愛人と恋人の違いは?

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
ユニバース倶楽部京都支店担当の鳥谷です。

今回ですがコラムにあたってなんとなく自分の考えをまとめることをしていました。
その時に愛人と恋人ってなにの違いがあるのかなっていろいろ考えてみることにしました。

恋人と愛人の違いは?

まずは恋人っという言葉を調べてみると

1、恋しく思う相手。普通、相思相愛の間柄にいう。

では愛人は?

1、愛するいとしい人。特別の関係にある異性。
2、人を愛すること。

なんだかあまり違いを見つけることができない形ですね・・・
実際そこまでの違いって見つけれないんです。
ただ鳥谷が思う恋人と愛人の違いを記載していこうと思います。

恋人とは・・・
愛し合っていて相手を尊敬し尊重できる間柄
そのうえで相手を喜ばせていきたいっと考える相手だと思います。

そして愛人は・・・
契約によりお互いを縛ることができる相手
だけど相手を尊敬をしあえる二人でありそのうえで相手を喜ばせたいっと考える人も多い

っと思います。
ってここでもあんまり違いがないですね・・・

恋人と愛人の共通点は?

だったら共通点を探したほうがいいのではっということで鳥谷が思う共通点を考えてみました。
では二つの共通点は?

1、相手を尊敬し尊敬される間柄である
2、相手を慈しみ愛しく思える相手である
3、相手に対して何かをプレゼントやサプライズを行い喜ばせたいっと考える
4、相手の話を聞き相手に話を聞いてほしいと考える
などなどなど・・・

みたいなことだと思います。

多分もっと共通点はあると思いますしほとんど二つを分けることができないっと思います。
それぐらいにこの二つは、似通っていますしほとんど一緒っといっても過言ではないっと思います。
言葉って難しいですね・・・

最後に

愛人だからって相手を楽しませない活動をしてしまうと相手も楽しくない・・・
相手も自分も楽しく過ごす為には、相手を楽しませつつ自分も楽しむデートを考えないといけない。
もちろんこれは、男女ともに一緒です。
お互いに楽しくするためにお互いに努力し相手を楽しませることが必要だということです。
とても難しいことですがデートを楽しむためには、必要な対応です。
そのためにも今行っている努力をさらに努力してみてはいかがでしょうか?
お付き合いしている愛人や恋人の方々に少しでも参考になればっと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

このカテゴリーの関連記事