男、「甘いパパさん」
Sugar Baby- 金品を受け取る[ぜいたくをさせてもらう]ことを条件に年上の裕福な人と交際する人

日本特有の物かと思い調べてみたところ、実はこの日本以外でこの5カ国でも交際倶楽部やパパ活が人気と言う事を知りました!
– アメリカ
– イギリス
– カナダ
– オーストラリア
– 韓国
だそうです!
実際日本も含めて6カ国はいくつか共通点が有ります。

日本と外国の共通点

まずはこの国の共通点がいくつかあります。

  • 国自体が経済的に落ち着いている。
  • 文化としてこういった交際が昔からある。
  • 男性は経済的に自由な方が多い。
  • 美意識が高い女性が多い。

こういった共通点がある中やっぱり男性は経済的に自由があっても
家族や仕事仲間以外でもどこの国でも別に安らげる場所や新鮮さを求める方が多いと言うのがある。
女性は美を極めるのにお金がかかるイコール普通の仕事以外でもサポートが必要。
僕が知ってる限りでは王族は愛人いて当たり前の時代があれば、アメリカなんてSaloonと言って日本で言う風俗があった時代もありますね。

海外の交際倶楽部のサイト

実際いろいろ調べてみると海外のサイトはメンバー制ではなく
SNSみたいに登録をしてお誘いが来るのを待つみたいな物が多かったです。
会員費は無料で自分でニックネームを付けて連絡先や交際条件などを載せて男性女性関係なく写真を上げて進めるシステムが殆どでした。
実際これでデート行くのかな?と思いました。
もう少しマシな物は会員費を会社に毎月払ってもっとディテールの分かるSNSサイトのようなプロフィールが見れるようになるものです。
簡単に言うと有料のフェ○ス○ックみたいなものでした。

海外では当たり前「オープンリレーションシップ」

「オープンリレーションシップ」は、恋愛関係にある異性同士が、
お互いの浮気や二股をOKとみなして、同時期に複数の異性と交際することです。
実際婚約まで話が進んだ場合は、「オープンマリッジ」ともいいます。

実際この関係を聞くと二人の関係崩れるんじゃないかと思いますが、
さすがにパートナー同士でちゃんとルールを決めて交際します。
ルールは例えば、キスはいいがそれ以上はダメなどです。
ルールはひとそれぞれですがこういった形で付き合う人もそう少なくありません。

確かこの関係を映画にしたのがあって「FRIENDS WITH BENEFITS」が英語のタイトルです。
翻訳して「メリットの有る友達」って意味です。メリットは身体の関係を示しています。
実際こういった関係を持ってる外国人は多いようです。

最後に・・・

いかがだったでしょうか?
なかなか日本語は難しいですね・・・
変な文章になっていたら申し訳ございませんでした。

今度はもっと踏み込んだ海外のピンクなお話をギリギリの線でしようと思います。

 

このカテゴリーの関連記事