対等なるための必要な1つのこと

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
ユニバース倶楽部京都支店担当の鳥谷です。

相手との駆け引きはどんな関係になったって絶対にあるもの。
だけど相手より上に行こうとすると相手も上に行こうとするもので
なら下手にでれば相手は、調子に乗ってしまうこともあります。
なら結局どうすればいいのか・・・?
皆々様が悩むことが多いのではと思い今回この場をお借りしてお伝えしようと思います。
それは
対等になること
です。
当たり前だとお思いの方ばかりかもしれません。
ですが当たり前のことができていない場合というものあります。
なので今回少しでも相手との関係を対等にできるお助けをできればと思います。
気になる方は一度見て頂ければと思います。

相手を対等な人として見る

皆様こんなことをしておりませんか?
・相手の態度が不快だったのだが笑って許した。
・相手に優しく優しく対応していたら図に乗り始めた。
・相手が選ぶ立場たと思っていた。
などなど
そういったこと思っている女性もいらっしゃいます。
ですが、それは自分も一緒なのかもしれません。
一度デートの時の自分の態度を思い浮かべてください。
その中で自分の態度はどうだったか?
相手に与える印象はどうだったのか?
もし自分がされた嫌な対応と一緒のものがあるのならば自分にも非があるかもしれません。
相手は、自分の鏡です。
なのでまずは相手を対等な人として認識してください。

そのうえで相手を一人の人間として感謝の気持ちを持ち尊敬していくのがよいと思います。
崇拝とかではなく、相手を人間として尊重してください。
そうすれば相手も自分と同じ感情をいただいてくれるはずです。
まずは自分から変わってみてはいかがでしょうか?

最後に

ご覧いただきましたがいかがでしょうか?
上記でお伝えしたことは本当に当たり前のことだと思います。
ですが自分でやっていてもできていない可能性は大いにあります。
そしてそれをやったって相手と必ず対等に関係を結べる可能性は半分です。
それは、相手が自分を尊重していない上に感謝もしていないからです。
そのような相手に出会った場合は、鳥谷としては交際をお断りするのがよいかと思います。
相手にかける時間を割いてでもお付き合いしたいというなら別ですが・・・